ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想、商品レビュー、世の中のお話

【クリミナル・マインド】シーズン13感想:視聴率大幅ダウンはホッチとモーガン不在のせい?

クリミナルマインドシーズン13あらすじ感想

Criminal Minds/CBS

【クリミナル・マインド】シーズン13を完走しました。

シーズン11でモーガン役シェマー・ムーアが自発的降板詳細ここ)をし、シーズン12でホッチ役トーマス・ギブソンが解雇による降板詳細ここ)をしたことで、ドラマの存続が懸念されたクリミナル・マインド。

もちろんエミリー・プレンティス役パジェット・ブリュースターがシーズン12でホッチの代わりにチームリーダーとして戻ってきたり、スピンオフの【クリミナル・マインド国際捜査班】のマシュー・シモンズ役ダニエル・ヘニーが本家のチームメンバーとして加わったりと明るいニュースもありました。

しかしホッチとモーガンという主軸二人の降板は大きかったようで、その影響は2人が消えた後のシーズン13の視聴率がマイナス23.25%であったことからも伺い知ることができます。

シーズン14の視聴率はそこからさらにマイナス18.50%と下降し、400万~500万人とピーク時の半分にまで落ち込んでしまいました。

そして【クリミナル・マインド】はシーズン15をもって15年の歴史に幕を閉じることとなりました。

 

【クリミナル・マインド】シーズン13感想

実は私もモーガンとホッチが2人ともいなくなってしまったことで、クリミナルマインドをしばし見なくなってしまったひとりです。

別に「ホッチが出ないなら観ない」と武闘派をきどっていたわけではなく、いつのまにか観なくなってしまっていたんですね。

ホッチ退場後もシーズン12はなんとか見終えて、シーズン13も途中まで観ました。シーズン15の第5話で再びモーガンが姿を現してくれたあとくらいからだなぁ、観るのをすっかりやめてしまったのは。

やはりモーガンが出てきてモーガンの存在感の大きさを感じ、その喪失感の大きさに気付いて見る気が起きなくなってしまったのかもしれません。

モーガンだけだったらまだしも、次いでホッチもですよ?本来の主役であったギデオンが「こんな残酷なドラマだったなんて聞いてない!」みたいにワガママいって初期シーズンで降板してったあと、ドラマを牽引してきた真の立役者がいなくなったら、そら観る気起きなくなりますよ。

ホッチは製作スタッフと喧嘩して足で蹴って(本人は足が当たっただけだと主張している)しまって解雇されてしまったわけですが、ホッチいなくなったら番組は長続きしないであろうことはファンとしては想像できましたよね。

結果、視聴率ダダ落ちでキャンセルが決定してしまい、トーマス・ギブソンも「ざまあ」くらいに思ってるかもしれませんね。CBSも、こうなるぐらいならトーマス・ギブソンを謹慎処分のあと復帰させた方が良かったと後悔しているかもしれませんよ。後の祭りですけど。

シーズン15で終了というニュースを聞いて、それならばと再びシーズン13の脱落したところから復帰して観終わったところです。

さてシーズン13で新しく加わったダニエル・ヘニーは、スピンオフの【クリミナルマインド国際捜査班】からお引越ししてきた長身イケメンです。

スピンオフはゲーリー・シニーズ主演でしたが、やっぱりね…きっとすぐキャンセルになるだろうと思ったわ。クリマイは他にスピンオフ【レッドセル】も出しましたが、どちらもまったくダメダメでしたね。ドラマは有名俳優出せばいいってもんじゃないんですよ。

引っ越してきたダニエル・ヘニーが演じるのは、そのままマシュー役です。188cmのモデル体型、端正な顔立ちです。好きなんだけど、ちょっとルーク役のアダム・ロドリゲスとキャラ被ってるんだよなぁ。なんならダニエル・ヘニーだけ残して、アダム・ロドリゲスは要らないよね。なんとなく似合ってなかったし。

モーガンなき後にルーク(アダム・ロドリゲス)がその穴を埋めるものかと思いましたが、マシュー(ダニエル・ヘニー)が参加してからはマシューのほうがモーガンの後釜っぽい雰囲気でした。アジア系のマシューを入れてくれたのも嬉しいな。クリマイでは初めてでしたよね。

アジア系は西欧人に比べて自己主張が弱いので、アメリカのドラマでも有色人種の黒人と比べて圧倒的にドラマの露出が少ないです。アジア系女性として初めて「ニキータ」で主演をしたマギーQでさえ、白人女性リンゼイ・フォンセカとW主演という扱いでしたからね。

アイシャ・タイラーは続投でシーズン13では大体レギュラー出演しています。このポジション役は多くの女優が担当してきたけれど、アイシャ・タイラーが一番似合っていましたね。さすがベテラン。

それからエミリー・プレンティスはすっかりリーダー役が板についていて堂々たるものでした。半ばでFBIの上司の女性に嫌がらせを受けてリーダーを下ろされそうになるのですが、そのときのエミリー・プレンティスとリードの友情にも泣けた。

JJもエミリーを思いやってて素敵でした。JJも有能だけど、リーダーには向いてない感じしますよね。好きだけど。JJは顔も可愛いしスタイルもいいんだよねぇ。

タラ(アイシャ・テイラー)のFBI上司への応答なんてスーパークールで格好良かった。どんなに怒りが溜まっていてもこんな風にクールなコミュニケーションで主張できたら格好いいですねぇ~。日本語だと難しいかもしれないな。

あのFBI上司はちょっとトゥーマッチで白けましたけど。

視聴率が下がったのは、現在のクリマイメンバーのせいでは絶対ないと思います。やはりホッチとモーガンの降板が最大の敗因だと思います。

さらにシーズン13は天才リードの登場回数が圧倒的に少ない。気が付くとリードがいなくて、「え?ちょっとリードどこ?」という回ばかりだったような気がします。