ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている、ホラーを愛する国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

【シカゴP.D.】シーズン5第1話の感想:アントニオ復帰&トレイシー・スピリダコスがレギュラー昇格

f:id:oclife:20170929124952j:plain

Photo by NBC

シカゴP.D.のシーズン5が始まりました。 

テンションが上がります。今週はシカゴP.D.だけじゃなく、シカゴ・ファイアやロー&オーダーSVU、ブラックリストなんかも帰ってきますからね。ドラマはやっぱり秋冬シーズンがONです。

 

シカゴP.D.シーズン5第1話

シーズン4は衝撃のラストで終わり、ファンはショックを隠せませんでした。 

シカゴPDのエリン(ソフィア・ブッシュ)がシーズン4で降板!? 

【シカゴPD】シーズン4第23話最終回の感想&あらすじ(エリンがいなくなる!?)

私はシカゴPDのファンではありますが、特にエリンのファンというわけではないので、それほどショックはありません。しかしどのドラマでもオリジナルキャストがいなくなるというのは大きな衝撃があります。

私もまったく予期していなかったので、シーズン4の最後の方のストーリー展開と、エリン役のソフィア・ブッシュが降板?というニュースを聞いて、びっくりしたのは確かです。

エリンがいなくなった枠は、レギュラーに昇格したトレイシー・スピリダコス演じるアアップトンが埋めます。産休をとっていたキム・バージェスも戻って来てくれて嬉しいです。

でも何よりの朗報は、スピンオフ「シカゴ・ジャスティス」がシーズン1でキャンセルしたことを受けて、アントニオがインテリジェンスに戻ってきたことですね。

シーズン5もアクションあり、ショッキングなストーリー展開で始まりました。

 

シカゴP.D.シーズン5第1話のあらすじ

捜査中にギャングたちと銃撃戦になるインテリジェンスチーム。そこにいるはずのなかった少女が流れ弾を受けてしまいます。流れ弾は、ギャングたちの銃ではなく、インテリジェンスのメンバーが撃った銃弾であることが判明します。

 

シカゴP.D.シーズン5第1話の感想

エリンが最後にちょこっと顔出し出演するかなと思いましたが、残念ながらエリンは戻ってきませんでした。オリジナルキャストのエリンがいなくなるのは寂しいですが、シカゴPDはボイトが強いけん引役ですので、「エリンがいなくなったらシカゴPD見ない」という程ではないですね。

レギュラーに昇格したアップトン(トレイシー・スピリダコス)は、まあ妥当な人選と言えるでしょう。刑事としては可愛めのソフィア・ブッシュよりトレイシー・スピリダコスの方が似合っている気はします。まだ入ったばかりなので存在感薄いですけど、レボリューションではかなり良かったので、今後を期待したいです。

シーズン5であのボイトを悩ませた曲者ダニーがなんと舞い戻ってきました。うぇっ。なんでそんな簡単に。「ハンク、過去は過去、水に流そうぜ」なんつって、その表情からもう信用できない。まあ、ボイトは賢いので大丈夫だとは思いますが、ダニーの方が悪党で狡猾ですからね、油断できませんよ。

シカゴ・ファイアのシーズン1を見ていたときは、まさかボイトの身を心配するような日が来るとは夢にも思いませんでした。ボイトは、今では私の好きな海外ドラマのキャラTOP10入りしてますからね。

今回はジェイ(ホルステッド)がめちゃんこ可哀想だったなぁ・・・愛するエリンがいなくなった上に、今回の事件・・・これ凹むでしょう・・・もしかしてジェイがダークサイドに落ちるとかないかなぁ。ジェイは優等生だから、そんなジェイも見てみたい気もするんですよね。 

ルゼックはそろそろハゲそうだな。アトウォーターとちょっと不和が見られましたが、今後のパートナーシップは大丈夫でしょうか。

今回一番楽しみにしてたのは、やっぱりアント~ニオ~。半分くらいたってもなかなか出てこなかったので、ヤキモキしていました。そして登場。でもなんかチープなバイカーの変装してる。フェイクのタトゥーもたくさん付けてるw

おばさん、アソルトライフルもって突入するアントニオが見たくてねぇ・・・また見れる日が来るとは思わなかったよ。どういう経緯でインテリジェンスに戻ってくることになるのか、気になっていましたが、ふつうに戻ってきましたね。アントニオはやっぱり刑事なので、調査の仕事はつまらなかったと。ボイトが「また戻ってきなさいよ」なんて言って、アントニオ8秒くらい考えて即決、ハグしてがっちりシカゴPD戻って参りました。万歳。

今年イチオシ海外ドラマ「オザークへようこそ」の渋メン「デル・リオ」がずっとシカゴPDに出演していたことに気がつかなかったドラマファン失格の私からは以上です。だーかーらー、俳優が雰囲気変わり過ぎなのよ、こっちの人たちは。