ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想、世の中のお話

家族三人でコロナにかかりました


f:id:oclife:20220208151528j:image

先日、家族三人コロナ陽性疑いでPCR検査を受けに行きました。

週明けの本日、結果が判明しました。

全員陽性でした。

なんとなく分かってはいましたが。

株については調べていないとのことで分かりませんが、アメリカも新規感染の殆どがオミクロン株ということですのでオミクロンに間違いなさそうです。

症状もオミクロンの特徴に合致しています。

 

タイムライン

月曜: 娘、初登校

火曜: 夫が風邪の症状(くしゃみ、咳、痰)

水曜: 私と娘が喉に違和感、イガイガ感

木曜: 私が悪寒、娘が「具合が悪い」と言って帰宅。娘の体温38.6、私37.6。夜に娘39.0、私37.9まで上昇。

金曜: PCR検査とインフルエンザ検査を同時に受ける。インフルエンザは陰性(コロナが流行しているのでインフルエンザは殆ど出ていない模様)

土曜: 娘と私の熱が36度台に下がる

日曜: 私だけ熱がぶり返して39.1まで上がる。なんで。

月曜: 38.6に下がり、夜には36度台に下がる。←今ココ

なお、夫は発熱もなし。

 

症状

オミクロンは上気道に集まりやすいと言われていますが、その通りでした。

喉の違和感から始まり、悪寒、発熱、頭痛、咳、喉に痰がからむといった症状が主です。

鼻の奥に集まるせいか、私と娘は目の上のあたりで頭痛がしていました。

 

治療法

医者からも特に薬は処方されず、タイレノールかイブプロフェンを飲んで休むように言われただけです。

私たちはDayquil とNyquil を服用していました。

私は元々慢性上咽頭炎を抱えているので咳止めの薬を飲んでいますが、それも良いのかもしれません。

 

実際のところコロナにかかってどうだったか

「コロナを甘く見ない方がいい」「コロナは単なる風邪」と両極端の意見が見られますが、真実は中間にあります。

私の経験した感じでは、かかるとそれなりに辛いけどインフルエンザや風邪と変わりありません。

こればかりは個人の免疫力や耐性、疾患の有無、年齢、症状の違いによって異なるので、一概に言えません。

私の中では

予防接種なしでかかったインフル(39.6くらいまで発熱) > 関節痛が死にそうに辛かった風邪(38.4度) > 今回のコロナ > 予防接種後のインフル (37.4しか出なかった)

でした。

数年前にかかった風邪は38.4しか発熱しなかったのですが、耐え難いほどの関節痛があって今回のコロナよりも辛かったです。

幸い今回のコロナは関節痛があまり出なかったので高熱の割にそんなに辛くないと言えます。

それよりも39度も出ているのに夫に言われて確定申告用にアドセンスのw2を打ち出す作業の方が大変でした。アカウントを複数ログインしてるとアドセンスにログインできないことを知らず、スマホからログインできない...と泣きました。さらに泣きながらプリンターの接続もしなくちゃだったし、こんな時にこんなめんどくさい作業やらすなよ、と怒りがこみ上げました。

 

感染経路

感染経路は不明です。

まず最初に夫に風邪のような症状が出て、その翌日か翌々日に私と娘の喉に違和感が現れました。

外出といえば、スーパー(ウォルマート)、衣料品店(客数名)、ドーナツ屋(誰もいなかった)、パンダエクスプレス(中華料理ファストフード店、ある程度客がいた)で10分ほど食事でした。

マスクを外したのはパンダエクスプレスなので、この時かなぁ。。

あと考えられるのは学校で、娘がもらってきたパターンですね。

いずれにしても感染経路の特定はほぼ無理です。

夫が私たちにうつしたという線もありますが、そうでなければどこで感染したかわかりません。

マスクは店内ではずっと付けていたし、他人と長話をすることもありませんでした。

それでも感染してしまうというのであれば、感染対策なんてほぼ無意味なのでは?と思いました。

日本で2年間も感染せずにやってこれたのに、アメリカに来て3週間もしないうちに罹患するなんて腹が立ちました。

バカヤロー

南カリフォルニアでオミクロン株が爆上げとニュースにありましたが、本当のようです。

とりあえず熱は下がってきたので、また上昇しないことを願うのみです。

なお、娘は一日だけバッと発熱したあとはすぐに下がり、その後は発熱していません。でも喉に痰が絡んだような咳がまだあります。

夫はずっと痰が絡んだ咳をしていて、そのせいで声が出しにくい、しゃがれ声に少しなっていますが、だんだん良くなってきました。