ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いてる。

【S.W.A.T.】クリミナルマインドのモーガン主演!ロス市警SWATの海外ドラマ

f:id:oclife:20171104030809j:plain

 

新作海外ドラマ【S.W.A.T.】の紹介です。

主演はクリミナル・マインドのモーガン演じるシェマー・ムーア。今回はロスアンゼルス市警のSWATの役です。

一応70年代のドラマSWATのリメイクのようです。

コリン・ファレル主演で映画もありましたね。

 

 海外ドラマ【S.W.A.T.】

凶悪犯を追跡中にあやまって黒人の少年を撃ってしまったロスアンゼルス市警SWATチームリーダー「バック(ルイス・フェレイラ)」。チームメンバーのホンドー(シェマー・ムーア)は、本人の知らぬ間に、責任をとってクビになったバックに代わり、SWATのチームリーダーを任命される。

 

【S.W.A.T.】の感想

第一話が始まったばかりなので、初見印象しかお伝えできませんが、期待していたほどではありませんでした。

なにぶん、クリミナル・マインドのモーガンのイメージが強いのと、FBIから今度はSWATということで同じlaw enforcement の話ですので、だいぶキャラが重なっちゃっている印象ですね。

シェマー・ムーア演じるホンドーも、モーガンと似たような冷静沈着なタイプなので、よけいにモーガン見ているような印象でした。プロファイリングしちゃってる?という冷静さ。そのうち「ホッーチ!!!」って叫ぶんじゃないかと思いました。

クリマイのモーガンなら言わないような卑語も使ったりはしてるんですけどね。どうせなら優等生のモーガンとは違うシェマー・ムーアが見たいです。たとえばシカゴPDのボイトのように、目的のためなら手段を正当化しようとするようなちょっとダークヒーロー的な警察ですか。

トレーニング・デイのデンゼル・ワシントンみたいな役をやってもイケそうな気がするんですよね。トレーニング・デイはドラマも始まりましたけど、あっちやった方が良かったんじゃないの。

そして思っていたよりライトな雰囲気なんですね。予告を見た感じでは、わりとダークで濃厚な人間ドラマが繰り広げられそうという印象を受けたんですが。黒人としてSWATのチームリーダーに任命されたホンドーが、警察に反発を覚える地元民と強硬姿勢を崩さない警察との間で板挟みになり、重圧を抱えながらも誠実に任務をこなして悪を成敗し、双方の信頼を得て行く・・・といったドラマを期待していたんですが、ちょっと違うようで、あくまでもSWATの事件解決ドラマのようです。続き物ではなくて、一話完結です。

第1話では、地元民の黒人たちと警察との間の軋轢が描かれ、黒人(ブラック)でもあり警察(ブルー)でもあるホンドーの手腕が問われるわけですが、この話はこれで終わりで、次回はまた違う事件なんですね。

SWATのチームメンバーがこれまた少しDQN臭がしますというか、さびれた駐車場に集まってなぜかショットガンを空に向かってぶっ放して事件解決のお祝いみたいな、そんなシーンもあってちょっと引きました。んなわけねーだろ。いくらアメリカの警察でも、そんなヒャッハーありません。

シェマー・ムーア以外では、シカゴ・ファイアでお馴染みのケニー・ジョンソン、デスパレートな妻たちのジェイ・ハリントンがSWATのメンバーになっています。

ジム・ストリート役にはルーキー丸出しの少年・・・青年が出ますが、けっこう使えるやつで、ストリートの身のこなしは一つの見どころでした。「おおっ、すげえ」なんて言ってました。

良かった点はといいますと、アクションがなかなかの迫力ですね。初回なのでアクションも多めなのかもしれませんが。RPGが出たり、SWATメンバーが同時に狙撃(狙撃ライフルじゃないけど)したり、追っかけたり、闘ったり、いろいろ見れます。

テーマ曲もあの「チャララ~チャララ~チャララ~チャ~ラ~ラ~ラ~」が流れますよ。