ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想、世の中のお話

【シカゴ・ファイア】シーズン10 第6・7・8話:あの人の後釜は誰?降板後の展開

f:id:oclife:20211119225644j:plain

シカゴ・ファイア@NBC

シカゴ・ファイアの最新情報です。

※この記事はシカゴ・ファイアのシーズン10の重要なネタバレを含んでいます。

あの人物の衝撃的な降板からすでに3話が経過しました。

あの人物の後釜は誰が努めるのか?それとも後釜は入れずにいくのか?

その後のシカゴ・ファイアの展開も気になりますね。

第5話であの人物が降板してからの3話の粗筋と感想をお届けします。

 

【シカゴ・ファイア】シーズン10 第6~8話の粗筋と感想

f:id:oclife:20211119234506j:plain

衝突を繰り返すギャロとペル

さぁ、シカゴ・ファイアの主役マット・ケイシー(ジェシー・スペンサー)無しにドラマはやっていけるのでしょうか!?

一応セヴライド(テイラー・キニー)は残っていますが、セヴライドはどちらかというと右腕的な位置づけです。

テイラー・キニーが存在感もルックスもカリスマ性もあることは百も承知ではありますが、ジェシー・スペンサーが10年かけて育て上げてきたマット・ケイシーというキャラの代わりはできません。

セヴライドはセヴライドというキャラで居て欲しいですから。ちなみに私はテイラー・キニーのルックスと声が大好きで、多分ベスト3に入るほどタイプです。

「ウォーキング・デッド」を観ればわかると思うけど、やはり主砲を失うとドラマは痛いですね。

 

連続放火事件は解決

第5話でケイシーとセヴライドの最後の消火活動となった教会の放火事件。

その後も連続放火事件が相次ぎます。

セヴライドはシーガーと共に再び放火事件の捜査に乗り出します。

まぁ、特にシカゴPDとのクロスオーバーがあるわけでもなく、シカゴPDのケビン・アトウォーターがちょこっと出るだけです。

最終的にセヴライドが爆弾に気付いて事なきを得ます。

セヴライドに好意を寄せていたシーガーが再登場しました。

ちょうどセヴライドの婚約者のステラが「ガールズ・オン・ファイア」という女子向け消防士訓練プログラムのためにボストンに出張していて不在なので、また何かしらあるのかなーと思ったけど今のところありません。

但し、第8話の最後で「ステラもう帰ってこないかもしれん」とセヴライドがハーマンに弱音を吐いていたので、もしかしたらシーガーによる誘惑…なんてあるのかなーと期待しちゃうけど、セヴライドはすっかりステラ命なので無さそうかな。

 

ジェイソン・ペルハム

ケイシーの後釜にェイソン・ペルハム(byブレット・ダルトン)という小隊長が入ってきました。

ペルと呼んでください。

f:id:oclife:20211119230402j:plain

ジェイソン・ペルハム(byブレット・ダルトン)

一応、「暫定」ということになっているので、恒久的に51分署にいることになるのかどうかはまだ不明です。

ブレット・ダルトンとはどんな人なのかというとぉ…御免、知らんわ。

なんでも「エージェント・オブ・シールド」に出演していた人らしいです。

188cmの38歳。

ググッてみると、うーん…ハンサムであるんだけど…

いまいちピンとこないのは、ジェシー・スペンサーが恋しいからだけなのでしょうか。

気分はギャロです(ジェシー・スペンサー演じるケイシーを誰よりも慕っていた見習い消防士で、ケイシーの枠に入ってきたペルが気に入らないため反抗心を露わにする。)

古参のハーマンとマウチはペルを慎重に吟味し、ペルが何故次から次へと異動しているのかボーデン署長に懸念を示します。

ボーデンは直接ペルに聞きますが、ペルは何かを隠していて絶対に言えないと断言。

ボーデンは書類を基に独自にペルのかつての上司に聞き込み開始。すると意外な事実が…

まぁ信頼できるキャラというのは分かったし、ギャロとの仲も改善しましたが、ドラマのけん引役としてはどうかなぁというのが私の直感。

ショーランナーのデレク・ハースも、ペルが長居しない可能性があることにも触れていました。

加えて現在ボストンに出張して不在のステラ・キッドも小隊長のポジションに受かったばかりで、51分署に留まるのか他の消防署で小隊長を務めるのか分からない情況にあります。

私の予想ではステラが戻ってきてケイシーの後を継ぐ、かな。

できれば新しいキャラが欲しいところですけどね。

 

ステラは戻ってくるの?

そのステラですが、前述の通り、セヴライドが「戻ってこないんじゃないか」と心配しています。

数話にわたってステラがいないので、ケイシーに続いてステラも降板…?とファンも心配してしまいますよね。

しかも気が付いたら出演していないし。

聞けば「ガールズ・オン・ファイア」でボストンに行ってるとか言うし。

でも、ステラは戻ってくるそうです!

