ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想、商品レビュー、世の中のお話

シカゴP.D.のアントニオがシーズン6をもって降板!シカゴ・メッドのあの人も降板

シカゴPDアントニオ海外ドラマ降板

Photo courtesy: NBC

米NBCの人気ドラマ【シカゴP.D.】にレギュラー出演しているアントニオ・ドーソン役ジョン・セダが、今シーズンをもって降板することになりました。

Σ(゚д゚lll)ガーン

 

【シカゴP.D.】のアントニオがシーズン6で降板

シカゴP.D.は【シカゴ・ファイア】【シカゴ・メッド】と並んでシカゴシリーズと呼ばれる3つのドラマの一つです。

シカゴ・ファイアは消防士、シカゴ・メッドは医療、シカゴPDは警察というバランスのとれたドラマシリーズです。

最初に生まれたのはシカゴ・ファイアで、そのスピンオフがシカゴPDだったのですが、いまではシカゴPDがシカゴ・ファイアを抜くほどの視聴率を誇っています。

シカゴPDはハンク・ボイトが率いるインテリジェンスチーム(特捜班)のドラマです。

ハンク・ボイトはもともと「シカゴ・ファイア」で登場したのですが、当初はバリバリの汚職刑事でした。そしてハンク・ボイトを逮捕したのがアントニオ・ドーソンだったのです。

しかし強烈な印象を残したハンク・ボイトのおかげで、シカゴPDが誕生することになりました。

本来なら自分を逮捕した男を部下にするなどあり得ませんが(それ以前に復職もあり得ないよね)、ハンクは自分がダーティなので、クリーンなアントニオを側に置いておく必要があったようです。

最初はぎくしゃくしていた二人でしたが、やがてはお互いを信頼するようにまで。

それなのにアントニオが今シーズン(シーズン6)をもって降板することとなりました。

降板の明確な理由は明らかにされていませんが、公式には「キャラクター展開に関するクリエイティブ上の理由」とされています。(これは後述のシカゴ・メッドのキャストも同じ)

creative reasons due to the characters' story evolution

要は製作側の描くキャラとアントニオを演じるジョン・セダが思い描くキャラが合致しないということでしょうか。

表向きはそういう理由ですが、裏ではシカゴ・ファイアのトップ2であるジェシー・スペンサーとテイラー・キニーの二人のギャラが足引っ張ってんじゃないの~なんて声も聞こえてきます。

アントニオの妹で【シカゴ・ファイア】の看板娘だったガブリエラ・ドーソン(ギャビー)も先シーズン(シカゴ・ファイアのシーズン6)で降板しているので、これでドーソン兄妹はシカゴシリーズからいなくなってしまうことに。

これは何とも寂しいですね。ギャビーは嫌いだったけど、いなくなったらやっぱり寂しかったし。アントニオは好きなだけに余計寂しいわ…。シカゴPDではソフィア・ブッシュ、イライアス・コティーズにつぐ3人目の降板者ですね。いいキャラばかり消えていく。

ただし今シーズンはなんとなくアントニオの影が薄くなっていて、おまけに痛み止めの薬にはまってしまって大変な事態を引き起こしてしまう役だったので、ジョン・セダ的にそれが気に食わなかったのでしょうか。

 

【シカゴ・メッド】のローズ医師も降板

アントニオについで、シカゴ・メッドのローズ医師を演じるコリン・ドネルもシーズン4をもって降板することになりました。

私はシカゴ・メッドはシーズン2の途中で脱落しましたが、ローズ医師は番組のイケメン枠でオリジナルキャストという大事な位置付けにありました。

 

シカゴPDのジェイ役とシカゴメッドのあの人が破局

ところでシカゴPDのジェイ役ジェシー・リー・ソファーとシカゴ・メッドのトーレイ・デヴィートが8か月の交際に終止符を打ちました。

この二人付き合ってたんだぁ。

ジェシー・リー・ソファーっていつも共演者と付き合うよね。シカゴPDのソフィア・ブッシュと交際してたけれど、ソフィア・ブッシュがそろそろ結婚したかったけどジェシーの方がまだ結婚を考えていなくて破局したんでしたよね。

トーレイ・デヴィートは「プリティ・リトル・ライアーズ」から「シカゴ・メッド」のレギュラーへと大躍進ですが、この人可愛いと思ったこと一度もないな。