ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いている国際結婚&アメリカ在住キョドラーのブログです。

社会的弱者の中のさらに弱者がモンスターのターゲットにされるという悲しい現実

f:id:oclife:20180221045109j:plain

note への初投稿です。

noteの利用はまだ様子見だったのですが、どんな感じか試したいこともあって、使ってみることにしました。

今回の投稿は、内容が衝撃的でブログには書けませんでしたので、noteで有料記事として投稿しました。2855文字とちょっと長めです。

記事の抜粋を引用していますので、ご興味がありましたら、「もっと見る」をクリックして頂くと、noteに飛んで読むことができます。

宜しくお願い致します。

8歳の少女に起きた悪夢

2013年6月、フロリダ州の大型店ウォールマートからチェリッシュという名の8歳の少女が誘拐された。母親が気づいた時には手遅れで、チェリッシュはその後、教会の近くの小川で無残な姿で発見された。

ウォールマートの防犯カメラの映像には、チェリッシュと一緒に店を出て行く男のが姿が確認された。男の名はドナルド・スミス。61歳のこの白髪頭の男は、チェリッシュの誘拐、レイプ、殺人容疑で逮捕された。

検死の結果、少女は私たちの想像を超える凄まじい暴力と性的暴行を受けて殺害されたことがわかった。ドナルド・スミスの裁判では、検死官が証言台に立って証言したのだが、少女が受けた凄まじい暴力の痕跡に、陪審員は涙を流し、検視官も耐えきれずに途中で休憩を要するほどであった。

少女は即死ではなかった。必死に抵抗しながら、絶命するまでに3~5分も地獄の苦しみを味わっていた。その苦しみは、女性が考え得る最低最悪のものであり、わずか8歳の少女がその地獄を味わって亡くなっていった。

少女に何が起きたのか?