これでステラが戻ってこなかったら、セヴライドが再びダークサイドに行ってしまうよ。

なんつって「私、全米を回ってガールズ・オン・ファイア運動を広めます」みたいなこといって消えちゃう可能性も無きにしも非ずだけど。

 

オレゴン旅行が延期

ケイシーに会うためにオレゴンに行く予定だったシルヴィ・ブレットですが、ケイシーから連絡があり、都合がつかず(確かケイシーの仕事の関係で)に延期になってしまいます。

ガックリ。

天国から地獄だよねー。

そんなシルヴィの心情を察するは、ケイシーが大好きなギャロ。「ケイシーがここにいたら、こんなところに座ってないでさっさと立てとか言ってるよねー」なんて言いながら慰め合います。

f:id:oclife:20211119232707j:plain

ギャロ(左)とシルヴィ(右)

ケイシーはセヴライドの結婚式に来るのか来ないのか論争が起きていて、ケイシーも乗り気だということなのでもしかしたら顔出すかもね。

セヴライドのベストメンになるはずだから、まさか欠席てことはないでしょうけど、ジェシー・スペンサーは豪出身だからもしかしてオーストラリアに帰ってらっしゃる???

少しでも顔見せてくれるといいよねー。ギャビーみたいに。

ギャビー役のモニカ・レイムンドも「いつでも出るー」みたいなこと言ってるし。

 

ヴァイオレットの恋愛事情

f:id:oclife:20211120000231j:plain

ヴァイオレット(中央)とチーフ・ホーキンス(右)

ヴァイオレットが好き!

だんだん綺麗になってきましたよね。

ヴァイオレットはギャロが好きなんだけど正直に気持ちを伝えることができず、ギャロはビール製造契約をしている女性とデートし始めたばかりとすれ違い。

そんな中、ヴァイオレットは救命活動中にスマホで動画を撮影する男が邪魔してきたので文句を言ったことでチーフ・ホーキンスに質問される事態になるが、かねてからの腹痛が酷くなりホーキンスの前で倒れる。

救急車で運ばれたヴァイオレットは虫垂炎でした。

その間、ヴァイオレットにずっと付き添っていたホーキンス。

薬で朦朧とするヴァイオレットはホーキンスに「ここのカフェにある炭酸水美味しいんだよねー。あんた取ってきてよハハハー、やだ私、チーフ・ホーキンスに命令してる夢みてる」みたいなこと言ってホーキンス苦笑い。

でも炭酸水をとってきてくれるホーキンス。

これは・・・恋の予感!

ヴァイオレット可愛かった。天真爛漫でいいよね。

そのあとギャロが来て、自分も実はヴァイオレットに気持ちがある…みたいなことを告白するんだけど、気が付いたらヴァイオレット寝落ちしていて聞いてない。

これはもう四角関係の予感しかないわ。楽しそう。

 

セヴライド対ハーマン

セヴライドとハーマンの戦いが勃発。

まずハーマンが勝手にケイシーの隊長室に引っ越したことでセヴライドが苛つく。

それからハーマンが音楽を大音量で流し始めたのでセヴライドが注意する。

その後、仮眠している時に隣室でハーマンが壁にバンバンと写真を打ち付ける音で起こされたセヴライドが怒って「あんた、人と共同生活したことないんか?」とまで言う。

(´・ω・`)とするハーマンにマウチが「ケイシーがいなくなったからセヴライドも寂しいんだよ、察してやれ」とハーマンに助言したので、ハーマンが何故か細い葉巻を2本持って(ケイシーとセヴライドは太い葉巻友達)「これ、一緒にやろうぜ」みたいに誘う。

しかし「ノー、サンクス」と無下に断られる。

ハーマンは引き下がらずに「カモーン、メーン」と続けたのでセヴライドが突然

「ハーマン!!いらないって言っただろ!」と怒鳴る。

怒鳴られたハーマンが泣きそうでちょっと可哀そう。皺くちゃな顔がますます悲しそうになって思わず「スティーブ!」て言いたくなっちゃう。(あっ!セックス・アンド・ザ・シティの続編「ジャスト・ライク・ザット」がもうすぐ放映されるよ皆!スティーブも出るよ!楽しみね!)

まぁ、あそこは察して欲しいところだよね。

セヴライドは放っておいてほしいのが分からんか。

その後、反省したセヴライドはハーマンの自宅を訪れ、二人で葉巻を吸う。

f:id:oclife:20211119234705j:plain

そこでセヴライドはハーマンに「ステラが今何を考えているか分からない。いい状況とは言えない」みたいに恋愛話をする。

するとハーマン「あー分かるわかる。僕とシンディもねーあったのよーそういう…」と話し始めたのでセヴライドに再び怒られる。

「ハーマン!俺は別に解決策を聞いているわけじゃなくて、ただ話を聞いて欲しいだけなんだよ!」

ケイシーは空気を読むのがうまいので、こういうセヴライドとつかず離れずにうまくやっていました。

でもセヴライドてケイシーとステラ以外には割と厳しいよね。

それがテイラー・キニーの性格によるものなのか単に演技の一環なのかは分からないけど、そんなテイラー・キニーのセヴライドが私はごっつぅ好きです。

 

というわけで、第6~8話までの粗筋と感想でした。