ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想、商品レビュー、世の中のお話

新作海外ドラマ【SEE 暗闇の世界】第1話あらすじ感想:ジェイソン・モモア主演ディストピアドラマ

f:id:oclife:20191107144254j:plain

See 暗闇の世界@Apple TV

海外ドラマ&映画ブロガーのmaribuさんが「ウォーキング・デッド」絡みで紹介していた新作ドラマ「SEE 暗闇の世界」がアメリカで放映されました。

Netflix、Hulu、Amazon等のネット配信サービスが次々とオリジナルコンテンツを放映するなか、今回紹介する「SEE 暗闇の世界」はApple TVから配信されます。

www.excite.co.jp

 

【SEE 暗闇の世界】 

この新作は、ウイルスにより人類がほぼ壊滅状態になってしまった未来が舞台。そんな中で生き残った人々は、なぜか全員盲目であった。ジェイソンは、その何世紀もあとに生まれた双子を持つ父親であり、人々と先導する戦士ババ・ヴォスを演じる。アルフレ・ウッダード(『Marvel ルーク・ケイジ』)が演じる総師パリスとともに、ババは、危険な女王から双子を守ろうとする。

Exciteニュース

このドラマの舞台は、ウイルスにより全人類がほとんど死亡した近未来。生存者は約200万人。生き残った人々、オール全盲

てっきり生き延びた人達がやがて全員盲目になったのかと勘違いしてたのだけれど、後半に出てくる女王の言葉や宗教的な仰せから察するに、盲目の人だけ生き延びたんだと思う。

人間は光(視力)を与えられたが為に破壊活動をして絶滅したという教義なので、この世界では視力自体が禁忌扱いになっている。

生き残った人々が全員盲目というと「ブラインドネス(2008年)」や最近のNetflixオリジナル映画「バード・ボックス」を想起させる。「バード・ボックス」は「それ」を見たら死んでしまうので目隠しをして視力を封印した状態で登場人物がすったもんだし、やがて見つけた安住の地はやはり全盲の人だらけだった。全盲の人は自動的に生き延びたので、このドラマと親和性が高いかもしれない。

さて全盲で敵と戦うのが可能な事は座頭市やイーライが証明してくれてるので特に心配ない。アルケミーの村民たちは戦闘能力は「ドント・ブリーズ」の退役軍人の爺をゆうに超え、急な山の勾配での戦だってこなす。「グレートウォール」のバンジージャンプ隊員を再現する戦士もいる。

 

【SEE 暗闇の世界】第1話あらすじ&感想

ウイルスにより人類の殆どが壊滅したディストピア世界。生存者たちは全員盲目であった。

アルキニーの山岳地帯にはジェイソン・モモアが住んでいた。まるっきり「ゲーム・オブ・スローンズ」の盲目のカール・ドロゴだった。

f:id:oclife:20191107191542j:plain

ナチュラルボーン歌舞伎顔ジェイソン・モモア(ババ・ヴォス役)

モモアの左眉の本物の傷から繋がるように額に傷を延ばしたメイクが雰囲気出てる。先日のハロウィンのときに子どもの顔にリアルな傷メイクアップを施したんだけど、けっこうやるのが面白いの。

見たい?見てみる?じゃあちょっとだけ。本当は目のすぐ下から始めたかったんだけど、目に入ると痛いと思って、ちょっとずらしている。周りから「リアルすぎ」と好評でした。次回は親子で血みどろになって界隈の日本国民を驚かせてみたいと思います。

f:id:oclife:20191107193518j:plain

G2

ジェイソン・モモア演じるババ・ヴォスの妻マグラ(ヘラ・ヒルマー)は、洞窟内で分娩中。産婆役をかって出ているのはパリス(アルフレ・ウッダード)。

マグラは実は9か月前くらいに突然村にやってきた新参者で、すでに妊娠3か月だった。つまりお腹の子はババ・ヴォスの子ではない。ババ・ヴォスは子どもができないので、マグラと結婚してお腹の子は自分の子として育てようと決めていた。

パリス(アルフレ・ウッダード)は「アレコレウッダード」とか何とか言いながら、マグラからお腹の子の実父の名前を聞き出す。実父の名はジェレラマレル

ババ・ヴォスたちは視力以外の聴覚・嗅覚が冴えに冴えわたっており、何キロも離れた人馬の足音や臭いまでわかる(およその人数も分かる。)

