ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想、商品レビュー、世の中のお話

【リンカーン・ライム:ボーン・コレクター】ドラマ版放映開始!あらすじと第1話を観た感想

リンカーン・ライムドラマ版

リンカーン・ライム:ボーン・コレクター@NBC

ジェフリー・ディーヴァーの人気シリーズ「リンカーン・ライム」のドラマ版の放映がアメリカで開始しました。

リンカーン・ライムといえば、映画「ボーン・コレクター(1999年)」で、わたくしの敬愛するデンゼル・ワシントンがリンカーン・ライムを演じて大ヒットしていましたね。あれから、もう20年も経つのか…

映画版ではリンカーン・ライムの重臣の女性警官アメリアは、アンジェリーナ・ジョリーが演じました。

雰囲気が類似した映画「セブン」も1996年製作でしたが、あの頃はスリラー・サスペンス映画も気合いが入ってた頃で、私も気合を入れて観ていたものです。 90年代の映画大好き。

デンゼル・ワシントン×アンジェリーナ・ジョリーという二大スター競演のスリラーをドラマ化という大それた企画でございますが、果たしてその出来栄えやいかに。

 

【リンカーン・ライム:ボーン・コレクター】ドラマ版放映開始

原題はLincoln Rhyme: Hunt for the Bone Collectorとなっています。

タイトルから分かるように、シーズン1はボーン・コレクターを追う話です。

シーズンごとに犯人を変えていく予定なのかな。

「リンカーン・ライム」シリーズ原作はこれだけ出版されているので、ドラマが軌道に乗るとこれが全部観れるかもしれないと思うと嬉しいですね。

ジェフリー・ディーヴァー原作「リンカーン・ライム」シリーズ

ボーン・コレクター(1997)The Bone Collector

コフィン・ダンサー(1998)The Coffin Dancer

エンプティ・チェア(2000)The Empty Chair

石の猿(2002)The Stone Monkey

魔術師(2003)The Vanished Man

12番目のカード(2005)The Twelfth Card

ウオッチ・メイカー(2006)The Cold Moon

ソウル・コレクター(2008)The Broken Window

バーニング・ワイヤー(2010)The Burning Wire

ゴースト・スナイパー(2013)The Kill Room

スキン・コレクター(2014)The Skin Collector

スティール・キス(2016)The Steel Kiss

ブラック・スクリーム(2017)The Burial Hour

カッティング・エッジ(2018)The Cutting Edge

全部は読んでいないけど、私のベスト1はやっぱり「コフィン・ダンサー」です。「ボーン・コレクター」が映画化されたのに何故「コフィン・ダンサー」が映画化されなかったのか不思議で仕方ない。 

思えば映画の方もヒットしたし、デンゼル×アンジェリーナのコンビが素敵だったので続編を期待していたのに、その後一向に続編の音沙汰なしで、ファンはがっかりですよね。

これについて原作者ジェフリー・ディーヴァーが2013年にインタビューで「リンカーン・ライムの権利の法的な問題があるために映画の続編がなかった」と語っています。

ドラマ版が製作されたので、「リンカーン・ライムの権利の法的な問題」は解決したのでしょうかね。

やっぱりデンゼル×アンジェリーナのコンビで全作の映画が観たかったなぁ…

あの頃はアンジェリーナも素敵だったんですよ。

 

【リンカーン・ライム:ボーン・コレクター】あらすじと感想

気を取り直して、ドラマ版で四肢麻痺の元科学捜査官リンカーンと女性警官アメリアを演じるのはこの二人です。

リンカーン・ライムドラマ版キャスト

リンカーン・ライム(左)とアメリア(右)

うーん、誰だろう。

おじさん、知らないやこの二人。

リンカーン役はラッセル・ホーンズビーさんという方で、映画「フェンス(デンゼル主演!)」に出演しているらしいが、基本的にドラマに多数出演しているドラマ俳優のようですね。

あと「クリード」に出てたよね?映画は観てないけど予告で観たことがある。

どうしよう、ぜんっぜんオーラがない。

映画版のリンカーンのイメージが定着しているので、どうしてもデンゼルと比較してしまうし、比較しなくともこの方に全然魅力を感じられずにいて困る。

せめてイドリス・エルバくらいの人を起用できなかったのだろうか。フォレスト・ウィテカーでもいけるかも。

リンカーンは四肢麻痺なので、詰まるところ顔が命なわけですよ。イケメンとかブサメンとかそういうことじゃなくてな。デンゼル・ワシントンのように顔だけで男のロマンを表現できる人じゃないと務まらないわけ。

でもこの方だと…喜も怒も哀も楽もなく「お前、本当は動けるやろ?」としか思えないんだよ!御免な!

幸先思いやられる。

そして花形のアメリアを演じるのはアリエル・ケベル。こちらもTV出演ばかりのドラマ俳優なので、オーラ全然ない。

映画界の没個性が顕著になってきて久しいけど、ドラマ界も同じだよね。

「ブラックリスト」のエリザベス役メーガン・ブーンが出たときに「何これ」とか思ったけど、もはや「ナニコレ」状態じゃなくて「ふーん」としか思えない。

それからリンカーンのお世話係のセルマはこの人。

セルマじゃなくてクレアだそうです

クレアさんには悪いんだけど、セルマ(クィーン・ラティーファ)みたいに大きい女性が良かった・・・

さて第1話ですが、コンビニドラマ(お手軽イージーなドラマ)らしく、早々にボーン・コレクターが登場して死体も出てという感じで、アメリアとリンカーンの機知に満ちた会話(小泉進次郎風に言うならセクシーな会話)なんか省略しちゃって、とにかくスピード勝負の展開です。

えー何これ。こんなのリンカーン・ライムじゃなーい。

だいたいNBCていうのがいけない気がするよ。リンカーンの雰囲気はどう考えたってHBOかHULUあたりが妥当じゃないですか?

ドラマではリンカーンが四肢麻痺になった事件もさらっと描かれています。四肢麻痺になったのはボーン・コレクターの仕業だったんですね。映画版でもそうだったっけ?

で、アメリアが線路で死体を確認して電車を止めて現場証拠品を確保するところなんかは同じです。但し、映画のような重厚な雰囲気もなければ、おどろおどろしい様子もなし。

ボーン・コレクターもそうそうに姿を現しているし。

製作されたこと自体は嬉しいけれど、これはどうかなぁ…キャンセルされそうな気もしています。

第1話はパイロット版といわれてて、通常は第1話で視聴者の気持ちを掴めないと…という感じなんですが、全然掴まらないや…第2話以降観るかどうかはまだ未定です。