ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

白人至上主義集団に潜入捜査!『インペリウム』映画のあらすじ&感想

f:id:oclife:20161219080720j:plain

サスペンス映画「インペリウム」を視聴しました。

2016年の作品です。

アメリカのホワイト・スープレマシスト(白人至上主義団体)にFBI捜査官が潜入捜査するお話です。

主演はハリーポッターのダニエル・ラドクリフ。

え?

主演はハリーポッターのダニエル・ラドクリフです。

映画ポスターだけ見ると、「誰?」てなりますね。

アメリカでは当局が把握しているだけで110以上の都市にKKK支部があります。

私の住んでいるカリフォルニアは、アジア系やメキシコ系など多様な人種が存在していて、リベラルなエリアとされています。しかし、それでもトランプ大統領が当選したとき、ホワイト・スープレマシストの人たちが登場して小競り合いがあったのをニュースで見ました。

怖いです。

KKKは以前「日本は単一民族だから人種間の問題が発生していない、単一民族万歳!」なんて日本について言及したこともあります。日本人は日本人以外を認めない、なんて誤った認識をしているのかもしれません。

KKKのメンバーの数は年々減少していますが、メンバーでなくても、一個人がホワイト・スープレマシストの大義に共鳴して事件を起こすケースは増えています。国内テロです。

したがって、アメリカは外部からのテロだけでなく、内部からのテロも監視、捜査しています。

さて、本作「インペリウム」は、事実に基づいています。この映画のモデルとなったFBI捜査官は、マイケル・ジャーマン氏。FBIで16年間勤務した後、ある事件でFBIのミスを内部告発し、辞職しました。

ジャーマン氏は、FBIに入局したあと、詐欺やホワイトカラーの事件を担当していました。そんな時、上司がオフィスに来て潜入捜査の仕事をもちかけられたそうです。

最初の潜入捜査はロスアンゼルスにあるスキンヘッドでした。

 

『インペリウム』のあらすじ(ネタバレなし)

ある日、若きFBI捜査官ネイトのもとに上司がやってくる。ホワイト・スプレマシストの潜入捜査をもちかけられたネイト。現場経験もなく戦い方さえ知らないネイトは最初はオファーを断るが、上司の説得もあって「何かを変えたい」という思いから、潜入捜査をすることに。

FBIの協力者を通じて、スキンヘッドに接触を試みるネイト。そこから他のホワイト・スプレマシスト団体にも接触していき、誰かがどこかで事件を起こそうとしていることを嗅ぎ付けるが…

といった内容です。

 

『インペリウム』の感想(ネタバレなし)

まず一番先に突っ込みたいことは、主役。

白人至上主義集団といえば、KKK、ネオナチ、スキンヘッドなど。

白人しか認めない超危険な団体です。

そんな危険な団体に潜入するFBI捜査官がハリポタのダニエル・ラドクリフだと?

ハリポタから卒業して、こんな役もできるというイメチェンを図りたいのは分かります。

でもハリポタのダニエル・ラドクリフはさすがにないわー

別に嫌いではないんですが。

ダニエル・ラドクリフは背も小さいし、体も小さい。身長は165㎝しかありません。

あんな華奢で元マリーン(海兵隊)って言っちゃって、ホワイト・スープレマシストの怖い皆さんに通用するんでしょうか。

一応、身長体重制限は通るとしても、実際にギアを装着すると小柄な体にはかなりの負担です。

米兵士のギアは27kgくらい重さがあります。

女で脆弱な私が旦那の防弾チョッキや銃を持っただけで、フラフラします。

とにかく重い!!

髪の毛をスキンヘッドにしたり、意気込みは感じられましたけど。

f:id:oclife:20161219080844j:plain

Photo by Jacob Coppage - © 2016 - Lionsgate Premiere

ハリーいやダニエルの口からニガーだとかファッキンだとか汚い言葉が出て来ると、非常に違和感がありました。

 

映画はけっこう淡々と進んでいきます。

何度かハラハラするシーンもありますが、そこは主人公の頭の回転の良さで切り抜けます。でもダニエル・ラドクリフがもろ「ヤバイ、バレたか…」みたいな表情をするので、私がホワイト・スプレマシストのおっさんだったら確実に見破っていたと思うわ。

f:id:oclife:20161219080916j:plainPhoto by Jacob Coppage - © 2016 - Lionsgate Premiere

トニー・コレットも出演していますが、映画の中でずーっとガムをくちゃくちゃしているのが気になりました。

f:id:oclife:20161219080930j:plainPhoto by Jacob Coppage - © 2016 - Lionsgate Premiere

せっかくの良い題材を映画にしたのに、なんだか失敗しちゃったなーという感じ。

主役だけじゃなくて、物語に強弱がなく、随所にハラハラするシーンを入れただけという感じなので、重みもなく、主役の葛藤が垣間見えるわけでもなく、なんだか中途半端な映画になってしまいました。

 

主役をコリン・ファレルにして、作り直すのがいいとおもう。

 

評価:40点

 

潜入捜査なら The Infiltrator が面白かったです。

実際の麻薬潜入捜査を描いた映画「潜入者」のあらすじ&感想 (ネタバレなし)