ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いている国際結婚&アメリカ在住キョドラーのブログです。

【ルーム】映画のあらすじ&感想:3m四方の部屋に監禁された母と息子の再出発に涙

f:id:oclife:20180202015617j:plain

ルーム


エマ・ドナヒューの小説「部屋」を映画化。7年間監禁されていた若い女性がそこで子供を産み、5歳になった息子が命がけで部屋を脱出。世間から隔絶されていた彼らが社会に適応していく様を描いた作品です。

 

【ルーム】作品情報

原題:Room
製作年:2015年
上映時間:118分
監督:レニー・アブラハムソン
出演:ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ショーン・ブリッジャーズ
言語:英語
受賞:2015年アカデミー賞主演女優賞
ジャンル:ドラマ

 

【ルーム】あらすじ

施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。

彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。

ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。

シネマトゥデイ

 

【ルーム】感想

小説を映画化したものですが、実際の事件を基にしているとも言われています。女性を何年も監禁するというおぞましい事件は日本でもありましたよね。海外では子どもまで産ませる事件も何度も起きています。

 

主人公のジョイは17歳の時に男に誘拐され、物置きに閉じ込められます。5歳になったジャックは外の世界を知りません。3m四方の小部屋で、ジャックのために小さな小さな文明世界を作り上げたジョイの強さに心を打たれます。

自分がジョイだったら、7年間もあんな小部屋で正気を保てるでしょうか。自分一人なら絶対無理ですわ。でもジャックのように小さな子どもがいたら・・・ああ、考えるだけで苦しい。

ここでは犯人の男は「オールド・ニック」と呼ばれます。オールド・ニックとは、17世紀半ば、キリスト教で「悪魔」を表す言葉です。原作者によれば、ジョイとジャックがメアリーとジーザスのような位置づけで、犯人の男がオールド・ニック(悪魔)です。

またジャックを男の子にしたのもとても重要な意味があって、アダムとイブという要素もあるそうです。小さな世界での男と女、そして悪魔オールド・ニックに対抗するための男性を、ジャックという善人の形にしてバランスをとったということです。

拉致や監禁を描いた映画は多いですが、本作のように地獄から抜け出したあとの困惑と戸惑い、社会に適応していくための道のりと再出発を描いた映画って貴重ですよね。たいてい、犯人が逮捕されてめでたしめでたしで終わってしまう作品が多い。でも実は、生還した被害者にその後どんな道のりが待っているのかをフォーカスすべきなんですよね。

印象的だったのがジョイの父親の態度ですね。娘が無事生還したものの、娘をレイプした男の子ども(ジャック)を受け入れらることができない父。凡作ならここで父もなんの躊躇も葛藤もなく孫のジャックを受け入れてるんでしょうが、心の隙にあるような男性目線の本音もしっかり描いているので、人間らしさを感じました。

ジョイの母の彼氏は血がつながっていないので、ジャックを快く受け入れられるという皮肉。ジョイの両親はおそらくは娘が行方不明になってしまったことをきっかけに離婚に至ったのでしょう。母は新しいレオという男性といっしょになっていて、ジョイは一瞬落胆するのですが、ジョイとジャックにとっては結果的にその状況の方が良かったことになります。外野は何とでも言えますけど、結局は本人たちにとってベストな状況というのがあるんですよね。

解放されたあとも、ジャックの戸惑いと困惑をサポートすることで精神的にもいっぱいいっぱいな中、メディアが家に押しかけたり、地域住民が「おかえり!」の旗をもって大勢家に待ち受けていたり、弁護士費用の捻出のためにメディアのインタビューを受ける話など、圧倒されてしまうジョイとジャック。

コネクションを持とうととしないジャックにいら立ち、思わず声を荒げてしまうジョイの苦悩、母親との口論でジャックと二人で生活しようとするためインタビューを受けるもメディアによる心ない質問で自責の念に駆られるジョイ、何からなにまで胸が苦しくなりました。

ジャック逃亡後、現場にかけつけた女性警官がものすごい有能で、クリミナルマインドのプロファイラーのようです。ジャックから聞き出した僅かな手がかりで居場所を突き止める優秀さが頼もしかったですね。

同時に、母の強さ、子どもの逞しさと順応力に驚嘆させられる作品でもあります。人間らしさを感じられる、いい作品に出会えました。必見です。

評価:85点

ルームは、Huluで視聴できます。