ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想、商品レビュー、世の中のお話

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン5第16話最終回あらすじ感想

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドシーズン5第16話最終回あらすじ感想

アリシアのケツが見どころ

いよいよ「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」シーズン5の最終回がやってきました。

いよいよっていうか、いやいやっていうか。

でもね、毎週末フィアーに憤怒しているせいなのか、最近はフィアーを憎めない自分がいるんですよ。

全然関係ない話かもしれないが、「引きこもりの解決方法」ていうのをアメリカ人旦那に聞いたときに「軍事訓練みたいなのに無理やり引きずり出して痛めつけて怒らせるしかない」という一見暴論のような答えが返ってきた。

「怒らせる?引きこもりたちを?」と聞くと「そうだよ。さんざん泣き叫ばせたりして、とにかく怒りという感情を引き起こすんだよ。」

「またこいつワケわかんないこと言ってる」とそのときは一瞬思ったんだけど、自分がちょっとユーウツになったりしてみて少し彼の言っていることが分かるんだな。

喜び、悲しみ、怒り…人間らしい感情を抱かせることによって自分を取り戻すというか、覚醒させるというか。

なのでフィアーを見て「またアホなことしやがって!」「もういい加減にしろよお前たちは!」と毒吐きをすると、あら不思議、なんとなーく憂鬱が緩和される。

そんなドラマをどうして憎めようか。

フィアーは鬱の救世主。

でも断わっておくけど酷いデキですよ。

見どころって言ったら冒頭の画像にあるようにアリシアのケツだけですから。

 

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン5第16話最終回とあらすじ感想

冒頭、「フィアーザウォーキングデッド」というドラマから必死に逃げだそうとするドワイト。ギンプル(ショーランナー兼コンテンツのスーパーバイザー)の仕掛けた罠につまづいて転倒する。

「くっそーこのトランシーバーいくつあんだよ!」とトランシーバーを投げるドワイト。フィアーから逃げだせないことを悟ったドワイトは、SWAT装甲車の場所まで戻ってきて無人の馬6頭をゲットしたので仲間の農場に連れて帰る。

前回の話になっちゃうけどさぁ、アポカリプスの世界でSWAT装甲車と物資一杯のトラックを捨ててく馬鹿がいると思う?モーガン教だけですよ、そんな馬鹿どもは。

ふつうならガソリンを探しにいくでしょ? (そもそもSWAT装甲車はガソリンじゃなくてディーゼルじゃない?)ガソリンを入手して給油してから遠回りして農場に行けばいいじゃない?

アポカリプスにおける車って単なる移動手段と輸送手段だけじゃないでしょ?ウォーカー(ゾンビ)から身を護る盾でもあり、比較的安全に眠ることができるシェルターでもあるでしょ?ましてやSWAT装甲車なんて宝物をどうしてそう簡単に手放すの?

まぁいいや…そういうわけで馬を見つけたドワイトは、馬が生きてたから水(川)もきっとあるはずと農場に帰ります。

あのぅ…前回のエピソードで橋渡ったじゃないですかー。自撮りしてトムが落ちた橋。

あそこ、川だったじゃん。

川じゃない?

これ。川でしょ?川じゃない?川だよー。川だと思うなーおばさんは。

そのころ、モーガン達は農場のウォーカーたちを始末できるかどうか等で議論していました。でもヴァージニアにお助けコールしちゃったから、もうすぐ来ちゃうんじゃないの?そういうのはお助けコールの前に議論すべきなんじゃない?

ちなみにヴァージニアは817人いて、モーガン達は41人いる。817人てかなり多いですね。救世主たちは何人いたんだろう。

ヴァージニアたちは人数も多く広範囲で活動しているので、モーガン達を受け入れたあとはそれぞれ別の場所に配置させるため、モーガン達は離れ離れになるそうです。何でもいいけど。

あとヴァージニアは原則、無能や不具は受け入れませんが、モーガンが全員受け入れるように説得します。「いいわよ」と言ったけど、それを信じるモーガンもモーガンだよ。

そこへドワイトが馬連れて戻ってきます。そこで馬でゾンビを誘導していくことにします。同時にウォーカ―を利用してヴァージニアたちを思いとどまらせる作戦を実行することに。

「お助けー」とか言っといたくせに何ですけどね。

誘導係は、ドワイト、ジョン、ジューン、ストランド、ダニエル、モーガンと・・・グレイス・・・?

病人を馬上に乗せて連れて行くなよ。

おかしいだろーがー!歩くのが辛そうなほどだったのに、なんでウォーカー誘導のために騎馬しなきゃなんねんだ!

