ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いてる。

【ウォーキング・デッド】シーズン9最終回16話あらすじネタバレ感想:冬来たーる

【ウォーキング・デッド】シーズン9第16話最終回最終話あらすじ感想ネタバレ

【ウォーキング・デッド】シーズン9最終話16話のあらすじと感想です。

シーズン9もいよいよ最終回です。

この4月、ゲースロは、いよいよ「冬来たる」ですが、ウォキデもついに冬来たるということで、ウォーキング・デッド史上初の冬のシーンを見ることができます。

ネタバレ注意

 

【ウォーキング・デッド】シーズン9第16話

【ウォーキング・デッド】シーズン9第16話 あらすじ

先日のリーク通り。

王国は終焉し、王国民は全員ヒルトップに向かう。ミションも移動を助ける。

移動中、イーニッドを殺されたオルデンがリディアに嫌味を言うとダリルがオルデンに「あんた、ちょっと黙りーな」といって助けてあげる。

キャロルが「あの子(リディア)を見る度にヘンリーの顔が浮かぶねん」というとダリルがヘンリーの死の責任を負おうとする。でもキャロルは「あんたのせいやおまへんで」とダリルを気遣う。

でも王様はヘンリーの死の責任の一端をダリルに負わせたいみたいで「ヒルトップについたらキャロルと王様二人で新しいスタートを切りたいねん。キャロルに関わらないでほしいねん」とダリルにこっそり言う。

ダリルは「それがキャロルの願いなんねんな?」というと

王様が「私も彼女も同じこと願っているねん」という。

リディアは列をこっそり抜け出し、森の中の池が凍って顔だけ出てるスノー・ウォーカーに自分の腕を噛ませようとしている。そこにキャロルが登場し、キャロルはリディアと一緒に列に戻る。

ふぶいてきたので、聖域に避難することした一行。聖域は実はヒルトップと王国の間にあったんねん。

キャロルがダリルに「エゼキエルに何か言われたんか?」

ダリル「いえ別に」と嘘をつく。

キャロルはお察し「あいつ私を責めることができないから、あんたを責めるしかないねん」

キャロル「うちな、また自分を失いそうやねん」

ダリル「ここから連れ出して安全に保護してやることもできるで(リディアのこと)」

キャロル「あんた、ここから出たいんか?」

ダリル「いや、そうやないんけどな」

一行はヒルトップに向かうためにウィスパラーズの領域に踏み込まざるを得なくなる。(食糧は1~2日分しかなく、雪が積もれば動けなくなる)エゼキエルは最後までこの案に反対するが、キャロルが提案し、ミションやダリルたちがキャロルを支持する。

ふぶきの中、ウィスパラーズの領域に足を踏み入れる一行。

途中で立ったまま凍ってるフローズン・ウォーカーがいた。(動けなーい)

凍った川までやってきたところで、雪の中に埋もれたスノー・ウォーカーが出てくる。ネイビーシールズか。

リディアがまた消えたので、キャロルが見つけに行く。リディアは自分のせいでヘンリーや他の皆が殺されたことを責めていた。キャロルに殺してと頼むがキャロルは殺さずにつれて戻る。

一行はヒルトップに到着。

キャロルは王様に、明朝ダリル達とアレクサンドリアに戻る旨を告げる。

アレクサンドリアでは、ニーガンを檻から出して家の中で暖炉を焚いて温まるジュディス、ロジータ、ユージーン、セディークと他のアレクサンドリア人たち。

ニーガンはタブーワードを使ってジュディスに注意されて謝る。ついでにガブちゃんとロジータとセディークの関係を茶化してガブちゃんを弄りまくる。

ジュディスは「犬がいないねん」と心配そう。

ニーガン「あっ、なんか、くさっ!」

ニーガンがまたふざけてると思ったらロジータが「いやニーガン正しいで。確かになんかクサイで」。

ユージーンが何かに気付いて暖炉の前にいたガブちゃんとセディークを引き寄せると暖炉が小爆発する。

ユージーンがなにいってっか分かんないけど、煙突の換気が十分でないらしく、そのままそこにいると窒息死してしまうので、家を移動することにした一行。

移動中、犬が吠えてたので、ジュディスが走って行っちゃう。「ドッ!ドッ!(ドッグ)」と言いながら吹雪の中を走って行くジュディスきゃわゆい。

ニーガンが「ジュディス!」と叫んでジュディスのあとを追う。あぁん追われたい。

ニーガン細い足を傷めるが「ジュディ~ス、どこやねーん」とジュディスを探す。犬の鳴き声でジュディスと犬を発見。ジュディスをかついで戻るニーガン。

ダリル達がアレクサンドリアに戻ってきて(リディアも)みんなで雪合戦する。

ミションが足の傷の手当てを受けてるニーガンにジュディスを助けてくれたお礼をいう。

アルファとベータはSMプレイ。

王様がジュディスと無線で話してる。

王様が部屋を出てった後、無線から「ハロー?誰かおる?」という女の声が聞こえる。

 

