ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いてる。

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン4第13話感想あらすじ:おもしろい

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン4第13話あらすじ感想

Photo by Ryan Green/AMC

おこんばんは。昨夜は湿気が多くて眠れず、今朝起きたらまもなくランチの時間だったようです。そんな私は家族に「クマさん」と呼ばれているんですよ。イカ食わせろー。

おかしいなぁ、アメリカでは旦那と娘に英語で「グリズリー・ベア」と呼ばれてたし、日本では両親に日本語で「クマさん」と呼ばれるなんて、お前ら日英のバイリンガルじゃないくせになに同じ言葉で私を呼んでんだ、コノヤロー。

クマさんはおもむろにオーブンのフードを掃除し始め、子どもの靴を洗い忘れたので外の洗い場で洗ったものの、洗剤をそのまま置きっぱなしにして母がため息をついているような落ちこぼれなんですけど、駄目ですか。いいよな。人間、あるがままの自分を愛すべきだと思うんですよ。

ではまだ残暑厳しいけど、皆さん無理をせずにね。今日はジャパンは3連休の最後の日なので、そろそろ憂鬱になってきてるでしょう?こう見えて、わ・た・し・も・なのよ。イカ食わせろ。

 

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン4第13話あらすじ

モーガンは例の黒人女性と無線でコミュニケーションをとる。女性は「人助けはやめろ」と要求する。

ストランドとジョンは洪水によって川に囲まれたバンガローにいた。ジョンはなんとかして川を渡ろうとるすが、川にはワニがいて渡れずにいる。

モーガンたちはサラとウェンデルがクレイトンのトラックを盗んだ場所に戻り、そこに物資の箱を置くと、無線のチャンネルも書き置きする。

ルシアナはチャーリーを探すが、途中で事故を起こして動けないトラックの運転手のおじいちゃんクレイトンに会う。彼を助けられないことを悟ったルシアナは、彼の最後の願いである「ビール」を道端に置かれた物資の箱から手に入れ、彼の最期を見届ける。

ルシアナは無線でモーガンと連絡を取ることに成功し合流する。またモーガンはアリシアとチャーリーとも無線で連絡を取ることに成功する。

そこへ黒人女性が割って入り、再び人助けをするなと警告する。モーガンは友人を皆助け、それからその黒人女性も助けると言う。

モーガンたちのトラックに黒人女性が運転するSWAT装甲車が猛スピードで迫ってくる。

 

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン4第13話 感想

さあ今回は待ちに待ったギャレット・ディラハントの出番です。もういいや、フィアーはギャレット・ディラハント目的で観るとしよう。けっこうオジサンだけど、いい体をキープしていて、ギャレット・ディラハントに愛されるジューンが心から羨ましい。

そんなギャレット・ディラハント演じるジョンと飲んだくれストランドは何故か川のど真ん中に取り残されていて、岸に戻ることができなくなってます。あんたら一体どこで何してたんだ。車でチャーリーを探してたはずなのに、気が付いたら川の中ってどういうことなのよ。

まぁいいや、フィアーだからね、そういう飛び飛びのシーンはしょうがないね。なんたってダニエルに未だに言及なしだし、ロスアンゼルスからテキサスまですっ飛ばしちゃうし、前シーズンのバイカーたちの説明もないし、このぐらいどってことないよ。

なんたってこのジョン絡みの話が一番見甲斐があるからね。 川にアリゲーターがいるという設定もダイナミックでいいじゃない。おまけにこのアリゲーターが人を食いまくってるというね。ゾンビアポカリプスでも動物は影響受けてないようだから、野生のアリゲーターの食い物はありそうだし、飢えてなさそうだけど、どうやらこのアリゲーターは飢えているようで、ゾンビ食いまくってるよ。いくらアリゲーターでも、そんなに次から次へと何体も食うのか?

ゾンビがワニに食われるっていうのも夢があるよね。サンゲリアではゾンビVS鮫があったけど、逆にゾンビがワニ食っちゃう設定にはならないのかしらね。本家ではトラ食ってたがな。トラ食えるならワニも食えるだろ、お前ら。

まあジョンはきっと生き残ると思うので心配なさそうだけど、この危機をどう乗り越えるか見ものですね。

これはもうゾンビの群れを連れてきて、ワニを襲わせる。その間にジョンとアル中が抜け出すというのが見てみたいな。

さてその他のメンバーですが、今回はなかなか面白かったです。というのも、因果応報という仏教的教義がアメリカで見られたから。「何人助けしてんだこいつら」とか思ってたけど、それが実った回だったんですね。

道端に物資の箱を置いていたのは、トラック運転手のおじいちゃんであるクレイトンで、結局自分が善行をしていたことから、最後はルシアナがその箱からビールを手に入れてクレイトンに飲ませて最後の願いをかなえてあげるという美話ですよ。これが言いたかったんだよね、フィアーは。はよ言わんかい。

とはいっても、この黒人女性の意図するところがよく分からなくて、まぁ彼女を今の彼女の精神状態にたらしめたトラウマ的イベントがあったと想像できるけれど、モーガンさぁ、攻撃してくる人まで「助けてあげる」とか言わなくていいよ…そこまでしてる場合じゃないと思うの、どう考えても。

SWAT装甲車がすごい勢いで迫ってきましたが、果たしてどうなったのでしょうか。

次回14話の感想を読む