ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いてる。

【パンデミック】B級ゾンビ映画の感想:POV酔いしながら母の愛に涙する一作

f:id:oclife:20180329020754j:plain

パンデミック

B級ゾンビ映画「パンデミック」を視聴した感想です。Netflixで見れます。

謎のウイルスによって感染者があふれた世界。成功する気がまったくしない任務に向かう4人のドタバタ劇をPOVで描いた作品です。つーか、このパッケージの男、誰やねん。こんな奴いたか?

【パンデミック】作品情報

原題:Pandemic
製作年:2016年
製作国:アメリカ
言語:英語
出演:レイチェル・ニコルズ、ミッシー・パイル、アルフィー・アレン、メキー・ファイファー、ポール・ギルフォイル
監督:ジョン・スーツ

主演はB級ホラーのヒロインを目指すレイチェル・ニコルズ。P2やクリミナルマインドでJJの穴を埋めるシーバー役で出演した美人です。

ゲームオブスローンズのアルフィー・アレンが移動バスの運転手役で、ドーンオブザデッドや8マイルのメキー・ファイファーが護衛の軍人を務めています。

 

【パンデミック】あらすじ

謎のウィルスが蔓延するロサンゼルスに潜入した救助チームの闘いを、メンバーたちのヘルメットに取り付けられたカメラの映像で描いた新感覚パニックアクション。

感染すると次第に凶暴化する謎のウィルスが、アメリカ中に蔓延した。感染者の症状は5段階に分かれ、レベル1なら治る可能性があるが、レベル5になると凶暴化し手の施しようがないと診断された。

ロサンゼルスの救助チームへ派遣された女性医師ローレンは、襲いかかってくる感染者たちと戦いながら非感染者を探し出そうとするが……。

PANDEMIC パンデミック : 作品情報 - 映画.com

 

【パンデミック】ネタバレ感想

B級ゾンビのPOVは見る気がしないものの、主演がレイチェルちゃんだし、メキー・ファイファーやアルフィー・アレンが出ているので見ることにしました。ブリジット・ウィルソンと見せかけてミッシー・パイルも出ています。

本作はゾンビというより28日後とかクレイジーズ系の感染者です。レベル1~5まであって、レベル1なら治る可能性がありますが、5になると人間を殺し始めます。武器も使います。「どうせなら食っとくかー」と思ったのか、襲ったあとで人間を食い始めます。

ある程度ハラハラドキドキは期待できますが、ヘルメットについてるPOVなのでものすごい揺れです。POV視点は次々と切り替わるわで最初の5分でオエェェと酔いました。ゾンビと戦うシーンはシミュレーションゲームさながらです。

ホームレスが溢れているロスアンゼルスのダウンタウンをそのまま使ったりしてズルっこいこともしていますが、あのホームレスだらけの街並みを実際にみると確かにもう終末世界さながらなんじゃないかと思ったりもします。

医者、軍人、運転手、案内人?の4人が与えられた任務は、感染者のレベルをチェックして生存者を基地に連れて帰ることなんだけど、血液を取ればその場でパッチに現れるので、これ医者じゃなくてもよくね?

主演のレイチェルちゃんは金髪美人でバストが大きいので日本人男性にもウケがいいんじゃないかな。しかし、いまいちインパクトに欠けるためにA級リスターになれない印象です。

で、この医者が実は医者ではなくてですね、医者になりすまして夫と娘を探しているんですね。任務についた4人は散り散りになってしまうので、任務は失敗して途中からストーリーは医者の娘探しになってしまいます。

自宅にいた娘メーガンは感染しているのですがまだ症状が軽いみたい。医者は自分の名前がついたユニフォームを娘に着せて命からがら基地に戻ります。そして自分は撃たれますが、ユニフォームのおかげで娘は軍人たちに助けられて基地内に連れて行かれるんですねー。

駄作だけどこの最後の母の愛が胸にきたので、許してあげることにしました。母たるもの、POV酔いしながらも母の愛を見届けねばなりません。

POV酔いするし、暗くて戦いがガチャガチャしているので、ゾンビ好きじゃないとキツイ一作かもしれないですね。

評価:40点