ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いている国際結婚&アメリカ在住キョドラーのブログです。

【ウォーキング・デッド】あの人の死を受けて最高責任者への批判が殺到中

Photo by Alan Clarke/AMC

ウォーキング・デッドはシーズン8の中休み中ですが、ファンは中休みどころではないようです。

先日、【ウォーキング・デッド】 シーズン8のミッドシーズン・フィナーレ(前半最終回)が放送されました。その中で、ある重要キャラクターの死がほぼ確実と思われる描写がありました。

その結果、本国アメリカでは、最高責任者スコット・ギンプルへの批判が殺到しています。

死んだキャラについて言及していますので、シーズン8の第8話を見ていない方はここで引き返してください。

ウォーキング・デッドのあのキャラを生き返らせる嘆願書開始

Facebookのウォーキング・デッドのページには、最高責任者スコット・ギンプルへの批判が殺到してます。

さらに、最高責任者スコット・ギンプルを解雇せよという嘆願書も開始されました。嘆願書のリンクはこちら(現在6万人強の署名が集められています)。

以前、ベスの死を受けて、同じように嘆願書が開始されました。この嘆願書がAMCやウォーキング・デッド製作側に影響を及ぼすとは思えませんが、ファンや視聴者の意思を示すという点では有効であると思います。

Facebookのコメントを見ても分かる通り、おそらくファンは、カールを殺すことにしたことだけを批判しているのではないはずです。ここ数シーズンのウォーキング・デッドの体たらくに少しずつ我慢を募らせていき、カールの死がトリガーとなってファンの鬱憤が爆発したのだと思います。

それは当ブログで開催したアンケート調査の結果からも読み取れることができます。私も兼ねてからシーズン7はつまらないと批判していますし、シーズン8になっても改善していないことで、シーズン8の感想はほぼ批判だらけになっています。

 

スコット・ギンプルがあのキャラを解雇?

ミッドシーズン・フィナーレで死ぬことがほぼ確実となったカール役チャンドラー・リッグズの父が、Facebookにこんなコメントを書き込んでいます。

スコット・ギンプルは彼にあと3年間はウォーキング・デッドにいてくれと言ったのに、誕生日の3週間前に彼を解雇した。私はAMCもスコット・ギンプルも信用してなかったが、彼は信用していた。彼は深く傷ついているはずだ。

また、チャンドラーは、自身のインタビューで、カールが死んだのはストーリー上必要なことで、カールの死が残されたキャラにとって意味を持つことになると言っていますが、カールが死ぬことによって成し遂げられることなんて何もないですし、むしろ失うことの方が多い。いや、すべてを失ったも同然なんすけど。

別にカールは好きなキャラというわけではありませんが、カールはおそらくもっとも需要なキャラだと思うのです。ある意味、主役のリックよりも重要なキャラです。カールはリックが戦う、生きる cause(理由)ですし、このアポカリプス世界を子どもながらにサバイバルしてきた、人々の未来、希望だからです。

カールさえ生きていれば、ウォーキング・デッドがたとえ終了したとしても、カールを主役にしてスピンオフが創れるわけです。フィアーみたいなクソつまらないスピンオフをさっさとキャンセルして、カールを主演にした新しいウォーキング・デッドの世界観を作れることだって可能です。(スコット・ギンプルはもうナシで)

カールのインタビューと、ストーリーの成り行きから考えると、カールが(突然)人道主義に転換していたので、おそらくカールの遺志をついで、リックたちはニーガンや救世者を皆殺しにしないことになると思います。

いまさら人道主義。再び劣勢どころか、アレクサンドリア壊滅されたのに、人道主義。バカじゃないの。そういうのは勝って全員トッ捕まえて投獄したあとに話すもんだ。

スコット・ギンプルもチャンドラー・リッグズも「ストーリー上」と言ってますが、実は見解が合わないだとか、人間関係のもつれなんじゃないの~なんて憶測も流れていますね。確かに唐突な死なので、その気持ちも分からないでもありません。ちなみにチャンドラー・リッグズがジョージア州の撮影現場近くにわざわざ家を買った矢先の出来事でした。

ニーガンや救世者たちに人道主義を貫いていくストーリーのためにカールを突然人道主義に仕立て上げて殺したわけです。ほんとうに突然でしたよね。セディークが出てきた時から?というか、そのためにセディークを間に合わせ的に作り上げましたよね。

別にカールじゃなくたってモーガンをその役に仕立てればいいわけですし、そのためのシーズン6と7だったんじゃないんですか?あ、あのモーガンのヨガ&ピースは、結局なんの役にも立たせないんですね、分かります。

ニーガンが殺されずに生き残るとなると、冗談でこの間コメント欄で書いたように、次なる敵と戦うためにリックとニーガンの夢の競演が見れる日がくるかもですよ・・・あるいはリックが死んで、ニーガンがリーダーを引き継いで行くか。最近はニーガンが単なる悪人ではないよアピールが多いので、ニーガンが心を入れ替えるという線もあるので、ニーガンがリーダーになる可能性もなきしにも非ずですね。

しかし俳優は辛いですね。役に入れ込み、自分なりにキャラに同化していくと、こうしたい、ああしたいという希望が出てくると思うんですよ。初期シーズンの頃は、ダリル役のノーマン・リーダスの希望をけっこう取り入れてくれたってノーマンが言ってましたね。その結果、ダリルのキャラは大ヒットした。

自分が演じるキャラの将来とか描くじゃないですか、きっと。一ファンの私だって、ああしたらいいこうしたらいいってブツブツ言ってんですから。それなのに、突然殺されることになり、ショーを去らなきゃいけなくなるんですから、かなり辛いと思います。

 

【ウォーキング・デッド】シーズン8前半の視聴率

ウォーキング・デッドのシーズン8前半の本国アメリカの視聴率を見てみましょう。

シーズン8前半の視聴率

第1話 1,144万人
第2話    892万人
第3話    852万人
第4話    869万人
第5話    785万人
第6話    830万人
第7話    747万人
第8話    790万人

前半の最終回にあたる第8話(ミッドシーズン・フィナーレ)は、シーズン2の農場編のミッドシーズン・フィナーレ以来の最低視聴率となりました。

シーズン8前半の数字は、ダメダメのシーズン7より遥かに低い数値です。

ウォーキング・デッド視聴率シーズン8まで

出典:Wikipedia, Template:The Walking Dead ratings

シーズン7第1話のニーガンキル回を境に、ぐんぐんと視聴率下降中。700~800万でもまだ人気ドラマの領域ですが、1500万人あたりさえ何度かスコアしていたウォーキング・デッドの功績を考えると、さすがにこの下降ぶりはヤバイですね。