病人なのにわざわざ騎馬

モーガン「ヴァージニアも仲間も殺さない。彼らを包囲して必要な物資だけを奪い、俺たちに構わないように説得するんだ。いいな?」

まーたミッションインポッシブル言い始めた。

ウォーカーの大群で囲んでおいてヴァージニアたちを「殺すな」ってさぁ、一体どうやって実現するの?

一方、農場では、とつぜんウエスタン調の音楽が流れ始める。何やこのコメディ感。Zネイションで観たような気がするな。

そういえば、フィアーのショーランナーがミュージカル調のエピソード製作にも乗り気とかいうニュースが流れてました。絶望しそうになったけど、もうミュージカル調も案外いけるかもしれないよ。何でもいいやもう。

ヴァージニア達がSWAT装甲車までやってきたので、ウォーカーの大群を誘導しようとしたら、皆忘れていたルシなんとかがいたとか何とかでウォーカーの大群を放つ計画は中止に。

え?だってヴァージニア達は殺さないんでしょ?ウォーカーの大群を放っても。じゃあ中止にしなくていいじゃんね?

それに中止したってルシ何とかが人質なのは変わらないし、むしろウォーカーを放ってカオスにしたほうがルシ何とかが逃亡できる可能性が出てくるじゃん。

ダニエルいつからそんなやわな考え方する男になった?

ウォーカーの大群を羊みたいに円陣にまとめていたモーガンwithグレース、ドワイト、ジューン、ジョン。

どうでもいいけど数百人いたはずのウォーカーが30〜40人くらいになってる。雑だなおい!!

ドワイトの馬がウォーカーに囲まれ始める。

ウォーカーが馬をずっとナデナデしてる隙にドワイトがジャンプして降りる。

ウォーカーはいつから馬を食う前に撫でるようになったのか。

ストランドはダニエルから装甲車のスターターをとってヴァージニア達のもとに一人で行っちゃう。

ストランド、また裏切っちゃうか?裏切っちゃえ。裏切っちまえー!!

ゾンビ大群はドワイトを追って川までくるけど、ジョンとジューンとグレイスが馬のまま川を渡ってゾンビたちを川に流す。このシーンはけっこう良かった。

ヴァージニアたちと戦わずに農場に戻ってきたモーガン達。200人以上いた元居住者たちはヴァージニアたちに殺されたことが判明します。彼らはヴァージニアのオファーを断ったからではなく、戦ったために殺されたようでした。

アリシア「私たちだけでなんとかできるはず」

モーガン「多勢に無勢だ。武器弾薬もない。」

アリシア「あきらめるの?」

モーガン「違う。全員生き残るんだ。俺たちは大勢を助けてきた。死んだら無意味なことに。」

ドワイト「だから何だ?ヴァージニアの言いなりになるのか?」

モーガン「違う。ヴァージニアは俺たちを引き裂くだろう。だが俺たちのしてきたことを忘れさせることはできない!キリッ!

ハアッ!???

なんだこの差し迫ったピンチでの精神論。

モーガン「まだ時間ある」

チャーリー「なんの時間?」

モーガン「俺たちが目指してきた生き方をする時間だ」

だから何だよそれっ!なんでいつも曖昧な台詞回しなの!?

ウォーキング・デッドでもスコット・ギンプルがショーランナーになってから、回りくどいよく分からない台詞が増えて苛々したっけな。

こういうのをギンプル語と言います。

で、「俺たちがしようとしてきたことをする時間」ていうのは何かなーと思ってると…

アリシアとウェスが小屋にペンキ塗り始めた。

こいつら、食料や水を持たずにペンキ持ってたんか?

それからジューンとジョンの結婚式やった。

ダニエルとグレイスが歌手なので、このまま次シーズンでミュージカル調が実現しそうで怖いです。

そしたらヴァージニアがきて皆バラバラに連れられて行った。

・・・バラバラになるくらいなら、さっさと逃げてたら良くない?

馬乗ってトラックに戻って必要な物資もって逃げれば良くない?トラックから降ろして物資を草むらに隠すとかさぁ。

そもそもSWAT装甲車のディーゼルとトラックのガソリンなんで用意してなかったわけ?

油田を取り合ってたように、そんなに燃料足りてなかったの?それなのに段ボール箱配って貴重な燃料無駄にしてたんか!

で最後はモーガンだけ一人残されてヴァージニアに撃たれちゃうんだけど…酷いよー。

酷いって「モーガンを撃つなんて酷い」という意味じゃなくて、ひどいんだよ!

