ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いてる。

【ハンドメイズ・テイル/侍女の物語】シーズン2第10話ネタバレ感想:あの人と再会

ハンドメイズ・テイル侍女の物語シーズン2第10話感想

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語

Hulu発【ハンドメイズテイル/侍女の物語】シーズン2第10話のあらすじ感想です。

シーズン2もいよいよ佳境になってきましたね。シーズン1は全10話でしたが、シーズン2は全13話です。 

今回はいよいよ話が大きく動いてきましたよ。

心理的なアップダウンがすごいので覚悟して!

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語ってどんなドラマ?

ネタバレ注意

 

【ハンドメイズ・テイル/侍女の物語】シーズン2第10話あらすじ感想

エミリーの新司令官が死亡

侍女が自爆テロを起こし多数の侍女が亡くなったことで、皮肉にも死のコロニーから連れ戻されたエミリー。さっそく新しい司令官のもとに送られます。

これがまたかなりの高齢なんだ。えぇぇそんな高齢に子作りさせちゃうのギレアドは。予感は的中し、儀式の前にこのご高齢が心臓発作を起こして倒れちゃう。ここぞとばかりに死に体のご高齢司令官をキックキックキックするエミリー。

ということはエミリーはまた新しい司令官のもとに送られるんでしょうね。

ジューンがスーパーで話しかけた時も、もう心ここにあらず状態のエミリー。エミリーはかなり希望を失っているようですよね。エミリーみてるとヴィクトール・フランクルの名著「夜と霧」ばかり思い出しちゃうんですよね。

※夜と霧は、ユダヤ人精神学者が自らの強制収容所体験をつづった本です。

 

ジューンの小さな口撃

何もできないジューンですが、セリーナやフレッドにチクチクとまるで小姑のような口撃をしてくれます。

まずスーパーで陣痛が始まったと思ったら誤報だったりして、ワイフたち総出で子どもの誕生を待ちわびているセリーナはガッカリ。ジューンの「間違いだったみたい」という言い方も嫌味たっぷりで、ジューンの憎しみがこぼれ出てますね。

次いでジューンは勇気を出して、子どもが産まれた暁には「あなたの力が及ぶなら、ハンナと同じ地区に送ってほしい」 とフレッドにお願いします。ジューンは前話でフレッドが訪問したカナダで起きたことを知りませんが、知らぬうちにこれまたフレッドの痛いところを突きました。

ジューンの言葉に反応する肝っ玉の小さいフレッド「Who are you to tell me what's within my power!」なんつって小さくキレます。効いてる効いてる。

ジューンも負けてません。なんとお腹の赤ちゃんがフレッドの子じゃないことをバラし、「あなたは永遠に自分の子どもを持てないし、自分の子どもを持つことがどういうことか一生理解できない」とまで言います。

また殴られるんじゃないかと冷や冷やしましたが、のちほどジューンへの「お仕置き」はさらに過酷な方法でやってきます。そ、そんな…

 

ジューン再びレイプされる

ジューンにしてやられたセリーナとフレッド。お互いにジューンにしっぺ返しをしたくなり、考え付いた方法がなんとレイプ。「子どもが早く降りてくるように」と正当化して、いつもの儀式スタイルでレイプする。なにこの夫婦、気持ちワリぃ!

さんざんレイプしてきた挙句、臨月になってまたレイプ。このエンドレスな地獄はいつ終わるのでしょうか。 そろそろ本気で滅入ってきた視聴者も多いのではないでしょうか。

 

ニックの嫁イーデンが不倫

ニックのティーンエイジャー嫁イーデンがアイザックというウォーターフォード家の護衛の男と恋に落ちました。キスする二人をニックが見つめています。もちろんニックはイーデンに対して何の感情もありませんし、自分が相手をしなくて済むのでむしろ歓迎すべき結果かもしれません。

しかしギレアドでは不倫はご法度、司令官の男たちはどうか知りませんが「ワイフ」が不倫をしようものなら、コロニー送りか死刑は免れないでしょう。

ニックに見られたことに気づいたイーデンはすぐに謝りに向かいます。そこでイーデンはニックがジューンを愛していることにも気づきます。

 

ジューンが娘ハンナと再会

今回のエピソードの目玉イベントはこれです。なんとジューンが娘ハンナと再会します。

フレッドはニックにジューンを田舎の一軒屋に連れて行かせます。同時に「誰にも見られないように」とニックに念を押します。

何の説明もないまま、着いた先にはハンナの姿が…

フレッドがまさかジューンをハンナに会わせてくれるとは…と驚きましたが、おそらくジューンをレイプしたことへ償いの気持ちからだったのかもしれませんね。フレッドもよく分からないなー。あとはジューンへのかすかな恋心によるものじゃないかしら。

そんなハンナとの再会ですが、これがまた胸をえぐられるような再会でして、ハンナに「なんでもっと早く迎えに来てくれなかったの」と言われてしまいます。子どもの気持ちになって考えてみたら、やはりそう思いますよねぇ。

ハンナがここで「ママ―!」なんつってほのぼの再会だったらチープなドラマ化しちゃってたと思うんですけど、そこはハンドメイズ・テイルですね、リアル過ぎ。

そんでもってジューンはもう二度と会えないかもしれないことを考えて、ハンナに人生を楽しむように言います。ハンナは「また会える?」とジューンに聞きますが、ジューンは答えをあげることができません。

もう何なのこの精神拷問物語。

次回の感想を読む

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」は、Huluで見ることができます。