ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いてる。

【ボーダーライン2:ソルジャーズ・デイ】続編の感想あらすじ&日本公開日はいつ?

ボーダーライン2:ソルジャーズ・デイあらすじ感想

ボーダーライン2:ソルジャーズ・デイ

「クワイエット・プレイス」や「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントが主演して好評だったメキシコ麻薬戦争の映画「ボーダーライン」の続編【ボーダーライン2:ソルジャーズ・デイ】を見た感想です。

【ボーダーライン2:ソルジャーズ・デイ】の日本公開日は2018年11月16日です。

 

【ボーダーライン2: ソルジャーズ・デイ】作品情報

原題:Sicario: Day of The Soldado

公開年:2018年

監督:ステファノ・ソッリマ

脚本:テイラー・シェリダン

出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベル・モナ―、ジェフリー・ドノバン

上映時間:122分

言語:英語

原題のSicario(シカリオ)はヒットマン、SoldadoはSoldier(兵士)を意味します。

監督はイタリア人のステファノ・ソッリマ、脚本は「最後の追跡」「ウインド・リバー(感想ここ)」前作「ボーダーライン」のテイラー・シェリダンです。テイラー・シェリダンは俳優業もこなす。

ベニチオ・ネギトロとジョシュ・ブローリングの2人は続投です。ジョシュ・ブローリンはここんところ休みなしの売れっ子オヤジ。

嬉しいところで「バーン・ノティス」のジェフリー・ドノバンが出演している。バーン・ノティスは見てないけど「ブラッド・スローン」の脇役で超光っていたので注目している俳優。この方も脇をガッチリ固める役が似合う俳優。

エミリー・ブラントは出演しません。

前作が好評だったのでエミリー・ブラント演じるケイトの話を考えようとしたものの、前作で一応ケイトの物語はきれいに完結していたので、今回はケイトというキャラを起用する必要性を感じなかったということです。

また、ボーダーラインはトリロジー(3部作)でして、次回作ボーダーライン3も製作される予定です。

 

【ボーダーライン2:ソルジャーズ・デイ】あらすじ

イエメン出身の男たちがアメリカで自爆テロを起こします。

犯人たちはメキシコ麻薬カルテルの港湾会社の船を使ってメキシコ国境から密入国したことが分かります。

アメリカ政府は報復のためにメキシコの麻薬カルテルのレイエス・ファミリーのボスの16歳の娘を偽装誘拐し、他のカルテルによる犯行だと見せかけてカルテル同士を反目させようとします。

ジョシュ・ブローリンは再びネギトロをリクルートして計画を実行します。計画は順調に進むと思われましたが…

 

【ボーダーライン2:ソルジャーズ・デイ】感想

エンターテイメント性は前作より上なんで、最後までハラハラ楽しく見させて頂いた。けれども。けれどもだよ?大幅に的外れを起こしたような映画でした。

実をいうと、私は前作もそこまで感銘を受けなかったんだけど、それでもメキシコ麻薬カルテルの捜査上で善と悪の狭間で葛藤するエミリーブラントという映画のアイデンティティたるものがあったのよね。

ところが今回はですよ。蓋をあけてみたらメキシコ麻薬カルテルが全然出てこない。名前だけしか出てこない。カルテルの弁護士だけは出た。アメリカとメキシコの国境間で密入国を管理するコヨーテ(アメリカへの密入国を仕切る犯罪組織)も出てきたけれど、コヨーテどもはどれも三下奴ばかり。

メキシコ麻薬カルテルを扱っているはずの映画なのに麻薬カルテル全然出てこねぇ・・・じゃあ何が出てくるんだろう・・・と思っていると、ネギトロによる16歳の女子高生ベビーシッティングが出てくるんだよ。

どーも話があっちこっち飛んでて一貫性がないのよね。というのも、まず最初はイエメン(中東)出身のイスラム原理主義者による自爆テロがアメリカの土地で起きます。女性や子どもも殺害されてしまうので、これがけっこうショッキングです。

すると次のシーンではジョシュブローがなぜかソマリアに飛んでいます。ソマリア?「え?なんでソマリア?」と頭を捻りましたが、ソマリアの男が自爆テロ実行犯に出港許可を出したみたいで、ソマリアはイエメンと海の向かい側だからねーという理屈。なんか変だけど、まぁいいや。

すると今度はその港湾会社がメキシコカルテルの会社らしいことが分かります。それはいいとしてもだ。今度はアメリカが秘密裏に報復措置をとることになるんだけど、それがメキシコのカルテル同士を反目させるという措置になっちゃうの。

アメリ政府は麻薬カルテルを正式にテロリスト認定した、とかいって。…なんか変じゃない?自爆テロしたのはイエメン出身のイスラム教徒ですよ。それがなんでメキシコのカルテルへの復讐になるの?それともカルテルがイスラム原理主義者を利用してアメリカに攻撃したというロジック?カルテルにとってはアメリカは一応ドラッグを売る一番のお得意様だし、アメリカを攻撃して得るものは何もないからそれはないですよね。

イスラム教徒による恐ろしい自爆テロのシーンを見せられたのに、メキシコのカルテルに報復しちゃう国、それがアメリカ!ジャパニーズの頭では付いていけない!

まぁいいや、メキシコのカルテルはとんでもない悪い奴らだから、どうせだからとりあえず叩いとけ!と気を取り直してレイエス・カルテルの16歳の娘を誘拐するとしましょうや!

