ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いてる。

Netflix【飢えた侵略者】ゾンビ映画:28日後×ボディスナッチャー×アートオブジェ

f:id:oclife:20180303070936j:plain

飢えた侵略者@Netflix


Netflix新着ゾンビ映画「飢えた侵略者」を視聴した感想です。

28日後×ボディスナッチャー×アートオブジェのコラボ。シリアスな雰囲気でけっこうドキドキさせてくれます。イイ感じで共感できないキャラが救い。独特の絶望感と潔さを感じさせてくれる不思議なゾンビ映画です。

【植えた侵略者】作品情報

原題:Les affamés/The Ravenous
製作年:2017年
上映時間:103分
監督:ロバン・オベール
出演:マルク・アンドレ・グロンダン、モニア・ショックリ、シャルロット・サン=マルタン、 ブリジット・プパール、マリー・ジネット=グアイ
言語:カナダフランス語
ジャンル:ホラー、スリラー

【飢えた侵略者】あらすじ

ケベックの田舎町で、住人が次々とゾンビの毒牙に侵されていく中、無傷の者たちは生き残りをかけ力を合わせる。静かに流れる時間が逆に恐怖をあおるスリラー映画。

Netflix

 

【飢えた侵略者】感想

ゾンビ映画にしては結構できがいいですよ、ええ。ゾンビ映画は金かかってるやつ以外は、だいたい期待しないで見るようにしているんですが、これはなかなか。

「なかなか」って、これゾンビファンの私にとってのなかなかであって、ふつうの人にしてみたら「なかなか」じゃないかもしれません。ゾンビファンは、ゾンビ映画を高く評価しがちなんですよぅ。

Netflixのコマ画面に出ている梅木かずおじゃなくって楳図かずおっぽい絵コンテが素敵な侵略者。

f:id:oclife:20180303063530j:plain

飢えた侵略者@Netflix

 

ゾンビの種類は映画によってそれぞれなんですけど、本作「飢えた侵略者」はゾンビというより感染者に近いです。28日後や28週後のように、見た目は人間だけど、「あら?うっすら汚れてらっしゃる? 」と感じたら、その方は感染者です。

見ためが人間なので人間なのか感染者なのかちょっぴり分かりづらい。これ見たらウォーキングデッドのド腐れウォーカーが愛おしくなるほど。

クレイジーズとかボディスナッチャーのようなイメージですね。人間を見つけると、人間に数秒「ヤバイ」と与える時間をあげてから「キィヤー」と叫び声を出して仲間を呼びつけます。

ボディスナッチャーと違って指さしはしません。

その代わりといっちゃなんですが、何やら壮大なートオブジェを作ります。

f:id:oclife:20180303081847j:plain

そしてそのオブジェを皆で眺めます。

生存者がそのオブジェを盗み見しちゃってると・・・

f:id:oclife:20180303082018j:plain


椅子オブジェ担当のオジサンに怒られます。

f:id:oclife:20180303082227j:plain


その後でてくる椅子オブジェはもっと完成度が高い。なんだこれ。

f:id:oclife:20180303082645j:plain

オブジェの謎は最後まで明かされません。

挙句の果てには玩具オブジェまで作られています。

f:id:oclife:20180303082838j:plain

「ああ、これは子どもゾンビの作品やねー」なんて思いながら、ゾンビと宇宙との交信というまさかのコラボに、底知れぬゾンビコンテンツのポテンシャルを感じました。

 

ホラー映画の醍醐味のひとつ、それはハラハラドキドキすることです。先進国の現代人にはハラハラドキドキが足りていないので、ホラー映画でハラハラドキドキを疑似体験します。

その点で本作は合格。ハラハラドキドキします。途中、お約束のように、「ワッ!」なんつって(何度も)脅かしてくる人がいるのですが(知的障害を抱えている様子)、私は毎回PCの前で体をビクッとゆすってしまいました。

そしてイイ感じで共感しきれないキャラたち。キャラに共感しすぎてしまうと、死んだりバッドエンドのときにツライ。本作はイイ感じで視聴者との間に距離があったので、感情移入し過ぎず、ちょうどいい。

主役は一応この人かな。

f:id:oclife:20180303083124j:plain

飢えた侵略者© Emmanuel Crombez / La maison de prod

スーツ姿にパールの女性がこれまた使えるオバサンで、そのポテンシャルに驚きを隠せない。バッタバッタとゾンビを斬る!切る!キル!レオンのジャン・レノと化すぅ。

f:id:oclife:20180303084003p:plain

飢えた侵略者(スーツのオバサン)

よく見ると、梅木かずお似の絵コンテの真ん中がスーツのオバサンと気づくぅ。

 

ゾンビ映画あるあるも結構あって、「おいさっさと逃げろよ」と突っ込みたくなることもしばしありますが、この映画の独特の雰囲気が怒りを鎮めてくれるでしょう。

そしてここに出てくるカナダ人は、みんな恐ろしく無口。ジャパニーズの俺たち顔負け。

最後、エンドクレジットロールの後にちょこっと映像があるので、見てね。

評価:50点