ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いている国際結婚&アメリカ在住キョドラーのブログです。

【ブラックハット】映画の感想:ツッコミどころが多すぎて話にならない

f:id:oclife:20180301021054j:plain

ブラックハット


「ブラックハット」を見た感想です。クリス・ヘムズワース主演、マイケル・マン監督なので期待したものの、渋い評価しかあげられません。

ハッカー映画と思いきゃリベンジ映画、何から何までミスマッチ、ツッコミどころが多すぎるあり得ないことばかりのヒドイ映画です。

 

【ブラックハット】作品情報

原題:Blackhat
製作年:2015年
上映時間:133分
監督:マイケル・マン
出演:クリス・ヘムズワース、ヴィオラ・デイヴィス(殺人を無罪にする方法)、ウェイ・タン、ホルト・マッカラニー(マインドハンター)
言語:英語、中国語
ジャンル:クライムサスペンス

 

【ブラックハット】あらすじ

ネットワークに不法侵入されたことで香港の原子炉が破壊されてしまい、さらにアメリカの金融市場も被害を受ける。

アメリカと中国の合同捜査チームは事件解決のため、現在獄中生活を送るすご腕ハッカーで天才プログラマーのニコラス(クリス・ヘムズワース)に協力を要請。

犯人は以前彼が開発したプログラムを応用しており、正体・目的共に不明の犯人のしっぽをつかむべくニコラスは捜査チームと一緒に世界中を駆け巡るが……。

シネマトゥデイ

 

【ブラックハット】感想

ブラックハットっていう映画の名前だけは知っていましたが、監督マイケル・マンだったんですね。クリス・ヘムズワースが主役なので顔を拝みたくて見ようと思ったんですが、残念、あまり面白くないです。

物語はサイバークライムものだと思ってると、途中からリベンジものに様変わり。途中からFBIもNSAもアメリカも全然出てこなくなっちゃう。

クリス・へムズワースが凄腕のハッカーで、刑務所にいるんだけど、FBIが追っているサイバー組織を捕まえるために減刑と引き換えにクリス・ヘムズワースを雇います。

主役がクリス・ヘムズワースなのは嬉しいんだけど

にーあーわーなーいー

ソーの印象が強すぎて似合わないだとか、体格がイカつくて体育会系なので似合わないだとか、そういうことじゃなくて、似合わないんですよ。いつも鎧きてマントで隠れてるから見えないけど、「オレ実はなで肩な」アピールしたってム・リ♥

そんなヘムズワースはハッカーだけど最後は工作員のような身のこなしを見せます。どういうこと?

マイケル・マンは白人男性と黒髪ストレートのアジア人女性のロマンスがやけに好きじゃね?マイアミ・バイスでもコリン・ファレルとコン・リーのロマンスだったけど、本作のヘムズワースとチャイニーズ女子は二人のイメージがライトなタッチすぎて、マイケル・マンの重厚感あふれる演出と壮大なBGMと鳥肌立つほどミスマッチ。

二人が恋に落ちるまでも唐突だし、ただそこにいたからくっついただけという感じで、まったく共感できない。こんなんだから、外人は目が会っただけでメイクラブするという偏見が生まれる。

女性を後ろから包むように抱きかかえるシーン、メイクラブシーン、白いシーツで戯れる二人、ミエミエの演出なうえにマイケル・マンのシリアスさや重厚感とまったく合っていない。あとこの監督はいつもロマンス演出がワンパターンすぎる。

ツッコミどころも多すぎて挙げたらキリがない。メルトダウンした原発の上空を主人公たちがヘリで周遊してたりします。突っ込み度具合がもうB級映画そのものなのに、マイケル・マンのシリアスで重厚感あふれるタッチというミスマッチ。

そういうわけで世間の評価がけっこう低いのも、ツッコミどころ多すぎの脚本や、ハッカー映画なのかリベンジ映画なのかブレている大筋、そしてキャストや脚本にそこはかとなく感じるミスマッチ感が原因だったのではないでしょうか。

ここ最近、中国市場を意識したハリウッド映画がかなり増えていますね。中国が舞台、中国人起用、まぁどれもイマイチな作品ばかり。本作のヒロインのチャイニーズ女子も、誰だか分からないけどちょっと普通すぎ。コン・リーとかミシェル・ヨーおばさんぐらい迫力あるの連れてこんかい。

でもさすがにアクションシーンや銃撃戦は迫力あります。マイケル・マンのアクションは、実際にその場にいるかのような臨場感満点です。コリアンレストランの単なるファイトでも、マイケル・マンにかかればこの通り、なんてドラマチックに仕上げるんでしょう。道での銃撃戦はまるでヒートを再現しているかのような重厚感です。 

そしてキャストは存在感あるいい俳優ばかり起用している。ホルト・マッカラニーと悪役のリッチー・コスター、FBI上司のジョン・オルティースなんかはマイケル・マンの映画のイメージにピッタリの俳優だと思う。

あとマイケル・マンのこだわりの空の風景は綺麗。

いいところはそれだけかな。

映画始まったら、コリアンレストランのシーンまでビーっと早送りして、そこでクリス・ヘムズワースのファイト見たらまた早送り。敵のアジトを突き止めて、地下道みたいなところに警察が入るところまで早送りしたら、銃撃戦を見て、また早送り。車からリーエンが降りてヘムズワースが追いかけていったらストップして、二人が電車に乗ったら早送り。マレーシアのフェスティバルが始まったらストップして最後の戦い見て停止していいです。

ハッカーとベテランFBI捜査官の2トップにして、ブロマンス仕立てにしてたら良いものが創れたかも。ハッキングあんまり関係ないし、これなら普通の犯罪組織との戦いのほうが面白かったと思う。

 評価:25点