娘さんを誘拐する一連の工作活動はなかなかおもしろいものがあって、ああアメリカはこうして世界中でちょこまか動いてあの国やその国を台無しにしてくれたのね、と冷静に見れますよ。

しかし最悪だったのは16歳の娘のイザベルちゃん。可愛いんだけど、映画台無しにしてくれたよ。まずイザベルちゃんの学校でのガール・ファイトは要らない!無駄無駄無駄!冷めるわーこれ。

そしてイザベルちゃんはとにかく演技で無理しすぎ。英語で表しちゃってみると she's trying way too hard っていう表現なんだけど「やりすぎ」「わざとらしい」「度が過ぎる」という感じかな?

さらに悪いことにイザベルちゃんにかなり時間を使っています。そしてネギトロがイザベルちゃんのベビーシッターとして1時間くらい面倒見てるの。レオンじゃねんだからよ!

イザベルちゃんをアメリカがうまく保護したという設定で、メキシコ警察経由でメキシコに返そうとした時のこと。なぜかメキシコ警察が襲ってくるという展開に。これはどう考えてもレイエス・ファミリーが奇襲してきたとしか考えられないんだけど、カルテルとはいえレイエス家は16歳の自分の娘が乗っている車にむかって銃を撃ちまくるのは何故よ?しかもアメリカがイザベルちゃんを(表向きは)保護して返そうとしているのに?

ジョシュブロとブラトロは奇襲されて応戦したので、イザベルちゃんを返せなくなってしまいました。ドンパチやってる隙にイザベル逃げます。

ジョシュが戻ってくると、政府から「自爆テロ実行犯の一人がアメリカ生まれだったわ。バレたらヤバイから、オペレーションをシャットダウンして」と言われます。

極秘任務なので関係者の口を封じるように要求されます。え?イザベルちゃんも?トロも?ひどくね?

そ、そんな・・・そんなこと言われてもねぇ?ジョシュブロの上司のキャサリン・キーナーも「あたし知ーらなーい」みたいな可愛い顔見せるし。キーナーの無駄遣いが過ぎる!

ジョシュブロらはどうにもできず、奇襲された時に逃げたイザベルちゃんを探して口を閉ざすしかなくなります。ジョシュブロはネギトロ?ベルトロ?とにかくトロに電話して命令しますが、しばらくベビーシッターしていたトロは「できね」とこれを拒否。

えっ?あんた…シカリオ(ヒットマン)さん…ですよね?しかも私の記憶が間違っていなければ、前作で子どもヒットしてたがな!しかも複数!

シカリオのトロに人間味を見せようという新しい試み?レオンとか他の映画ならそれも歓迎したいんだけど、この「ボーダーライン」シリーズではトロの設定ブレはしてほしくなかったですよ。前作のシカリオぶりを見たら、最後まで冷酷非情なシカリオでいて欲しかったんですよね。

さらにトロのシカリオぶりが揺さぶられるような展開も待ち受けていて、あれだけ注意深いシカリオのトロがあんな簡単にケチなゴロツキどもにあんな目に遭わされるなんてちょっと考えにくいかなぁ。

そんでもって最後は無理やり続編の3に持っていくような展開、ありゃないでしょ!

メキシコ麻薬カルテルとの戦いを見たかったのに、ISISテロ、トロのベビーシッティング、コヨーテという流れなので、ずいぶん的が逸れましたね。

それからね、映画にちょこちょこっとミスがけっこうあってビックリしたのよね。たとえばメキシコ警察の奇襲時に逃げたイザベルちゃんをトロが助けたシーンで、車の座席にヘッドレストがなかったの。「ああこの車ヘッドレストがないなー」なんて思ってたら、次の運転中シーンではヘッドレストがちゃんと付いてたりします。

また最後の方でトロが車を運転してて、怪我のせいで朦朧として、車ごと道路脇にゆっくり入って行っちゃうシーンがあるんだけど、リハーサルや撮影したであろうタイヤの跡がしっかり残ってて、ああ何回目のテイクだろうかと思ったり。

もう何マイルも何十マイルも走ったであろうに、コヨーテたちの車までの距離がやけに近かったり…

と、まあここまで批判ばっかり書いちゃったけど、いいところもありますよ。

独特の緊張感ある雰囲気や撮影技術は衰えていません。冒頭の自爆テロのシーン、荒野をメキシコに向かって走るシーン、銃撃戦はいずれも臨場感に溢れています。BGMもヘビーでダークでよく合っていた。

前作よりアクションシーンが多いので、エミリーブラントと一緒に「いいのかなーダメだよなー」と悩まずに楽しめました。

トロとジョシュブロは相変わらずの立ち振る舞い。トロはスペイン語喋っている方が格好いい。あとジョシュブロの部下であるジェフリー・ドノバンがすごく良かった。イザベルちゃんだけはダメだったけどね。あとキャサリン・キーナーも無駄遣いなので要らなかった。

評価:60点

メキシコ麻薬カルテル系の映画やドラマだったら、こちらがおススメ。特にNetflixオリジナルドラマの「ナルコス」は、実在の麻薬王と麻薬カルテルをかなり詳細に扱っているので超おススメです。

実際の麻薬潜入捜査を描いた映画「潜入者」のあらすじ&感想 (ネタバレなし)

【カルテル・ランド】メキシコ麻薬戦争ドキュメンタリー:絶望の地はここにある

Netflixオリジナルドラマ-ナルコス カテゴリーの記事一覧