ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想、商品レビュー、世の中のお話

海外在住者は日本の運転免許の期限前更新ができます

f:id:oclife:20190616130838j:plain

海外在住者は、日本の運転免許の期限前更新ができることをご存知ですか?

海外に長期滞在する場合、数年ごとに更新しなければならない運転免許証の更新時期に帰国できるとは限りません。

運転免許の有効期限が切れる前に日本に帰省する人は問題ないのですが、そんなにタイミングが合うわけでもなく、帰国する機会がなくて海外にいる間に免許が切れてしまうということも…。

そういうわけで、運転免許の期限前更新ができるようになっています。

私も2回ほど、日本の免許の期限前更新に行ってきたことがあります。

注意点としては、期限前更新をするとどうしても満期より短くなってしまうということです。

たとえば、ゴールド免許の更新は5年毎ですが、期限前更新をすると5年より前に更新をすることになるので、どうしても5年よりは短くなってしまいます。

まぁ大した時間差ではありませんが、更新までの期間がちょびっと普通の人より短くなる点だけ了承ください。

 

日本の免許証の期限前更新の手続き

必要書類

  • 免許証
  • パスポート
  • 写真(免許センターならその場で撮れます)
  • 申請書(免許センターにあります)

特に煩雑なこともなく、普通の更新と同じような手続きでした。

ゴールド免許ホルダーの講習は20分くらいです。

免許センターなら新しい免許証もその場で発行してもらえるので、日本の滞在期間が限られている海外在住者は、警察署ではなく免許センターまで行って更新したほうがベターですね。

 

期限前どのぐらいから更新できる?

期限が切れる前といってもどのくらい前から更新手続きができるのでしょうか?

免許センターに電話で確認したところ、特に決められた期限はなく、期限前ならいつでも更新手続きはできるということです。

私はだいたい期限が切れる半年前くらいに帰国することが多かったので、過去2度は半年前くらいに更新しました。

 

海外在住者は期限が切れても更新手続きが可能

万一、運転免許の期限が切れるまえに日本帰国が叶わず、運転免許が切れてしまった場合でも、一定期間に限り、海外在住者は所定の手続きによって更新することができます。

ただし、出国届を役所に出していて住民票を入れていない場合のみ。また、パスポートの出入国日付スタンプのページを見せるなど、海外在住の証拠を提出する必要があります。

詳しくは各県庁の免許センターや警察署にお問合せ下さい。

 

カリフォルニア州は国際免許プラスカリフォルニア州の免許が必要

運転免許の話ついでのおまけ情報ですあg、国際免許証があればとりあえずアメリカでも運転はできます。

ただし、厳密にはカリフォルニア州の交通法規には「国際免許証で運転できるのはカリフォルニアに到着してから10日以内」となっており、10日以内に州の免許証を取るようにと規定されています。

まさか旅行や出張など短期の滞在で取れとは言わないでしょうが、留学や駐在など、比較的長期の場合は、面倒でも必ず州の免許を取るようにしましょう。