ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想、商品レビュー、世の中のお話

50円から投げ銭寄付ができる「オフセ」を開設してみました

f:id:oclife:20200116144929j:plain

先日、「乞食させろー」と管巻いた記事にスターとコメントがたくさん付いていました。

「リンクを押すのもめんどくせ」という人のために要約すると(親切ゥ)、記事の内容は、1000記事を達成したセルフお祝いと、1000記事もほぼ無償で書いてんだから何か寄こせコノヤローという記事でした。

あっ!コノヤローとは言ってないよ!言ったのはふかづめさんだよ!

はてなブロガーの方々からも「賛成、乞食させろ」というコメントが寄せられたので(敵急増)、みんな同じように思っているんだなーと勝手に一体感を感じて満足して一週間が経過したのだけれども。

投げ銭アプリをググッてみたら動画系の投げ銭アプリが多いようでした。ライブを観ながら投げ銭するので、銭を投げやすいみたい。時代は5Gですから。私なんて40G。

知名度が高い「polca」にも登録を試みたけれど、polcaの最低寄付金額は300円でした。たかっ!300円は高くないですか?寄付をする側の気持ちを考えなさいよ!

こういうのは金額が小さければ小さいほど良いと思うんですよね。気持ちですから。

神社にいって賽銭を投げるのと同じ気持ちでできるという敷居の低さがすべてだと思うの。

だっておまいら神社に行って50円玉投げないでしょ?投げないですよね?私は投げません。5円玉はよく投げるけど。

神様に50円も渋るほど厳しいてのに、300円とは何事なの。

というわけで、polcaではなくofuseに登録してみました。

ofuseとかいてオフセ。オブ・ユースじゃないですよー。そう言っておきながら未だにオブ・ユースと読んじゃう。

布施。そのままでシンプルです。HPもシンプル。

ofuse.me オフセ・ミーか…まぁ素直で宜しいんじゃないかと思います。

ofuse.me

 

Ofuse 登録してみました

登録は

  • twitter
  • facebook
  • googleアカウント

の3つからできます。

 

登録時には

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等)

の入力が必要になります。

続けて

  • 銀行口座

の登録をすれば完了です。

 

ofuseは匿名ですることもできます。

匿名を希望するときは、左下のチェックボックスをチェック。 

気になるオフセの金額ですが、50円(税抜)からオフセをすることができます。

上限は10万円(税抜)まで。

オフセ金額によって応援メッセージを送れるようになっているみたい。

1文字2円なので、50円オフセすると25文字のラブレターを送れるということか。

ラブレター待ってるぜ!

オフセここな。

f:id:oclife:20200116143522j:plain

希望としては10円から可能だと尚良いと思いますが、運営費がかかりますからここは仕方ないのかもしれません。

でもpolcaの300円と比べるとだいぶ敷居が低いので、オフセはしやすいと思います。

クラウドファンディングは基本的に商品やサービス、目標などのアクティビティに対する基金というイメージが多く、クリエイターやライターの恒常的な活動への支援をお願いするのに少し躊躇してしまいますが、このofuseなら金額も低いのでお願いする方も心理的な障壁が少ないように感じます。

できれば記事ごとに貼り付けられると良いけれど、デスパレート感や鬱陶しさを与えてしまうのも良くないし、とりあえず試験的に使ってみたいと思います。

大事なオフセの使途は…とりあえず使わずに貯めていくつもりですが主に以下のようになります。

  • ブログ運営費
  • 記事の執筆への報酬
  • ブログ運営のモチベーション
  • 記事クオリティの向上
  • ブログの延命

オフセ・ミー。