ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いてる。

【ミッション・インポッシブル/フォールアウト】映画の感想(ネタバレなし)緊張感とサスペンスなしのMI6

ミッション・インポッシブル/フォールアウト映画の感想

ミッション・インポッシブル/フォールアウト

イーサン・ハントとその仲間たちによるミッション・インポッシブルの第6弾【ミッション・インポッシブル/フォールアウト】を見てきた感想です。

 

【ミッション・インポッシブル/フォールアウト】作品情報

原題:Mission Impossible/Fallout

公開年:2018年

監督:クリストファー・マッカリー

出演:トム・クルーズ(イーサン)
   ヘンリー・カヴィル(ウォーカーというCIA工作員)
   ヴィング・レイムズ(イーサン友)
   サイモン・ペッグ(イーサン友)
   レベッカ・ファーガソン(MI6ローグスパイ)
   ショーン・ハリス(悪玉)
   アンジェラ・バセット(CIA長官)
   アレック・ボールドウィン(IMF長官)
   ミシェル・モナハン(イーサン元妻)

上映時間:147分

言語:英語

前作のローグ・ネイションに続いてクリストファー・マッカリー監督が続投です。アウトロー、ワルキューレ、ザ・マミーなどトム・クルーズ主演作品も多く作ってますね。

ヴィング・レイムズ、サイモン・ペッグ、レベッカ・ファーガソン、アレック・ボールドウィンも続投します。

新入りはスーパーマン(マン・オブ・スティール)のヘンリー・カヴィル。それは観てないけど、ジャスティス・リーグはワンダーウーマン見たさに観た。スーパーマンは多少不安定なもののイケメンであった。

 

【ミッション・インポッシブル】シリーズおさらい

ミッション・インポッシブル1

監督:ブライアン・デ・パルマ

空中で汗の雫を手でつかんでセーフ。エマニュアル・べアール出演。TGVトンネル内でヘリ爆発の瞬間にTGVに飛び移る。

ミッション・インポッシブル2

監督:ジョン・ウー

ジョン・ウーのバイクアクション。記憶に残る箇所ナシ。

ミッション・インポッシブル3

監督:J.J.エイブラムス

妻ジュリアに全貌バレる、かつての教え子が脳内チップで殺される、上海でラビットフット奪還、フィリップ・シーモア出演、バチカン侵入、美しいマギーQ in レッド・ドレス、ジュリア誘拐される、イーサンとジュリア皆に祝福される。

ミッション・インポッシブル4/ゴースト・プロトコル

監督:ブラッド・バード

ジェレミー・レナー登場、 ドバイの高層ビル

ミッション・インポッシブル5/ローグ・ネイション

監督:クリストファー・マッカリー

レベッカ・ファーガソン登場(イスラ)、ローグ化するイーサンのチーム、犯罪組織シンジケート、アレック・ボールドウィン出演、ブラント出演、洗濯機みたいな水中でデータ変えてピンチのところをイスラに助けられる

 

【ミッション・インポッシブル/フォールアウト】あらすじ

ミッション・インポッシブル5(ローグ・ネイション)の続き。

なのでローグ・ネイションを観てから観た方がよろしかも。

 

【ミッション・インポッシブル/フォールアウト】感想

長い!

長いよ147分は!

なんだ最近ハリウッドのブロックバスターアクション映画は長すぎないか!

娘が途中で飽きてモゾモゾしてたけど、最後の30分くらいはド迫力のアクションシーンにくぎ付けで微動だにしなかったよ。

全体の感想で言えば、あんまり好きじゃないわ。

ミッション・インポッシブルで好きなのは1、3だわね。

アクションはド迫力だけど、スパイ映画ならではの緊張感がぜんっぜん感じられないのよ。1、3は緊張感感じたのに。(1はデ・パルマ、3はJJエイブラムスが監督)

スパイ映画で緊張感感じられないのは致命的では。アクションで「あぁぁ落っこちちゃう!」とか、そういう緊張感はあるよ。でもスパイらしいサスペンスフルな緊張感が全くなかった。これじゃふつうのアクション映画と同じじゃね?みたいな。

