ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いてる。

【ブレイン・ゲーム】映画あらすじ感想:コリンファレルVSアンソニーホプキンス

ブレインゲーム感想

ブレイン・ゲーム

オハヨース、雨に打たれても負けない皆さん。

あいにく、今週は関東はずっと雨らしい。雨自体は嫌いではないんだけど、移動が面倒になるのがイヤなのよね。

昨日はノイズがどうのこうのと偉そうに講釈垂れたが、実は3つも記事をアップしていたことにお気づきだろうか。お気づきじゃない、ああ、そう。

未だかつて一日に3つ記事をアップしたことはあったかもしれないがせいぜい1~2度だったろう。

なぜ3つも記事を書けたのかというと、他でもない、ノイズを取り払ったからである。だからお前たちもスマートニュースとか見てないで、何も考えずに己を見続けてご覧、きっと何か見えてくるから。そんなこと言われてもねぇ?

さあ、本題です。

今日は大好物のコリン・ファレル様の映画ですよ。先日「ロブスター」とかいう変なコリンの映画を観て、メタボのコリンにまた新鮮な魅力を感じていたんだけれど、今回は連続殺人鬼の役らしいです。

 

【ブレイン・ゲーム】作品情報

原題:Solace

公開年:2015年

監督:アフォンソ・ポヤート

出演:コリン・ファレル、アンソニー・ホプキンス、ジェフリー・ディーン・モーガン、アビー・コーニッシュ

上映時間:101分

言語:英語

殺人鬼役にコリン、サイキックにアンソニー人食いホプキンス、捜査担当刑事にジェフリー・ディーン・モーガンとアビー・コーニッシュです。

ジェフリー・ディーン・モーガンは人気海外ドラマの「ウォーキング・デッド」の悪役ニーガンで有名、アビー・コーニッシュは最近よく出ていてAmazonプライムのドラマ「ジャック・ライアン」でライアンの未来の嫁役のムチムチ美人です。

 

【ブレイン・ゲーム】あらすじ

猟奇連続殺人が発生したので、ジェフリー・ディーン・モーガンがサイキックのホプキンスにヘルプを依頼。

事件を追ううちに、殺人犯のコリンもサイキックであることに気が付くホプキンスでした。

 

【ブレイン・ゲーム】感想

予想通り、コリン・ファレルは映画に恵まれないなぁとよく思うんですけど、今回もそんな感じ。

コリン好きの皆には悪いけど、コリンは最初の1時間ちょっとくらいまで出てきません。早く出ろコノヤロー。

ホプキンスのサイキックイメージで断片的にコリン様が見れるだけなので、ヤキモキしちゃったけど、その間はジェフリー・ディーン・モーガンの大人の色気で我慢してやって。かっこよすぎるだろコノヤロー。ハビエル・バルデムに似てるよね。

ジェフリー・ディーン・モーガンは事件の担当責任者で、むっちりアビー・コーニッシュがその部下です。二人はサイキック・ホプキンスのもとに向かいます。ジェフリー・ディーン・モーガン略してJDMが「手伝ってよ、ええやん」と旧知の友(ホプキンス)に頼みますが、JDMとホプキンスの間にケミストリー一切なし!

同じイングランド地方出身のせいか、ホプキンスとコリンの間の空気の方がまだマシだったけど、とにかくホプキンスがこの役に向いていない。コリンも殺人犯には向いていない。コリンは北アイルランドのフーリガンだとか、女性を殴る安いクズ男だとか、キョドるキャラとか、主演からちょっと外れた仕事こなす系キャラが似合うんですよ。The Way Backみたいなね。

ホプキンスは物に触れると未来のイメージが断片的に見えるサイキックなんだけど、過去についてはこと詳細に分かるサイキック。犯行現場や被害者に触れることで事件を読み解こうとする。

コリンに殺されたある少年の検死ではもちろん大好物の脳みそが出てくる。綺麗な脳みそにサックリとメスをいれるシーンというサービスぶり。原題はSolaceで「慰め」とか「苦痛や悲しみを和らげること」という意味なんだけど、邦題は「ブレイン(脳)ゲーム」、わざとだろ!

f:id:oclife:20180926191936j:plain

美味しそうな脳みそから目が離せないホプキンス

f:id:oclife:20180926192014j:plain

ホプキンスが脳みそを食いだしそうで気が気じゃないキャシー中島


マット・ジェラルドやホセ・パブロ・カンティーヨも出演、なにげに豪華キャストだったりする。

f:id:oclife:20180926192508j:plain
f:id:oclife:20180926192531j:plain
マット・ジェラルドとホセ・パブロ・カンティーヨ

なにげに24やメンタリストでお馴染みのザンダー・バークレー(あウォーキングデッドにも出とるな)とケニー・ジョンソンまで出てる。ご・う・か!

f:id:oclife:20180926192815j:plain
f:id:oclife:20180926192821j:plain
ザンダー・バークレーとケニー・ジョンソン

ブレイン・ゲームと言うからにホプキンスとコリンの脳みそバトルが見れるかと思ったらもちろんそんなことはなくて、ホプキンスがまぁ予知能力をある程度使うものの、同じように予知能力があるコリンを捕まえることはできないわけ。

だもんで、コリン様が自分からホプキンスの前に現れて、殺人の動機とかその他もろもろ全部ゲロッてくれる、シニアに優しいサスペンススリラー仕立てになっている。

ちょっと前にメトロ・マニアのショーン・エリス監督が「説明過多の映画にはウンザリ!」って言ってただろ!聞いてなかったのかお前ら!そしてメトロ・マニだよ、私!何回言ったら分かるのか。

コリン様にはこんな姿勢までさせるし。

f:id:oclife:20180926193815j:plain

初めて目を背けたくなった大好きなコリン様の1ショット

コリン様はやっぱり格好いいし雰囲気のある俳優だと思うが、映画との相性が悪いものが多いのよねー。今度コリン様が魅力的な映画を紹介するとしましょうか。

f:id:oclife:20180926194019j:plain

最後はコリン様のショットで終わります

ブレイン・ゲームは10月6日に公開予定です。