ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いてる。

皆さんへの感謝の言葉と2018年の抱負

f:id:oclife:20180107064434j:plain

2018年の抱負とやらを・・・

 

2016年3月に開設したこのブログも、もうすぐ丸2年を迎えます。ブログ開始してまだ2年目だったんだ・・・と思うほど、濃密なブログタイムを送ることができました。

それもこれも、皆さまのおかげです。

当初の私は「ブログって何なの?」くらいの知識しかなく、何から何まで手探りの状態でした。逆にいうと、ブログについて無知だったからこそ、ここまでやって来れたのかもしれません。

ブログの大変さを知っていたら、きっと躊躇して踏みとどまっていたと思います。正確には、ブログを継続することの大変さ、です。

私よりずっと前に始めたブロガーも、同時期に始めたブロガーも、消えていった人がけっこう多いなと最近になって実感しています。だいたい、数か月~半年の間に消えてしまっているので、巷でも言われているように、1年を超すだけでも大変な世界というのは本当ですね。

ブログを継続することの難しさは、プロクラシスト様が詳しいデータとともに分析しています。

www.procrasist.com

 

2018年の抱負の前に、いま、ブログに関して思っていることを述べたいと思います。 

 

はてなブログのssl化はいつぞや

今、一番不満に思っていることが、はてなブログのssl化がまだ完了していないということです。グーグルのssl化の問題は、10月に始まる半年も前から言われていたことです。はてなブログは9月の後半頃に、はてなブログssl化の段階的計画を発表しましたが、まだダッシュボードしかssl化されていません。

さらに悪いことに、私のように独自ドメインのブログについては、ssl化は一番最後になります。独自ドメインが使えるはてなブログproは有料ですので、有料クライアントから先にssl化してほしかったです。

いまだにはてなからのssl化に関する通知は来ておらず、一体いつになったらssl化が完了するのか、かなり不満を抱いています。

10月以降、アクセスと収益が減っているのも、少なからずこのssl化がまだであることが影響を受けている気がします。これはブログによるので、必ずしもというわけではありません。

当ブログはウォーキングデッドの記事が一番アクセスが高いのですが、最近はウォーキングデッドの記事を書いているブログも増えました、ウォーキングデッドに特化したブログも他にいろいろあって、それらはwordpressなどを使用しているのですでにssl化されています。したがって、それらのブログの方が検索上位にくるのは当たり前だからです。

はてなブログは記事作成にフォーカスできるので、日本語サイトの方はこのままはてなを使いたかったのですが、このようなことが続くようだったら、wordpressの方に移行することも視野に入れざるを得なくなります。もともとはてなブログ村にうまく入れてないし・・・リアルな人間関係がネットにも反映されるとは、恐るべし。

 

はてなブログのコメント欄の設置

読者の方から「コメント欄を設置してください」というリクエストがあったため、昨年の10月あたりから、コメント欄を設置することにしました。ssl化していないサイトでは入力欄は閉じた方がいいということでしたが、はてなブログssl化も数か月くらいで実装されるだろうと踏んでいたんですよね。。見誤りました。

それでも、好きなドラマのことをあーだこーだ言える場所ができたので、読者の皆様とのやり取りを楽しませてもらっています。皆さま、コメントをいつもありがとうございます。

欲を言えば、コメント欄で、各コメントに返信する形が取れたらいいんだけどなぁ。はてなさん、頼みます。今はダーッと並んでいるだけなので、階層が見えず分かりづらい。

 

2018年の抱負

あまり抱負って考えたことがありませんが、まあ当ブログは引き続きこの調子で行こうと思います。

先日、お仕事のご依頼ページと寄稿募集ページを掲載したので、今年は少しインタラクションがあれば嬉しいかな。

そして、要は英語のブログですね。こちらはなかなか身がはいらず、週に1度くらいしか更新できていません。文章を書くだけではなくて他にも重要な作業があるサイトなので、それが全然まだできていません。

したがって、今年の抱負は、少しずつでも、英語のブログの方を軌道に乗せることです。

あとカメラを買うこと!キャノンのkissが欲しいです。

今年は日本に引っ越しになるかもしれないので、いろいろと大きな変化が出てくるかもしれません。ストレスを溜めないように、家族全員が健康で幸せに過ごせればいいです。

以上、読んで頂きありがとうございました。