ストーリーも前作からの続きで、国際的ローグエージェント「シンジケート」の親玉であるレーン(とプルトニウム核爆弾)を追う話だし、真新しさまるでなし。スパイならではの複雑さやツイストが欲しかったけど、ある人物が実はこうだったという簡単なネタバレしかない。

その割に人間関係が複雑で、ホワイトウィドウって結局なんだったわけ?レーンを渡すのに仲介人いらなくない?MI6に直接渡せない理由ってあった?ホワイトウイドウの人は雰囲気あったけれども。

スパイ映画に欠かせない七つ道具や新ツールが紹介されるわけでもないし、出てきたのは昔からお世話になってる顔マスクだけだし。アクションシーンで凌駕しようとしてるのがミエミエで、ちょっとガッカリだったわ。

何よりガッカリは、元妻ジュリアが結婚してたことだよ!ジュリア再婚してたの?いつのまに!私が見落としてた?イーサン知ってたし、前作で言ってたのかしら。ちょっとなぁーまあ仕方ないかもしれないけど、イーサンとジュリアの夫婦が好きだったのになぁ…愛するためにお互いから離れたというのに、他の人と新しい人生進んじゃうなんてなぁ…

しかもイーサンにはイスラという後釜をちゃんと用意しちゃうし。そこはプロフェッショナルを貫いて欲しかったわ。なまじスパイに恋愛絡めちゃうと、スパイ自身が「タッチャブル」になってしまって「アンタッチャブル」なはずの憧れのスパイの威光がダダ下がりしちゃうわけですよ。

それでも3ではイーサンに愛する妻を作ってやって、妻も巻き込んでうまくまとめてたし、その後のイーサンと妻の遠愛もスパイものらしくていい塩梅だったんですけどねー。

これからはイスラが公私ともにイーサンのパートナーになっちゃうのかと思うと残念だな。イスラとはこれまでのようにつかず離れずの関係でいたほうが緊張感があって良かったのよ。

それからジェレミー・レナーはアベンジャーズで忙しくて出演できなかったけど、最近の記事で監督がジェレミー・レナー(ブラント役)をちょっと顔出しさせて死なせちゃう案を提案してきてジェレミーが断ったらしいけど正解よね。

俳優にしてみればそれぞれキャラに愛着あるのに、ちょっとだけ顔出しさせて死なせるとか、ドラマチックに仕立てあげるのにそんな安易なプランしかないんか!?と怒りたくなるよね。

トム・クルーズのイーサンとジェレミー・レナーのブラントはちょっとキャラかぶってるんで他のキャラの方が合うような気もするけど、ブラントはブラントでいざというときに頼れる外部の味方の位置づけで残して置かないと。ピンチの時に現れるってのが成功セオリーだと思うわ。

しかしトム・クルーズは凄いわ、あのアクションシーンをほぼ自分でやるとか、どんだけ凄いの。見た目も若いけど、年取ってきたせいか前より目が小さくなった気がするねー。とりわけ最後のヘリシーンは凄かったわ。

ただパリの公道のバイクチェイスはイマイチ。あちこちから撮るこの監督の撮り方が好きじゃないみたいで、ちょっと酔ったし「おおすげえ」と思えなかった。カーチェイスはジェイソン・ボーン・シリーズが一番好きだな。

新入りウォーカーは敵なのか味方なのか前半は分からないけれど、予告で敵だと思ってたからちょっと予想を裏切られた感じね。この映画の予告はたいそう出来が良くて、予告編詐欺とまでは言わないけどさ、本作より予告の方が緊張感があってベターなのよねぇ。

トイレの格闘シーンは予告ではイーサンとウォーカーが戦ってると思ったけど、実際はちょっと違ったし、バージョンアップされたBGMに合わせてイーサンが撃つシーンも格好いいし。

でもトム・クルーズにはこれからも頑張って欲しいわ。

評価:50点