ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いている国際結婚&アメリカ在住キョドラーのブログです。

【ウォーキング・デッド】シーズン8第8話の感想:死んだのはあの人・・・第2回アンケート調査

ウォーキング・デッドシーズン8第8話ニーガン

Photo by Gene Page/AMC

【ウォーキング・デッド】シーズン8第8話の感想です。

前半戦のフィナーレ(ミッドシーズン・フィナーレといいます)です。ウォーキング・デッドは中休みをとって、2月に第9話が放送されます。

一番最後にウォーキング・デッド第2回視聴者アンケート調査がありますので、宜しければごご参加ください。ちなみにアンケートは、シーズン8の第8話の内容にも触れてます。

以下、ネタバレ注意

今回、死亡するキャラがいますので、未見の方はここでストップして下さい。

 

【ウォーキング・デッド】シーズン8第8話のあらすじ

イネドとアーロンはオーシャンサイドの女たちに協力を要請するために向かうけど、アーロンは女村のリーダーのバアチャンに捕獲されちゃう。するとイネドがアーロンを助けようとして、うっかりバアチャン撃っちゃう。

ユージーンの機転でアジトから逃げてたニーガンたち。リックとゴミは突然襲撃されちゃう。キャロルとジェリーが車でリックを拾ってレスキュー。ゴミは散り散りに逃げる。

ジェリー、キャロル、リックはそれぞれ車に乗って戻る。ジェリーは車を追突されて人質にとられる。リックはアレクサンドリアに、キャロルは王国に向かう。あれ?でもキャロルとジェリーは王国帰るんだったら一緒の車で良くない?なんで別々の車?

ニーガンとユージーンは救世者たちとアレクサンドリアを襲撃。

ギャビンはキングダムで王様探し。

マギーやジーザス達はニーガンの反撃を想定してアレクサンドリアに加勢に行こうとするも、道の途中でサイモンさん率いる救世者たちに囲まれ、ヒルトッパーを一人殺され、命令通り引き返す。

 

【ウォーキング・デッド】シーズン8第8話の感想

ニーガンは本当にいい笑顔しますよねぇ・・・あんな笑顔、真似できませんよ。

リックチームは本当に詰めが甘いんだよなぁ。ダリルとタラとモーガンでサンクチュアリの壁壊してウォーカーを流入させたのはいいけど、なになに、そのあとすぐ帰っちゃったの?ニーガンや救世者たちが死んだの確認しないで?

アレクサンドリアに帰ってきたミショーンとダリルたちですが、ミショーンがダリルに「襲撃に参加しなくてごめん」って言ってダリルが「心配ないからねー」って返すシーンがあるんだけど、この人たち、そんなこと言っている状況なんでしょうか。あんたら、悠長すぎない?

ダリルとタラが前回サンクチュアリにトラックを突っ込ませる時も、ミショーンとロジータとミーティングしているシーンがありましたけど、みんな、やけに回りくどいセリフを口にしてて、「ずいぶん悠長だなぁ・・・劇やってんじゃねんだからよ」なんて思ったんですよね。

今回はミッドシーズン・フィナーレで情緒的には訴えるものがあったけれど、すっ飛ばし過ぎてよく分からないところもありました。

まずニーガンたちがサンクチュアリをどうやって脱走したのか、前回の終わりから視聴者はずっと気になっていたところなのに、その回想や描写はまったくナシ。サイモンさんが「ユージーンの力と他の救世者たちのおかげで逃げられました」みたいに言うだけです。

なに、この肩透かし一杯感は。だったら最初っから思わせぶってサンクチュアリ囲んでるウォーカーの大群がいない!どうなったの!スナイパーも死んどる!リックの悲壮感漂うアップ!みたいなの要らんじゃないですかね。

救世者たちのアジトは潰したはずなのに、あれだけ多くの救世者、いったいどこにいたんですか?サンクチュアリの中?救世者たちがだいたい何人いるのかも分からないし、戦況がまったく分からないから感情移入しにくいですね。ドワイトが知らないアジトがまだまだあって、救世者はその倍いた!とかドワイトが知って愕然、「ヤバイヤバイヤバーイ!」つってリックたちのところに伝言届けようとするとか、戦況をちょっとぐらい入れて下さいよ。

さらにリックが死にそうになりながらも協力を仰いだゴミたちは、再びリックたちの利益になるような活動をまったくできないまま退散。あのリックの死闘とセミヌードは一体なんのためだったんだ。これまた肩透かし感が。

 

カールは逞しく成長しましたね・・・リック不在の危機的状況なアレクサンドリアで、自分が矢面に立ち、ニーガンの良心に問いかけるという勇敢さ。死を覚悟した人間は強いですね。ニーガンも元々は悪人じゃなかったでしょうから、ニーガンの心に響いていたのが見て取れましたね。ニーガンはカール好きだよなぁ。

でも一人で残ってあんなことしているし、「父ちゃんへ」の手紙まで書いている・・・しかも涙を流しながら・・・これはカールがコミュニティを去るということか、あるいは救世者に捕まってニーガンにバットで撲殺されるのか・・・と思いきゃ、下水道に潜り込んでセーフ。

ミショーンが皆と一緒に下水道に避難せず、アレクサンドリアの中に向かっちゃったので、これは・・・ミショーンが死ぬのか?そういやリックと付き合っちゃったし、恋愛モードになっちゃって人気も落ちちゃったから、死亡フラグかもしれんなと思ってたら、そうでもない。

こういうのヤメテ!心臓に悪い!でもミショーンは今回、従来のミショーンらしいぶった切りシーンがあったので少しスカッとしましたね。刀は突きができるのが強みですよね。刃こぼれとか錆とかの問題がなければ、軽いし、アポカリプスでは女性にうってつけの武器かもしれませんね。

