ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いている国際結婚&アメリカ在住キョドラーのブログです。

韓国は慰安婦問題を解決する気はないし、これからも日本に謝罪と賠償を求め続ける

f:id:oclife:20180113131503j:plain

2015年12月、日本と韓国は日韓合意を結び、慰安婦問題は「最終的かつ不可逆的に解決」した・・・はずだった。

 

日韓合意は「最終的かつ不可逆的に解決」のはずだったが・・・

この日韓合意は、アメリカでも在米邦人が慰安婦問題はねつ造であることを訴えていた最中に締結されたもので、私たちにとっては青天のへきれきであった。

むろん、日本人の反発は強く、「やってもいない罪になぜ謝罪しなければならないのか」と国内外の日本人から多くの怒りと不満の声が上がった。

同年、日本の軍艦島のユネスコ登録の際、外務省は韓国の言われるがまま、軍艦島では朝鮮人が「強制労働」されていたという記述を加え、再び日本に謝罪と賠償をさせる口実となる既成事実を作ってしまい、日本人を怒らせたばかりのできごとだった。

しかし、国民が予想していた通りの展開が起きている。韓国は2年以上経っても合意を履行することなく、空中浮遊している状態だ。さらに悪いことには、日本だけが契約を履行して10億円拠出している。つまり、日本国民がやめとけやめとけと思っているなか、またしても金だけむしり取られたわけだ。

 

日韓合意に至るまでの経緯

そもそも日本と韓国の問題は、1965年に締結された日韓基本条約ですべて解決している。 この条約で、日本は韓国の国家予算の2.3倍という莫大な経済協力を支払ったのだ。

ところが半世紀も経った頃から、韓国は戦時徴用やら慰安婦やらと、日本に賠償請求を求めるようになった。彼らの言い分は、日韓基本条約に「個人請求権」は含まれていないので、個人による請求権は認められる、というものだった。

実は日本は個人への賠償も提言したにもかかわらず、拒否したのは韓国の方だ。それならば今後、賠償のことで言われないようにと本来の金額に上乗せした賠償額が日韓基本条約で支払われたのである。

しかし、そんな条約などなかったかのごとく、韓国は、新日鐵、三菱重工などの日本企業、そして日本政府を相手に執拗に謝罪と賠償を求めてきている。

慰安婦像は世界のあちこちで次から次へと建立され、「旧日本軍が20万人の少女を強制連行し、性奴隷にした」という嘘が広まる中、日本政府が苦肉の策として出した案が日韓合意であった。

本来なら、こんなフェイクニュースが真実として広まる前に、日本政府は重い腰を上げて対応していなければならなかったのだが、もう遅い。河野談話によって、日本政府が強制連行を認めたということになっているし、この日韓合意でも、安倍総理のスピーチは世界に向けて発信され、日本が20万人の少女を性奴隷にしたということが既成事実になっている。

 

韓国は慰安婦問題を解決する気はない

さて、この日韓合意だが、やってもいない罪にまた謝罪する羽目になった私たちの怒りは置いておくとして、予想どおり、韓国は合意をなにひとつ履行していない。日本大使館前の慰安婦像を撤去するどころか、サンフランシスコやマニラに新しい慰安婦像を建立したりと、むしろ増えている。

韓国に「最終的かつ不可逆的に」という言葉がないのか、韓国は再び慰安婦問題を蒸し返している。韓国の文大統領自らが「問題は解決されていない」と言い、2018年1月9日に「日韓合意新方針」なるものを勝手に発表して、日本側に「自発的かつ心からの謝罪」を求めた。

呆れてものが言えないとは、このことだ。韓国は慰安婦問題を解決する気などない。慰安婦問題は、徴用工と並んで韓国が唯一使える日本への外交カードなのだから、解決しては困るのである。朴前大統領が言ったように、韓国は今後1000年、慰安婦問題と徴用工で日本を恫喝し続けるつもりである。

日韓合意も破って蒸し返す韓国には、さすがに無能な外務省と日本の政治家も怒ったのか、ときの岸田外相でさえ「韓国内の問題」と切り捨て、菅官房長官は「ゴールポストは1ミリも動かさない」とし、外務省幹部でさえ「意味がわからない」とボヤいているという。

動じない日本に焦ったのか文大統領は、日本に「心からの謝罪」求めつつ「真の友人になりたい」などとワケのわからないことを言っている。韓国政府はこれを「ツートラック戦略」などと言い、歴史問題と外交・経済協力は別々にして協力していこうと言っている。

これは要するに、日本を恫喝して謝罪と賠償は求め続けるが、経済問題は別なので日本の援助が必要だ、ということだ。これを用日という。つまり、反日を徹底しながらも、自分たちに都合がいいように用日をするということだ。

今回いつも譲歩するはずの日本が譲らない姿勢を初めて見せたので、韓国政府も文大統領も正直どう対応していいのか分からないのだろう。韓国国内の支持を保ちながらも引き続き日本を責め続けるには、日本に「心からの謝罪」を求め続けながら「真の友人になりたい」というツートラックつまり二枚舌を使えばいい。

いくら謝罪しても賠償しても韓国がこの問題を解決する日はこない。日本は責められても恫喝されても、一歩たりともひいてはならない。

慰安婦問題、日本の反撃:慰安婦像設置を止めるカウンター案を考察
慰安婦問題、日本の反撃:日本人が絶対にしてはならないこと
サンフランシスコ慰安婦像設置で日本人が注意すべきこと
日韓合意を守らず慰安婦像を増やす韓国。日本の「事なかれ主義」がもたらした結果がこれだ
「遺憾の意」砲しか出せない弱腰外交。事なかれ主義が日本を崩壊させる
【慰安婦問題】杉田水脈議員NY国連関連イベント~英語の反撃プロパガンダの重要性