ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想、商品レビュー、世の中のお話

アメリカの歯医者の値段は?検診、クリーニング、治療…保険に入っても高い!

赤ちゃんの歯磨き

「海外の歯医者さんはべらぼうに高い」

海外在住者からこんなボヤキを聞いたことありませんか。

「虫歯を少し削っただけなのに10万もかかった」とか

「銀歯が取れたので歯医者に行ったら15万かかった」とか

「いくらなんでもそんなにしないでしょ?盛ってない?」

と思いませんでしたか。

実は…本当なんですよ、皆さん。

ハナシを盛ってるのだとしたら、どれだけ良いことか。

ただし、歯の保険がない場合なので、保険がある場合はまた違ってきます。

でもその実、保険があってもないようなものかも・・・

 

べらぼうに高いアメリカの歯医者

アメリカの歯のクリーニングと検診費用は?

私と娘は半年ごとに歯医者に行っています。

何も問題がなければ、歯のクリーニングと1年に1回のレントゲンだけです。

先日は娘の番でした。

レントゲンを2枚とり、歯のクリーニングが終わったら歯医者さんによるチェックです。

さて、何も問題はありませんでしたが、支払額はいくらだと思いますか?

230ドルでした。113円換算で2万6千円弱です。

300ドル以下でありますように~と願っていた私はもはや金額だけセレブ。


歯の詰め物の費用は?

じゃあ調子に乗ってさらに私のセレブぶりをお教えしちゃう。

歯の詰め物が取れてしまったので、歯医者に行きました。

アメリカの歯医者さんのスタッフはとってもフレンドリーで親切で、全員歯が真っ白です。アパガード!

待つことなく個室に入ると、前方の一面がガラス窓でした。

そして、その向こうにはなんと庭園と鯉の池が…

なんて素敵な景色なんでしょう。

こんな歯医者さん行ったことない。

あ~私もこんなオフィスで働きたい。

最初はレントゲンです。

日本では小さなレントゲン室に移動して撮りましたが、こちらは個室にレントゲンが付いてて患者が動くことなくレントゲンを撮れるようになっていました。設備進んでる~。ていうかレイジーだなぁ~。レイジー万歳。

やはり真っ白な歯の歯医者さんがやってきて、歯を確認し、さらに下方全体のレントゲンを撮ることに。レントゲン撮ること10枚くらい。

詰め物が取れた個所以外は異常なし。本日はここまでで、詰めるのはまた翌日になりました。(え?歯に孔あいたまま帰すの?)

この日の会計、201ドル

そして翌日の処置にかかる金額について受付の方から説明を受けました。

詰めるだけのシンプルな治療のお代が1242ドル

どんまい、旦那。負けんな。

義妹が根っこの治療をしたときは(保険なし)3000ドル近くかかったと話してました。

飛行機のチケット買って、日本に帰って日本で無保険で治療した方が安いような…

日本で詰め物を詰め直した時、保険ありで確か2000~3000円だったと思う。

日本だと30%自己負担だから、保険なしでも9000~10000円? 

たまにTV番組で歯が痛くてどうしようもないので銃で吹き飛ばした、とかアンビリバボーな話がありますが、それはこうした高額な医療費・歯科費が背景にあるからなのでしょう。歯の痛みって耐えられないほど痛い時がありますものね。

 

歯の保険は?

「つーかさ、じゃあ、保険入ればいいじゃん」

なんて思いますでしょ?

保険に入っても様々な制限があります。

加入後一年間は、歯のクリーニングとチェック以外はカバーされない、とか。

(一年間は歯の問題なしに健康でいなさいよってこと)

加入していても、年間500ドルまでは自己負担とか。

保険代も一人毎月100ドル近く取られます。家族3人いれば300ドルです。

年に一人1200ドルとして3人で3600ドル。歯に問題がなければ、3人で1200ドル。

こうした理由から、歯の保険には入っていないため、毎日歯磨き+フロス+マウスウォッシュは欠かしません。

万一大きな治療が必要になった場合は、日本に行って治療するか、現金で賄えれば現金払いの予定です。