追記:刀に詳しい読者の方からご指摘頂きました(記事下コメントをご覧ください)。刀は1kgもあるそうで、片手でヒョイヒョイ扱って生ものを切れるようなものではないそうです。ご指摘ありがとうございます。

さてマギーたちはマギーたちで、一人殺されただけですんなりヒルトップに戻りました。マギーたちのこの一連の展開がすごく嫌だったわ私。倒木を見つけた時点で、なんですぐに引き返すとかしないのかな。私だったら、車をゆっくり止まらせようとした次点で、サイドから撃たれると予想するんですけど。マギーもやけにゆったり構えていませんでした?救世者の数、そんなに多くなかったように思いますけど。

マギーにはあそこでサイモンさんの綺麗な首をガバッと押さえて、銃を突き付けて、「ジェリーを解放しなさい!」なんつって脅して欲しかったな。まあ、そこまではマギーにもできないでしょうから仕方ないですけど、ジーザスが何にもしないし、何にも言わないし、いまだに救世者皆殺しは反対モードだから、イラついてイラついて。ジーザスはますます嫌いなキャラになりました。

そして最後・・・う~ん、これは予想通りと言いますか、予想外と言いますか、まさかカールがウォーカーに噛まれてしまってたとは・・・泣きながら父ちゃんに手紙も書いていたので、前回のエピソードでウォーカー退治してた時に噛まれたのですね。だから言ったのに、危ないよって!!

それにしても、これはまた大胆な方向に舵を切りました。やがてはカールが大人になって、リーダーとして生きていくみたいな可能性の話も聞いていたので、その線は完全になくなってしまいました。

でもなんだか腑に落ちない設定ですよね。カールが残ってニーガンに対峙するなんて、ダリルもいたのに、カールにそんなことさせるかなぁ???カールはもう噛まれてたから、どうせ死ぬから自分ひとり残ったのは分かりますけど。

これまでのダリルの生き様を考えると、ダリルは自分を犠牲にしても仲間を守るタイプだし、ちょっと考えづらい設定だと思うんですよね。ドワイトの手引きで救世者たちを始末した後も、ダリルならみんなと一緒に下水道に行かないでカールが心配で一人でもアレクサンドリアに戻ったような気がするんだけど・・・あるいはミショーンと一緒に行くとか。こういうキャラのブレがシーズン6以降、目立つんですよね。

この数シーズン、ダリルはまったくいいところナシで、次々と早計な過ちを犯すキャラに仕立てているのもガッカリです。今のダリルの風貌も全然格好良くない。なんでダリルをこんなキャラにしちゃうのか。シーズン1~5のダリルはどこに行ったの?

カールの傷をみた時のリックの表情が忘れられません。これは何よりツライ・・・カールを失うということは、これまたグループにとって大打撃だと思うんですよね。グレンを失った時は、グループの良心を失った気がしましたが、今回カールを失うことは、希望を失うといってもいい気がします。うーん、まさかカールが死ぬとは。残念です。

しかもですよ、ニーガンに殺されるならまだ理解できたかもしれないけど、シーズン8まで生き延びてきて、新しく友人になったセディークさんと一緒に不必要なウォーカー殺しやった挙句にウッカリ噛まれてたとか、納得いかないんですけど・・・なんでウォーキング・デッドは、メインキャラに不毛な死を与え続けるのでしょうか。死は誰にでも思わぬ形でやってくるということを伝えたいのかもしれませんが、視聴者としてはかなり欲求不満になります。

カールを失って、ますますこの戦いが不毛な戦いに思えてきました。カールを失ったリックは戦う意味を見出せるのか・・・グレンが死んだ時は泣かなかったんですが、今回は涙が出てしまいました。何度見返しても、涙が出ちゃう。自分の子どもと重ね合わせてしまうんですよね・・・

カール役のシャンドラー・リッグズは、大学に行くために降板ということになっていますが、ドラマの降板は望んでいなかったようです。大学行きながら続けたかったのだと思います。ウォーキング・デッドの脚本家でもありショーランナーであるスコット・ギンプルの決断のようです。Facebookを見てみると、皆さん文句言ってますねぇ。「大きな間違いだ」とか、「何考えてんだ」とか。

さらにシャンドラー・リッグズの父ちゃんがFacebookで怒りを露にしていました。
「あと3年は契約して欲しいと言っていたのにシャンドラーの18歳の誕生日の2週間前にクビにするなんてガッカリした。私はギンプルもAMCもハナから信用していなかったが、シャンドラーは信用していた。シャンドラーは深く傷ついているはずだ。」と。

ノーモア・コーラルかと思うと寂しすぎるわ・・・

シーズン7でず~っとニーガンにイビられていたせいか、ニーガンとの戦いも飽きてきたのは私だけでしょうか?

追記:saviorsの邦訳は救世者じゃなくて救世主だそうです。以後、救世主でいきたいとは思いますが、救世者に慣れてしまっているので今後も間違ってしまうかもしれません。日本語字幕や吹き替えがないのでご容赦下さい。

次回9話の感想を読む

ウォーキング・デッドはHuluAmazonプライムビデオで視聴できます。Amazonプライムビデオはシーズン1~7まで見放題(月額400円)です。シーズン8は各エピソード100円~観ることができます。

 

【ウォーキング・デッド】シーズン8第2回アンケート調査

アンケートは終了しました。ご協力ありがとうございました。

アンケートの結果はこちら➡ウォーキング・デッドがつまらない!第2回視聴者アンケートの結果発表

ウォーキング・デッドシーズン8第8話ダリル

子ども好きなダリル Photo by Gene Page/AMC