ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている、ホラーを愛する国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン2 第13話 レビュー&感想(ネタバレ注意)

f:id:oclife:20160927013650j:plain

Photo by Richard Foreman/AMC

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン2 第13話 レビュー&感想です。

いや~ごっつムカつきましたわ~今回は。

予告を見た時点でもうムカムカムカ~!としてたので、大体予想はついてましたけど…あまりにもムカつきすぎる回でした。

クソすぎるクリスたち

クリスがクソなのはシーズン1からわかっていましたけど、ここまで腐れてくるとはね。

ブランドンたちがクソなのも最初からわかってたけど、クリスはそれ以上のクソだよね。メキシコ人の親父さんをあっさり殺しちゃった挙句に良心の呵責もない。

そのうえブランドンたちの仲間から離れるのが怖くて父トラヴィスに楯突き始めるどころか、ブランドンたちのかたをもつ。

重症を負ったジェイムズを足手まといと思ったブランドンたちがジェイムズを殺そうとしそうな雰囲気の中、トラヴィスが止めようとすれば Dad, why are you doing this?(どうしてこんなことするの)だと???

この腐れ外道が~!

さらに納屋のドアを閉めてジェイムズを殺させまいとするトラヴィスを油断させて入りこみ、トラヴィスに「ブランドンたちは幼馴染のジェイムズでさえ殺そうとしているのだから僕なんか何されるか分からない」と下手な芝居をしてトラヴィスを押さえ込み「いまだ!」とブランドンたちを呼ぶクソクリ。

え~~~!???何このDQN展開…

そんでブランドンがジェイムズの頭を撃って殺しちゃうという…わざわざ殺さなくても、置いていけば良くない?

そのときのクソクリの表情がもう堪らない。

もうトラヴィスが可哀想すぎる。いい人だし、いい親だからね。なんであんなサイコパスがとラヴィスの息子なのか分からないけど、もともとサイコ要素があってアポカリプスになって才能開花、ヒャッハーというところでしょうか。

とはいえ、クリスのサイコ化の引き金は、トラヴィスとの会話でも分かる通り、トラヴィスが感染した母親を撃ち殺したことにあるようですね。そう考えるとマディソンを殺そうとしていたのも分かる気がします。

自分の子がこうなってしまったらと思うと…何より辛いな…

ちゃんと腐れ仲間に殺された同じく腐れのジェイムズの墓まで作ってあげる、健気なトラヴィス。

そんなトラヴィスに泣けてきた…

次回は2時間スペシャル

あれ?次回2時間スペシャルで最終回?15話までなのかしら?16話かと思ってたんだけど。

最後ブランドンともう一人がマディたちのホテルにやってきたところで終わりますが、あれ?クリスは?

まだ生きてる~

予告でトラヴィスが「クリス!」と叫んでましたので、クリスはまだ生きています。

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドは、dTVで視聴できます。

初回31日間無料!作品数・会員数No.1の動画配信サービス「dTV」

次回の感想はこちら→【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン2 第14話 レビュー&感想