撃つ前にモーガンに棒で打たれるヴァージニアも意味不明だし…

無理やり相討ちにしなくてもいいよ、もう。

棒で打たれる前に撃てたよね?

ヴァージニアと一つだけ共感したことは、ヴァージニアがモーガンに

「あんたの顔見てるとムカつく」

と言ったことですかね。#metoo

モーガンは左胸あたりを撃たれてるんで重症。ウォーカーも7体くらい迫ってきています。かなり失血していたし死にそう。

だけど死なないだろうなきっと。クリフハンガーにして視聴率を稼ぐための小手先戦略だと思う。

ウォーキング・デッドでもあったでしょう?シーズン6の最終回で、ニーガンキルが誰か・・・というクリフハンガーで終わって、シーズン7の第1話がウォキデ史上1位か2位の視聴率になった。

それを狙っているんじゃないかと思う。ウォキデのときは視聴率自体は跳ね上がったものの、視聴者はクリフハンガーに大ブーイングで、その後は着々と視聴率を下げていきました。それに味をしめてグレンの死ぬ死ぬ詐欺を繰り返したりもしました。最低だよ。

モーガンが本当に死んだらビックリだけど。あれ?モーガン、リック映画3部作に出ないの?

モーガンが死んでも悲しくないけれど、もしこれで死んだとしたら、これまた憤りを感じる。本家ウォーキング・デッドのオリジナルキャストでシーズン1から登場していて、リックを助けた重要な人物ですよ?それがこんなジャングルクルーズのガイドみたいなヴィランだか何だかわからない相手に殺されるとか…納得いかないよね。

本家ウォーキング・デッドのシーズン8で○○○が殺された時と同じだよね。同じ轍を踏んでる。

あと、放射能被ばくで死にそうだと思われたグレイスですが、なんと病気ではなく妊娠だって・・・何この展開・・・放射能による妊娠か、ああそうか。

ジューンが甲状腺のエコーあててたけど、症状から妊娠を疑うとか、妊娠の可能性とか聞かないのかなぁ。

というか、これは弱者切り捨て派のヴァージニアに改心させるきっかけというか、考えさせるためのプロットなんだろうけど、全然説得力ねえなー。

予想ではモーガンは誰かに助けられるのではないかしら。ファンはマディソンがまだ生きていてマディソンに助けられるのでは?という希望を抱いているようだけど、同時にマディソンを今のフィアーに出すのは酷という意見が多いし、マディソン役のキム・ディケンズも出たくないよね、こんなヘッポコドラマ。

次にシェリー(ドワイト嫁)が助けるという意見もあるけど、シェリー役の女優さんがウォーキング・デッドに復帰する意図はないと言っていたし、同じようにこんなクソドラマに出ようと思わないでしょう。まぁ似たような女優さんを起用するという手もあるだろうけど。ドワイトのストーリーの結末も見たいから、シェリーだといいねとは思う。

あとは段ボール箱の恩恵を得た見知らぬ人たち。それなら段ボール箱を撒いていた甲斐があるでしょう?ふつうならそうやって回収するべきだと思うけど、フィアーだからなぁ・・・

それにしてもフィアーがシーズン6まで更新されるとは、世も末だな。でもアリシア役の女優さんは降板が決まっていたはず。

スコット・ギンプルが越してきたシーズン4から、フィアーは明らかにウォーキング・デッドのシーズン7と8と同じようになってきました。

モーガンは相応しくない死に方をし(死んだとしたら)、キャラはモーガン教の信徒と化してミニモーガン同然、おもしろいキャラになりそうだったジョン・ドーリー(ギャレット・ディラハント)は禅の境地に達してソウルレス、アルはつまらないドキュメンタリー動画を持ち込み、何を犠牲にしても人助けを優先する信条は退屈で場違いの極致、ギンプル語炸裂(何を言ってんのか90%は分からん)…

シーズン5はシーズン4より悪かった。シーズン4は少なくとも毒盛り女と戦ったやん!

毒盛ってます

毒盛られた!

本家ウォーキング・デッドの最悪シーズン7と8だって、少なくともニーガンという超悪党がいて、悪党と戦おうとしたよね?でもフィアーって悪党という悪党もいないし、対立という対立もないし、何を観てきたのかさっぱり分からん。

シーズン3のダム爆発でマディソンだけ生かし、マディソンがニックとアリシアを探す旅という方向性のほうが良かったよね。大失態。

もしかしてこれウォーキング・デッドのゴミ集積場に住んでるモーガンがみている悪夢ってこたないの?

シーズン4と5はもう忘れたい。

一週間後は「ウォーキング・デッド」シーズン10が開始します。