ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

素人の私がWordpressに二度目のチャレンジ:Xサーバーなら簡単なので絶対おススメ

f:id:oclife:20171106163924j:plain

9か月前、2つめのサイトを英語で作ろうと思い、Wordpressにチャレンジしました。

ドメインはムームードメイン、サーバーはロリポップを使用しました。しかしこれが素人の私には複雑でイマイチ分からなかった。なんとかWordpressをインストールしたものの、インストール先もどこにしていいのか迷った挙句、何度も再インストールをする羽目に。

FTPの使い方もよく分からずじまいで、もうFTPを起動することさえ嫌気がさしてしまいました。Wordpressの方には絶えずアップデートの通知が届くし、2か月も経たないうちに放置・・・

素人にはWordpressは無理やわ、と実感した瞬間でした。英語サイトは8月くらいにサーバー契約が切れると同時に閉鎖しました。

ところが・・・あるきっかけによりWordpressに再チャレンジ。評判のいいXサーバーを利用したところ、めちゃ簡単に攻略できたという、Wordpressを夢見ながら二の足を踏んでいるという迷える子羊の皆さんに、まだまだ素人の私が希望に満ちた話をします。

 

XサーバーでWordpressも簡単にチャレンジ

状況

・ドメインはムームードメイン

・ロリポップサーバーは契約切れ

・Xサーバーにドメインを移管して、Xサーバーのサーバーも使いたい

 

Wordpress再チャレンジに至った経緯

懲りない私は、再びWordpressで英語のサイトを再開することにしました。そのきっかけは海外のアフィリエイト Viglink を使用するためです。いろいろと調べたところ、さすがアフィリエイトの本家アメリカ。アフィリエイトの報酬条件がすこぶるいいです。

当ブログでは日本のアフィリエイトを利用していますが、Amazon、楽天、あとは Hulu様など動画サイトのアフィリエイトだけです。動画サイトに登録というのは、単に品物を購入するよりはるかに数が少ないのがネックです。Amazonや楽天の成果報酬も、kindleなどを除けば1~2%という報酬です。

そこへいくとアメリカは、4~11%といったプログラムがけっこうあります。あとは英語なのでマーケットが大きいこと。

なんでもっと早くやっていなかったんだ・・・ブログもそうですが、アメリカにやってきた時点でなぜ始めていなかったのか、それが唯一の後悔です。

はてなブログであるこのブログに Viglink を貼ろうと思ったら、これができなかったんですね。インストールは確認できたんですが、リンクをクリックするとすべてブランクページになってしまうのです。

かといってヘルプセンター見ても Wordpress や Blogger とかのヘルプしかなくて、「はてなブログの場合のインストール方法」なんてないわけですよw

というわけで、再び英語サイトを Wordpress で作ることにした・・・という経緯です。英語もアウトプットしてちょっと勉強しないといけませんからね。

そこで今回は、評判のよいXサーバーを使ってみることにしました。

 

ムームードメインからXサーバーにドメインを移管

Xサーバーのアカウントを新規開設したあとは、ムームードメインからXサーバーへのドメイン移管です。ドメインは1年契約していたので、そのまま引き継ぐことにしました。

これも思ったより簡単にできました。本当に簡単にできるのでビビらないで。こちらのサイトに書かれている通りにやれば大丈夫です。

ムームードメインからエックスサーバーへドメイン移管する方法

注意事項といえば、移管手続きをする前に、ムームードメインの whois 情報を自分の情報に変更しておくことですね。これをしないと移管できません。

 

 

Xサーバーの「インフォ・パネル」と「サーバー・パネル」

Xサーバーには「インフォ・パネル」と「サーバー・パネル」という2つのコントロールパネルがあります。そしてそれぞれにログインIDとパスワードが設定されます。

インフォパネルは、会員情報、契約情報、支払い情報などの管理をするパネルです。そしてサーバーへのアクセスはこちらのインフォパネルから行います。インフォパネルの「ご契約一覧」にあるドメイン名の「ファイルマネージャー」に「ログイン」すると、FTPを管理するこができます。超、簡単。

FTPも見やすくて、分かりやすいです。

ドメイン移管後は、Xサーバーの「インフォ・パネル」のトップページの契約一覧にあるドメイン名の「ドメインパネル」をクリックして、ネームサーバーをXサーバーのものに変更する必要があります。Whois情報は、最初からXサーバーのものになっていました。

サーバー・パネルの方では、ドメインの設定やssl化などができます。Wordpressのインストールもサーバー・パネルで簡単にできます。

 

Wordpressを自動インストールして終わり

Xサーバーの「サーバー・パネル」の「Wordpress自動インストール」をして終了です。なにもすることなかったと思います。簡単すぎて、以前のあの四苦八苦はなんだったのかと思うほどでした。

 

Wordpressの子カテゴリを作ってカスタマイズ

いざカスタマイズ!カスタマイズをするにあたって、絶対にしなければいけないのは、選んだテーマの「子テーマ」を作ることでした。前回はそんなことも知らなかったよ・・・

要は、テーマをそのままいじっちゃうと更新があったときに自分がそれまでしたカスタマイズが無駄になってしまうので、子テーマを作って自分だけのカスタムをするということです。

子テーマを作るために、上述のFTPをいじることになります。最初はサーバーいじるの怖いなぁ・・・なんて思いましたが、Xサーバーなら簡単にできました。今では自由にいじっています。

子テーマの作り方は、こちらのサイトにお世話になりました。丁寧でとても分かりやすいです。

ワードプレスの「子テーマ」とは?【誰でもできる作り方まとめたよ!!!】 | いわきで子育て。しながらブログ。

さらに、Wordpressのカスタマイズも2度目だったので、今度はサクサクできました。慣れて来ると、本当に色々なことができるので、Wordpress最高やん・・・と思いました。

今回、Xサーバーを利用して本当に良かったです。今のところ、当ブログを移管することは考えていませんが、将来的に移管する場合は、迷わずXサーバーに移管します。

もしWordpressを検討している方がいたら、迷わずXサーバーを選んでみて下さい。素人の私が言うので間違いありませんw

Xサーバー登録はこちらから➡ wpXレンタルサーバー