【ウォーキング・デッド】シーズン9第16話 感想

やっぱりニーガン可愛い、憎めない。ジュディスとコンビ組ませたのは正解だね。リックもマギーもになくなって存在感ある新キャラが育てられてないもの。なぜか人気キャラのマグナを全然育ててくれないし…ユミコはいっぱい登場しているというのに!

ニーガンが贖罪路線に進むであろうことは予想できたけど、思ったよりニーガンがずっと好きになってきとる。グレンやエイブを惨殺したというのに!でもニーガンは最初から好きだったからなぁ…悪役だけど。それに格好良すぎるんだよ。

ジュディス役の子もいい感じだから、この二人の友愛はとても良い感じだと思います。ニーガンはリックとは敵同士だったけど、リックの事好きだったもんねー。そのリックの忘れ形見ですからねー。あっ、リックの子じゃなくてシェーンの子か。そして今はミションの子。

ロジータ、ガブちゃん、ユージーンもニーガンを憎みつつも、ニーガンの叩くへらずぐちに呆れて怒れない感じだし、あとはダリルくらい?ミションは包容力があって優しいのでこのままジュディスを大事にするニーガンであれば受け入れるでしょうね。ニーガンもミションのこと好きだよね。要はニーガンは強い人間なら敵であってもリスペクトするんだな。

思えばミションはニーガン戦でもカール死後にトランシーバーで直接「もう戦うのやめよ」と直談判したりしてるから、お互い話しやすい相手ではありますね。

マギーはニーガンのことを許さないだろうけど、もういないし。レギュラー出演はしないけどたまに戻ってくるという話は聞いているけど、ヒルトップにいる限り問題ないでしょう。つーかもういいよ、あんな不自然な退場してんだから。つじつまが合わなくなるからそのまま出てこなくていいよ。

ついにキャロルが王様と別れる時がやってきましたねー。子を失った夫婦は互いを責めてしまって離婚に至る可能性が高いようです。だから王様はダリルを責めようとした。それはキャロルを愛する故なのですねぇ。キャロルが王様と別れるのも理解できるなぁ。王様をみるとヘンリーと3人の思い出が蘇ってしまうし。一ファンとしてはキャロルはアレクサンドリアにいて欲しいと思ってたので、キャロルがアレクサンドリアに戻ってきてくれて嬉しいです。ニーガンとキャロルの初顔合わせになるかな?

王国は3つのコミュニティの中で一番愛着なかったけど、この6年の間にけっこうな廃れぶりですね。建物の屋根とか崩れてるし、まるで攻撃食らったような有様でしたが、やっぱり閉めるとなると寂しいものがありますねぇ。

ウィスパラーズは何がしたいのかよく分からんな。レザーフェイス干したり、アルファはSMごっごに興じてるし。領域に入ってこなければ問題ないなら、ウィスパラーズとの戦いは十分回避できそうだけど、シーズン10は一体どうやってウィスパラーズと戦うに至るのだろう。

そして最後の無線の声は…残念リックではありませんでした。期待してたのになぁ。リックを助けたジェイディスという線もあるけれど、ジェイディスの声には聞こえなかったので、これはやはり大型コミュニティであるコモンウェルスの人という線が濃厚かな。フィアーのアリシアやマディソンの声にも聞こえないけど。そもそもフィアーと合流とかもやめてほしい。

冬の描写はウォーキング・デッド史上初ですが、なかなか楽しかった。スノー・ウォーカーやフローズン・ウォーカーが出てきたりしてね。冬はこれでおしまいかな?

シーズン10はミションは5話くらいしか出ないようなので、果たしてどういうストーリー展開にするのか心配です。リックが生きていたという印を受けて、リック探しの旅に出るのが自然だと思ったんだけど。

それより視聴率が低迷してて、シーズン11更新なるかちょっと心配ですね。原作コミックの方はコモンウェルスの次はどうなるんだろう。私は原作は前回15話のパイクシーンまでしか読んでないので、この先の展開は全然予想がつかないんですよね。コモンウェルスはまともなコミュニティなのかな?あと早くリックが見たい。