ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いている国際結婚&アメリカ在住キョドラーのブログです。

【Keep Watching(原題)】ホラー映画の感想:ホームインベージョン&一家惨殺を動画配信

f:id:oclife:20180208064225j:plain

 

新作ホラー「Keep Watching(原題)」を視聴した感想です。ホーム・インベージョンによる一家惨殺をネット配信するという手口のホラー映画です。恐怖感もアクションもイマイチなホラー映画でした。

ウォーキングデッドのカール役でおなじみのシャンドラーいえチャンドラー・リッグス君も出演しているわよ。

 

【キープ・ウオッチング(原題)】作品情報

原題:Keep Watching
製作年:2017年
上映時間:89分
監督:ショーン・カーター
出演:ベラ・ソーン、チャンドラー・リッグス、ヨアン・グリフィズ
言語:英語
ジャンル:ホラー

父親役は、ファンタスティックフォーでビヨ~ンと伸びる能力を持っていた人。 

 

【キープ・ウオッチング(原題)】あらすじ

ホームインベージョンして一家惨殺の様子を動画で配信する事件が発生します。

ジェイミーは、弟、父、継母と旅行から帰ってきますが、その夜、何者かが家に侵入し、ジェイミーたちを襲います。家の窓やドアには格子が付けられ、外に出ることもできません。果たしてジェイミーたちの運命は?

 

【キープ・ウオッチング(原題)】感想

イマイチ!チャンドラー・リッグス君が出ているので期待したんですけど。恐怖感もアクションもイマイチで、とりたてて特筆すべきところが何もないホラー映画でした。

犯人はあらゆるところに盗撮カメラを仕込んでいるようで、それぞれのカメラのアングルショットが多用されています。犯人の視点もカメラアングルです。映し出されるカメラアングルの全部が全部犯人の定点カメラではないと思いますが。要は、ホームビデオを見ているような感覚です。リアルに見せたいからなのでしょうが、これが非常に見にくくてイライラしました。

そいてこれがホラー映画として致命的なミスだったのではないかと思います。なぜならホラー映画なのでキャラと一緒になって恐怖感を感じるべきなのに、犯人が設定してるカメラアングルから見ているので、視点が犯人になってしまっているわけです。ふつうに映していたらもっと怖かったのになと残念に思いました。

犯人はナイトゴーグルも使用していたり、娘のパソコンに突然動画を流して見せたりと、やけにハイテクだったりします。そして窓やドアに格子をはめたりして家から出れないようにします。この辺はちょっとワナオトコっぽいですね。

でも三脚カメラを設置して、父ちゃんが来た時にシャッターを(おそらくリモコンで)切って、同時に自分も父ちゃんの後ろにちゃんと入るようにしたりとか、マメすぎるし段取りが良すぎるw とはいってもワナオトコのように有能じゃないし、あんまり怖くありません。

あと若い継母はオッパイ出しすぎな上に、羽織っていたカーディガンもずるっと下げて肩から腕から丸出しにする出血サービスしすぎじゃないですか。襲われているのに、セクシーをアピールしている場合じゃないと思います。

この映画の醍醐味は、ウォーキングデッドのカールを見ているような錯覚に陥ること、それのみ。チャンドラー・リッグスがまだすごく幼く見えてかわいいです。

評価:20点