ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想をパンピー視点で書いている国際結婚&アメリカ在住キョドラーのブログです。

まだ現金払いで消耗してるの?

f:id:oclife:20180401091455p:plain

現金主義で何が悪い。

そもそもクレジットカードなんて借金だし、現金で払えるものをわざわざ借金作って払う必要はない。

日本が現金主義なのは、偽造が難しく、お札に信用があることの証じゃないか。

犯罪も少ないので強盗に遭う確率も少ないから現金持ち歩くことができるなんて素晴らしいじゃないの。

不自由もないし、現金主義でなにも問題ない。

あっしも、こう思っていたんですよ。

アメリカに住むまでは。

 

日本の現金至上主義

世界の潮流がキャッシュレスに移行しているなか、日本の電子マネー伸び率は2017年で1.1%しか伸びておらず、逆に現金流通量が世界で突出しているそうです。

一方、日本の現金の流通量が、ここに来て世界に突出して増えていることをご存じだろうか。日本銀行が1年前の2月に発表したデータによると、紙幣や小銭を合計した現金流通高に対する名目GDP(国内総生産)比率では19.4%に達する。日本の名目GDPは550兆円ぐらいだから、110兆円ぐらいの現金が流通していることになる。実際に、2017年末時点で流通しているお札の額は106兆7000億円(日本銀行調べ)になる。

これを他の先進国と比較してみると、ユーロ圏では10.6%、米国は7.9%、英国に至っては3.7%しかない。日本は突出して、現金が流通している国と言っていいわけだ。言い換えれば、クレジットカードや小切手、プリペイドカード、電子マネーといった「キャッシュレス決済」が浸透していないことを意味している。

日本が現金払い主義からまるで脱せない理由 | 家計・貯金 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

日本、遅れすぎ。

世界ではITと金融を融合させたフィンテックをAIと組み合わせて画期的な決済システムや金融システムを構築しています。

さすがのアメリカは東にウォール街、西にシリコンバレーと、情報社会が到来してからは最も重要な分野である金融とITをしっかり押さえています。中国もキャッシュレスをどんどん進めています。

 

現金至上主義が日本経済の足を引っ張る

先進国がキャッシュレスに移行して経済生産性をどんどん上げていっている一方で、日本だけが現金にこだわり続けていると、経済力もどんどん遅れをとっていきます。

現金至上主義者はこれからの時代「社会悪」となるかもしれない(三戸 政和) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

現状だけ見ていれば「現金主義で何が悪い」という考え方で問題ないですが、未来も考えて俯瞰すると、現金主義は日本の足を引っぱっているという一面が見えてきます。

 

アメリカの日常生活はとことんキャッシュレス

私が現金至上主義から抜け出したきっかけは、アメリカに移住したことにあります。現金以外の支払い方法に慣れてしまうと、誰もが現金払いの非効率さ、危うさに気づくはずです。

アメリカではどの程度キャッシュレスが進んでいるか、私の日常生活の支払いの様子を紹介します。

スーパーの買い物

スーパーやコス子で食料品や日用品を買う時は、ほぼデビットカードによる支払いです。スーパーには無人レジも併設されているので、無人レジでデビットカードで支払っています。店員レジも(今のところはまだありますが)列ができていたら迷わず無人レジです。

さらにデビットカードで支払うと同時にキャッシュバック(キャッシュアウト)できるので(「ラルフ」というスーパーで上限100㌦まで)、同時に現金も下ろします。ATMに行って3㌦も5㌦も手数料を取られる必要はありません。

スーパーで現金を下ろせる【デビットカード+キャッシュアウト】はアメリカでは最強のコンビ

モールや小売店での買い物(オンライン含む)

モールで洋服やコスメを買う時もほぼ100%カード払いです。毎月の支出管理のためにデビットを使うほうが多いのですが、クレカだと1%キャッシュバックされるので最近はなるべくクレカを使うようにしています。特に金額が大きかったらクレカです。

またはPaypalによる支払いです。

レストランの支払い

100%カード払いです。チップもカードに計上できます。クレカ払いだと数パーセントキャッシュバックまたは割引のところも多いので、現金より安くなります。

家賃の支払い

家賃は小切手で支払っています。水道光熱費は家賃に含まれ、一枚の小切手で支払っています。

保険の支払い

各種保険は小切手で支払っています。

現金で支払っているものは?

逆に現金で支払っているものは、子どものランチマネー(給食費)、学校への寄付、写真代、スターバックスなど少額の支払い、ガソリン代(現金の方が10㌣くらい安いため)くらいでしょうか。

学校関係の支払いはもちろん小切手やカードでも払えますが少額なので現金で支払っています。

周囲を見回してみても、カード払いか電子マネーによる支払いの方が現金より多い印象です。スターバックスはカードでスマホかざして払っている人ばかりです。

電子マネーはまだ未使用なんですけど、クレカ、デビット、PayPal 、各種ポイントも全部スマホで一元管理できたら便利だと思うわきっと。

 

まとめ

現金至上主義がいかに非効率であるかは、実際にキャッシュレスに移行した人じゃないと分からない。冒頭に述べたとおり、私自身も最初は懐疑的でした。でも実際に使ってみると、自分の考え方が単なるレイジーで思考停止してたということに気づきます。

支払い明細はオンラインで照会すればすぐ分かりますから自分が面倒臭がっているだけなんですよね。現金だって何にいくら使ったかを管理するには家計簿を記録しなければならない。

「決まった額だけを毎月引き出して使うから私は現金じゃないとダメ」ということも、アメリカの銀行だと適用されません。アメリカの銀行には Checking と Saving 口座の二種類があるので、決まった金額を Checking に入れておけばいい話です。

電子マネーなら、アメリカでも日本でもどこでも、可処分の分だけ分けることなんかお茶の子でしょうし。

海外旅行をするにしても、カードを使えば空港で列に並んで通貨の両替が必要なくなるし、バカ高い両替手数料も取られない。電子マネーでそのまま世界中で使えるようになったら凄くないですか?

現金は盗まれても戻ってきませんが、カードは不正使用があればカード会社が補填してくれる。

財布を落としても戻ってきませんが、電子マネーを実装したスマホならリモートロックをかけることができる。

現金にはポイントやキャッシュバックがつかないけど、カードにはついてくる。

そもそも文書、書籍、雑誌、新聞という紙媒体がすべてデジタルに移行している流れで、通貨だけ紙止まりでいるはずもなく、デジタルに移行するのは自然な進化なのです。

日本人が変化を嫌うのは国民性ではなくて新しい物に手をつけない高齢者の人口が多くなったからだという抗弁もあるけれど、現在のシステム自体に疑問を持たないこと自体が思考停止だし、現状に満足して変化を嫌うということでもありますからね。

リンク先で言及されているようにロイヤルホストが現金支払いを一切お断りにするのは急すぎると思いますが、アメリカのようにどんな小さな店に行っても現金、小切手、クレジット、デビット、電子マネー、Paypal、その他が選べるような選択肢があると消費者にとって便利で消費もしやすくなり、経済効果が見込めます。

50年後には紙の紙幣や硬貨、財布もなくなってるかもしれませんね。代わりにカード入れがメインになりそう?

いや 、この思考も遅すぎるな、すでにAmazon Goが2017年にオープンしているので、その頃にはもっと新しい金融システムが導入されているかもしれません。