ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想、商品レビュー、世の中のお話

【ゲーム・オブ・スローンズ】最終章第5話ネタバレあらすじ感想:マッド・クイーン

ゲーム・オブ・スローンズ最終章第5話ネタバレあらすじ感想

ゲーム・オブ・スローンズ@HBO

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8最終章、第5話のあらすじと感想です。

今話を入れて残すところあと2話!

ゲースロにさよならを言う心の準備はできていますか。

 

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8第5話あらすじ

  • ジョンの出生の秘密をティリオンから聞いたヴァリスが女王としてのデナーリスの素質を疑うようになり、反逆罪でドラカーリスされる。
  • キングズ・ランディングを攻めるデナーリス。ドロゴンがスコーピオン(ドラゴンを仕留めるマシン)もユーロンの艦隊も全滅させる。
  • ユーロンは岸に上がるが、ジェイミーと鉢合わせしてジェイミーを殺そうとするが逆に殺される。
  • ドロゴンは次にキングズランディングの外苑と城門を攻撃、ジョンやアンサリードが入城。
  • ラニスター軍は戦意を喪失して武器を手放す。
  • キングズ・ランディングに降伏の鐘が鳴り響く。
  • 犠牲者を出したくないジョンとティリオンは鐘の音をきいてホッとした表情を浮かべるが、デナーリスはキングズ・ランディングを火の海にしてしまう。グレイウォームがラニスターの兵に槍を投げたのをきっかけに再び戦闘開始。
  • レッドキープについたハウンドは、建物が崩落しそうなのでアーリアに戻るように言う。
  • ハウンドはマウンテンと殺し合い。
  • サーセイはジェイミーと再会、逃げようとするが瓦礫に阻まれ、建物とともに死す。

 

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8第5話で死亡が確認されたキャラ

  • ヴァリス(反逆罪でデナーリスにドラカーリスされる)
  • ユーロン(ジェイミーに切りかかって逆に殺される)
  • ハウンド(マウンテンと相討ち)
  • マウンテン(ハウンドと相討ち)
  • サーセイ(ジェイミーと瓦礫の下に埋もれる)
  • ジェイミー(サーセイと瓦礫の下に埋もれる)
  • クァイバーン(マウンテンに八つ当たりされて死亡)
  • 大勢のキングズ・ランディング市民

 

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン8第5話の感想

えらいこっちゃ、えらいこっちゃ。恐れていたことが現実に。

デナーリスが最大のヴィランになっちゃうんじゃないか?という懸念はシーズン8が始まってから度々話題になっていました。私も少し前に「デナーリスが鉄の王座に固執しすぎているのが心配」みたいなこと言ってた記憶があります。

デナーリス、ついに気が狂ってしまいました。マッド・クイーンの誕生です。

デナーリスの父が狂王だったのを覚えていますか。ジェイミー・ラニスターが殺した王です。 ターガリエンはとてもジェントルな人か暴力という力を持たせると狂ってしまう人かのどちらかみたいですが、デナーリスも狂王の血を受け継いでしまいました。

私たちはシーズン1からデナーリスが辛酸を舐めてきた様子をずっと見てきました。狂った兄に洗脳され、翻弄され、性奴隷として蛮人に売られ、レイプされ(のちに愛し合うものの)、命を狙われ・・・

そんなデナーリスがメイリーンで奴隷を解放する姿をみて、七王国を統治するにふさわしいと判断しました。

最終シーズンでその判断が覆されるとは・・・

デナーリスがキングズ・ランディングを火の海にしたのは、腹心の部下の死、愛するジョンに愛を拒まれたこと、愛するジョンがターガリエンであり、デナーリスよりも正当な後継者の死角を持っていることが原因なのでしょう。

ジョラー、ミッサンディを失ったデナーリスには、信頼できる人間がもう誰も残っていません。愛するジョンは、叔母であるデナーリスを愛し返すことができません。

またそのジョンもターガリエンの血を引いていることが分かったため、ジョンにその気がなくとも自分より正当な後継者として自分の地位を脅かす存在になってしまいました。

そこへ進言者のヴァリスがジョンを推そうとする裏切り・・・

デナーリスはこのままいくと、ジョンの出生の秘密を知る全員を殺しかねないですね。

キングズ・ランディングはドラゴン1頭に破壊されてしまいましたが、ドラゴンあんなに火力あったの?石の建築物も余裕で壊してましたよね。あとドラゴンって火を無限に出せるんだぁ…