彼らの山の麓の川沿いには、悪の女王ケーンが送り込んだウイッチファインダー(魔女探し屋)の数百人の軍が迫っていた。

f:id:oclife:20191107194545j:plain

ウイッチハンターの悪者の皆さん。好きな色は黒。私と同じ。

ババ・ヴォスたちは山の斜面でウイッチファインダーを迎え撃ちます。なかなか迫力ある。

「お前ほんとうに見えてないの?佐○河内してない?」と思っちゃうほどド派手な戦いぶりを見せてくれます。

「チェ」とか「チー」とかいう暗号を使ってコミュニケーションしたり、モモアが大笛吹いてみせたり、民族舞踊見せてくたりとまるで舞台を見ているかのよう。

目が見えないのにまともな戦いができるのかという懸念を逆手にとり、耳を澄ませて相手の行動を読んだり、全盲ならではの戦いが観れたのは収穫だった。

最後は岩崩しという奥の手を使って、当座は切り抜けたババ・ヴォスたちだが、ウィッチハンターはまだまだ大勢が川で待機しています

村に一旦戻ると、マグラに双子が生まれていた。双子の誕生を家族で喜んでいると、村民が集まってきて「ウィッチハンターがやってきたのは赤ん坊が目当て」と言って、マグラと赤ん坊を引き渡そうとする。

ジェイソン・モモアはこう見えても実はジェントル・ジャイアント(優しい巨人)なので、なにかと下剋上に遭いやすい。

ゲースロでは「女(カリーシ)の言うことに従うのはカール(蛮族のリーダー)にあらず」と部下に決闘を申し込まれるし、「アクアマン」でもハーフブラザーの弟に目の敵にされる。「ウォーキング・デッド」のニーガンやアルファのように恐怖統治をすると反乱が起きにくいが、なまじ優しさや隙を見せるとほぼ間違いなく反乱者が出てくるものです。

ババ・ヴォスが村民を相手に「お前たち最初の6~7人は絶対殺すー」と意気込むと、アルカ(参謀将校)、アユーラ(キリング・ロープ)、ボウ・ライオン(キル・ダンサー)の3名が「私はババ・ヴォスと共に戦う」といって味方してくれる。

それぞれQuartermaster、Killing Rope、Kill Dancerという肩書きが付いている。アルカはババ・ヴォスの直属部下的存在で、キリング・ロープというのはロープに強い戦士、たぶんバンジージャンプして突っ込んでいった人だったと思う。キル・ダンサーは踊りながら戦ってた人に違いない。

村民同士で一触即発の雰囲気の中、パリス役のアルフレ・ウッダードが「アレコレ・ウッダード!」と言いながら洞窟から出てきて村民を説得し、マグラを連れてきた謎の男ジェレラマレルが残していった秘密の裏ルートから全員脱出することにする。

f:id:oclife:20191107201729j:plain

アレコレ・ウッダード

裏ルートには要所要所にジェレラマレルからのメッセージが残されており、村民たちは森を抜け、橋を渡り、川を下り、滝を下り、やがて安住の地を見つける。橋のシーンも見どころ満載。

一方、古代中国男性のような辮髪姿のケーン女王は自慰をしながら天を仰いで「あ~んアーメン」と言ったりとよく分からないことをしている。

なんでもジェレラマレルは女王たちの使徒だったようで、女王の姉妹を殺した罪で死刑を宣告されていた男らしい。ジェレラマレルは妊娠中のマグラを連れて逃げ、ババ・ヴォスの村にマグラを置いて行ったのだろう。

ケーン女王がスピーチしていたように、この世界では「視力」が異端視されている。光(視力)を与えられたことによって人間は世界を滅ぼしたと考えている。

あらすじにあるように、双子の赤ちゃんは視力を持って生まれてきた。ジェレラマレルによって橋が作られていたことからも分かるように、赤ん坊の実父ジェレラマレルも視力がある。

したがって、ケーン女王たちはこの赤ん坊を狙うことになる。

ジェレラマレルの素性についてはここではネタバレしないが、2話ほど出演するようだ。

主演のジェイソン・モモアについて。

同族のドゥエイン・ジョンソン(ロック)がコメディから車、スコーピオン・キングや子ども思いのパパまで割となんでもこなす一方で、ジェイソン・モモアの活躍できる舞台は山・海・馬上と限られている。

しかしジェイソン・モモアは山・海・馬上が舞台であれば水を得た魚のように設定に同化できるので、このドラマにはうってつけ。

ケーン女王のしょぼさがちょっと情けなくもあるのだが、ウィッチハンターは悪者の雰囲気が出ていたし、スパイのような裏切者の存在や、謎めいたジェレラマレルの存在など、続きが楽しみなドラマのひとつになった。

世界観は言うことないけれども、悪の女王VSアルケミーの村民という勧善懲悪の構図は、優秀なドラマが多数存在するなかで些か物足りないので、これから物語がどう展開していくか見ものである。