ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いてる。

ケダモノども、地獄へ落ちろ!レイプリベンジ映画おすすめランキング

f:id:oclife:20180130024945j:plain

発情アニマル(I Spit On Your Grave)


ケダモノども、地獄へ落ちろーレイプされた者やその家族が犯人に復讐を誓う。レイプリベンジ映画のおススメ作品をまとめてみました。(随時更新)

 

レイプリベンジ映画おすすめランキング 

 

14. アレックス(2002年)


アレックス プレミアム版 [DVD]


原題:Irreversible

モニカ・ベルッチとヴァンサン・カッセルが主演です。リベンジといっても、まったくスカッとしないどころか胸糞悪いまま終わりますので、逆にリアリティがあるかもしれません。トラウマ級のレイプシーンと暴力シーンが2箇所くらいあるので、閲覧注意です。

 

13. ダーティハリー4(1983年)


ダーティハリー4(字幕版)

 
原題:Sudden Impact

クリント・イーストウッドの代表作ダーティハリーの第4弾はレイプリベンジものです。

  

12. レイジング・ブレット 復讐の銃弾(1996年)


レイジング・ブレット 復讐の銃弾 [DVD]


原題:Eye For An Eye

24のジャック・バウアーでお馴染みキーファー・サザーランドがレイプ犯を演じています。母親(サリー・フィールド)がレイプされた娘の仇を取ろうとします。キーファーが演じる犯人の憎たらしさが光る作品。

  

11. 復讐少女/The Seasoning House(2012年)


復讐少女 [DVD]


原題:The Seasoning House

B級っぽい軽いタッチのパッケージに騙されないで欲しい、滅茶苦茶ダークで重いドラマです。

バルカン半島の小さな町の住民を民兵が虐殺し、若い娘や少女を拉致して性奴隷にしています。そのうち一人の少女はリーダーに気に入られ、売春宿で女性たちの面倒を見させられていますが、ある出来事をきっかけについに逃亡を図る話。

 

10. 女盗賊プーラン(1994年)


女盗賊プーラン 上下巻セット


原題:Bandit Queen

プーランは、インド北部の低カーストに生まれました。11歳で児童婚、15歳で多数の男にレイプされ、実家に逃げ帰るもそこで暴行に遭うプーランは、我慢の限界に達し、盗賊団を結成して男たちを虐殺します。仮釈放後、33歳で国会議員にまで成ったプーランの壮絶な半生を描いた作品です。

とにかく若きプーランが次から次へと性的暴行や虐待の日々また日々で、悲惨さに目を疑います。

 

9. スリーパーズ(1996年)


スリーパーズ [DVD]

 
原題:Sleepers

ブラッド・ピット、ケビン・ベーコン、ダスティン・ホフマン、ロバート・デ・二―ロといった実力派俳優によるレイプリベンジもの。少年たちのちょっとしたイタズラが悲劇を招き、4人の少年たちは少年院に送られてしまいます。そこで看守たちに何年も性的暴行を受けた少年たち。やがて大人になった4人は、かつての看守たちに偶然再会し、復讐を誓います。

 

8. 鮮血の美学(1972年)


鮮血の美学(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]


原題:The Last House On The Left

レイプリベンジものとしては外せない一作。アイ・スピット・オン・ユア・グレイブとほぼ同じ話ですが、鮮血の美学オリジナルは犯人たちの狂気が恐ろしいです。脚本、監督ともにウェス・クレイブンです。

 

7. 狼よさらば(1974年)


狼よさらば (字幕版)


原題:Death Wish

チャールズ・ブロンソン主演「Death Wish」シリーズの第1作目。ブロンソン演じるポール・カージーの伝説はここから始まります。昔はこのシリーズが夜9時からの洋画劇場でよくやってたもんで、よく見ていました。

44年の時を経て、2018年3月にブルース・ウィリス主演で本作がリメイクされますよ。監督はイーライ・ロス。期待したいです。

 

6. 発情アニマル(1978年)


発情アニマル アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ 1978 [DVD]


原題:I Spit On Your Grave

元祖レイプリベンジ映画。I Spit On Your Grave なんてタイトルもえらく格好いい。(邦題がちょっと・・・)2010年のリメイク「アイ・スピット・オン・ユア・グレイブ」もおもしろいです。湖で斧をかかげるシーンが神々しいほど美しい。

 

5. ロサンゼルス(1982年)


ロサンゼルス [DVD]


原題:Death Wish II

Death Wishシリーズの第2弾。前作で妻を殺され、娘を凌辱された設計士のポール・カージー。引っ越し先のロサンゼルスでも、メイドと娘が襲われてしまいます。 そんな悲惨てある?娘が可哀想すぎて、あのシーンはいまだに忘れられません。

4. REVENGE リベンジ(2018年)

f:id:oclife:20180610080434j:plain

REVENGE リベンジ

2018年7月7日公開予定のREVENGEリベンジは、これまでのレイプリベンジ映画とは一風変わった一作。レイプシーンは最小限なので見やすいかもしれない。ブラックコメディ要素があるのでお気に入り。

REVENGE リベンジの感想を読む

 

3. ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト(2009年)


ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト -鮮血の美学- (吹替版)


原題:The Last House On The Left

「鮮血の美学」のリメイク。鮮血の美学より大分トーンダウンしているので、こちらのほうが見やすいと思います。電子レンジの新しい使い方がクリエイティブでした。お母さん役にモニカ・ポッターです。

 

2. アイ・スピット・オン・ユア・グレイブ(2010年)


アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ [DVD]


原題:I Spit On Your Grave

「発情アニマル」のリメイクです。現代風なので発情アニマルより見やすいと思います。リベンジ方法がまたクリエイティブなので、スカッとした気分も味わえます。

 

1. 告発の行方(1988年)


告発の行方 (字幕版)

 
原題:The Accused

ジョディ・フォスターとケリー・マクギリス主演。私刑によるリベンジではなく、司法により法廷で裁くリベンジです。レイプ犯だけでなく、レイプ場面で周りではやし立てていた男たちも告訴するので、実際の集団レイプ事件にも影響を及ぼしたであろう問題作です。

個人的に大好きな作品です。ジョディ・フォスターの超絶色っぽいダンスシーンは必見。これはジョディ・フォスターじゃなければダメな作品。なお、検事役のケリー・マクギリスは、レイプ被害者でもあります。