不謹慎ではありますが、鳥観図は素晴らしかったですね。

ゲーム・オブスローンズシーズン8第5話

火の海と化したキングズ・ランディング

火をはくドラゴンを見てサーセイは

まだ見ぬ象を想う

ユーロンはあっけなく艦隊を全滅させられてしまいましたね。ユーロンはもう少しやってくれると思ったんだけど。ユーロンはドラマではあまり魅力的なキャラに描かれてませんが、原作ではとても複雑で味のあるキャラらしいです。

ジェイミーはここでユーロンに2回も大きな刺傷を受けます。

その後ジェイミーはサーセイと再会し、二人一緒にレッドキープの瓦礫の下へ・・・

サーセイにとどめを刺すのはアーリアだという私の見立ては外れました。

・・・ということは・・・メリッサンドルの予言にあった「茶色い目、青い目、緑の目」の緑の目は、サーセイではなく、デナーリスの目のことなのでしょうか。

最終回、マッド・クイーンと化したデナーリスを倒すためにアーリアが緑の目をしたデナーリスを殺すという可能性が浮上しましたね。(デナーリスの目の色は公式には確認されていませんが、緑にも見えます。)

もちろんメリッサンドルの予言にある茶色、青、緑の目とは、単に大勢を殺すという意味合いだけということもあり得ますが。

デナーリスがヴィランに成り下がった以上、アーリアがデナーリスを殺す線は、十分あり得るシナリオだと思います。

そんなアーリアはハウンドと最後のハートウォーミングタイムを過ごしたあと、戦火を潜り抜け、なんとか白い馬で脱出します。

アーリアが光の王の啓示を受けているのは明らかですね。

闇の中、光に佇むアーリア

もしかすると戦火を潜り抜けている中でアーリアは何度か死んだのかもしれません。そして光の王によってベリックのように生き返った。

アーリアの目の前に現れたのは白馬。白馬が象徴するものといえば、ヨハネの黙示録の四騎士です。

And I looked, and behold a pale horse: and his name that sat on it was Death.

アーリアが「死神」ということは、ますますデナーリスを殺しそうな気がするなぁ。

アーリアへのハウンドの最後の言葉は「アイラブユー」の代わりで、この二人の疑似親子関係は、ゲースロの世界で唯一崇高でピュアなものでしたね。

あともう一つはラニスター兄弟の最後のお別れで、あっちも涙をそそりましたね。この兄弟は最初から最後まで首尾一貫してお互いを思いやっていた。泣ける。

ハウンドは最後までハウンドらしい生き方をしたと思います。

マウンテンが鎧をとったときに「ヴァリス?」と思っちゃったかもしれないけど。

ヴァリス?

マウンテンが目潰し好きなのは分かったけど、2回目はいいよ。オベリンだけでお腹いっぱいだから。

ハウンドは助かって欲しかったなぁ…ゲースロの最後の世界をハウンドに見届けてほしかった。

そしてサーセイとジェイミーの双子ちゃんも最終話を待たずして、その波乱の人生に幕を閉じることとなりました。正直サーセイはアーリアに殺されるものだと思っていたので意外な逝き方だったけど、ある意味マギー・ザ・フロッグの予言は間違っていなかったんですね。

ヴァロンカー(リトル・ブラザー)は結局ジェイミーのことだったか。とはいえ思っていたような絞殺という解釈ではなく、最期を前にして優しくサーセイの首に手を回すジェイミーのことだったけれども。

憎まれキャラNo.1のサーセイでしたが、私はサーセイも好きだったので死んでしまって悲しいです。サーセイが崩落する瓦礫の下で人知れず死んでいったのは、アーリアに首を斬られるより不条理で寂しくもありました。

この世に共に生まれたジェイミーと一緒にこの世を去るシーンは切なかった・・・

さあいよいよ来週は最終回です。・・・なんかもう元気ないや。

詳しい考察を書いてみたので興味のある人はどうぞ。

最終回第6話のあらすじ&感想を読む