ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

マスコミが言う「大人の対応」とは「韓国に迎合しろ」ということ

f:id:oclife:20180114160251j:plain

2015年12月、日本と韓国は慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に」解決するため、日韓合意を結んだ。しかし、2年経ってもいっこうに約束を守らない韓国の対応に、日本人はほとほと愛想が尽きている。

さすがに今度ばかりは、お人好しで外交音痴の日本政府や外務省でさえ、韓国へ呆れている態度を隠していない。岸田元外相は「韓国内の問題だ」と切り捨て、菅官房長官は「1ミリもゴールポストを動かすことはない」と断言し、安倍総理は、今年2月9日に開催される平昌オリンピックの開会式への出席を見送ると発表した。日本政府にしては珍しく、はっきりと意思を表示している。

半世紀前に解決済みのことを度々蒸し返す韓国に、日本人はすっかり呆れ、うんざりしているのだ。もう二度と蒸し返すことがないようにと改めて2015年に締結された日韓合意も履行せず、韓国の大統領みずからがふたたび「心からの謝罪をしろ」と言ってきているのだから、どうかしているとしか思えない。

ところが、こんな状況のなかで、日本国内から奇妙な声が聞こえてくる。

10億を再びだまし取られた日本に「大人の対応」を求める異様なマスコミ

日本国内のマスコミはことあるごとに偏向報道を続け、日本人にマスゴミと言われるようになったのだが、ここ数年は偏向どころか、日本を悪者に仕立て上げて露骨に中国・韓国に利するような報道ばかりしている。

日韓合意を反故にしている韓国は、先週、日韓合意の新方針なるものを打ち出したのだが、それについて日本のマスコミは韓国を批判することをせず、日本に「大人の対応」を求めている。

TBSのNews23というニュース番組で、星浩キャスターはこのように述べた。

文大統領は、日韓合意に反対の世論と、国際合意を守るべきだという日本の間で板挟みなんですね。

日本側は1ミリも動かさないと言ってるんですけど、お互い日本も韓国も民主国家ですからね、選挙があったり政権交代があるわけですから、その場合に国際協定が見直されるということがよくあるわけですね。TPPもそうですね。

ここで日本側は文さんの置かれている立場だとか韓国の事情だとかに耳を傾けて、まあどういう合意があり得るのか、どういう話し合いがあるのかを一緒に考えていくという、大人の対応が必要だと思いますね。

日本政府が苦肉の策として日韓合意を結んだ目的は、韓国がまた蒸し返して永久的に日本を責めることを防ぐことにあった。日韓合意の「最終的かつ不可逆的に」という文言はそのためのものだ。

つまり、今回のように韓国がふたたび「新方針」なるものを発表して日本に「心からの謝罪」を再三要求することがないように締結したわけである。

星キャスターはTPPを例に持ち出してきているが、日韓合意とTPPとは訳が違う。日韓合意は、日本と韓国の数十年に渡る慰安婦問題の同じことの蒸し返しに終止符を打ち、こんりんざい慰安婦問題が二国間の外交の場に持ち出されないようにという解決のための合意であって、経済のギブ&テイクを協議するTPPとは全く性質が異なる。

それを同レベルで話しているのも知的レベルを疑うし(あるいは苦し紛れの韓国擁護なのか)、文大統領の韓国内での立場や韓国内の事情は韓国の問題であって、韓国の内政である。それさえも分かっていないのだとしたら、救いようがない。

なにより問題は、最後の「大人の対応が必要」という部分である。

合意を履行していない、つまり違反をしているのは韓国のほうである。しかし、星キャスターは、「日本側は文さんの立場や韓国の事情に耳を傾けて、どういう話し合いがあるのかを一緒に考えていくという、大人の対応が必要」と言っているのである。

そもそも韓国の事情にも耳を傾けて、話し合いをし、一緒に考えた結果が日韓合意であった。それなのに、再び合意を破っている韓国に「大人の対応」をしろとこの男は言っているのである。

あなたが誰かと長年諍いをしていたとしよう。あなたは自身の過失を認め、相手と契約を結び、相手に多額の賠償金を支払った。その数十年後、相手が再び謝罪と賠償を求めてきた挙句、あなたの庭にあなたの過失の象徴ともいえるような像を勝手に設置した。

しかし大げさにしたくないあなたは、「あと10億支払うから、うちの庭から銅像をどけてくれ。これで最終的かつ不可逆的に終わりにしよう」と相手と再契約を結んだ。

相手は10億を受け取ったが、銅像をどけようとしない。すると、どこかの男があなたに向かって「大人の対応をしろ」と言ってきた。あなたはどう思っただろうか?

ちなみに星浩氏は、慰安婦問題をねつ造し焚きつけた朝日新聞の元政治部特別編集委員である。

この「大人の対応を」という言葉は、対中外交でも対北外交でもよく使われる。中国が日本の領土である尖閣諸島に近付くと、日本のマスコミはいっせいに「大人の対応を」と言う。

大人の対応とはどういうことか。つまり「韓国の言うことを聞き、韓国の言う通りにしろ」ということだ。相手が中国なら「中国の言うことを聞き、中国の言う通りにしろ」ということだ。マスコミが「大人の対応を」と言った時は、そういうことである。

ときにマスコミは文化人や芸能人を起用して、「尖閣はもともと中国のものだった」とか、「人を殺すくらいなら土地を取られたほうがいい」とか「殺すくらいなら黙って殺される」とか「中国が侵略してきたら憲法9条を守って降伏したほうがいい」とか、国の主権に関わる妄言を発信しているのだから、どこの国のマスコミなのかと疑われてもしかたない。

何百万人が見ているテレビで、日本を貶め、侵略しようとしている国の言うことを聞き、言う通りにしろ、と言っているのだから、正気の沙汰ではない。韓国が慰安婦問題を解決する気がないことや、今後も日本に謝罪と賠償を求め続けるつもりであることを理解さえしていないほど無能な人も、日本の国益を損なう発言をする人物も、どちらもメディアには必要ない。

韓国を擁護するために言っているのなら、「大人の対応」などと誤魔化さずに「日本は黙って韓国に迎合しろ」と言えばいい。

マスコミが「大人の対応を」と言ったら、その真意は「迎合しろ」と言うことである。日本人は反発すべきだ。日本の国益を考えているならば、「報復を」が正しい。

韓国は慰安婦問題を解決する気はないし、これからも日本に謝罪と賠償を求め続ける