ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている、ホラーを愛する国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン3第9話&10話の感想あらすじ

f:id:oclife:20170911152441j:plain

Photo by Richard Foreman Jr/AMC

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドのシーズン3の後半が中休みを終えて戻ってきました。

ご存知、ウォーキング・デッドのスピンオフですけど、はっきりいって面白くありません。

ゾンビファンじゃなければ見なくていいと思うレベルです。

ゾンビファンでも見なくてもいいかも。

私はいつキャンセルにしてくれるのかを待ちわびながら見ています。

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】第9話&10話

第9話と第10話は同日放送されたので、あらすじ感想も一緒にまとめます。

 

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】第9話&第10話あらすじ

第9話

ジェレマイアの死をもって、ウォーカーたちと和平を結んだマディソンたち。ウォーカーたちが移住してきて共同生活が始まります。え?一緒に住むの?

共存することを受け入れられないメンバーもいて、トラブルが続きます。トロイもその一人。

安全のために武器を武器庫に保管することにしますが、トロイは武器を渡そうとせず、家に籠城、ウォーカーたちと撃ち合いに。結局、トロイは追放されることに。

第10話

水があと6週間分しかないことを知ったマディソンは、ウォーカーと二人で水を買いに行きます。そこでストランドと偶然再会。ストランドの危機を救ったマディソンは、ストランドにダムまで案内させることに。

ランチでは水を巡って小競り合いが続き、アリシアが6週間分の水しかないと言ったことから事態は悪化します。

 

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】第9話&第10話の感想

第9話はウォーカー(ゾンビのほう)なんかどこに出ているんだと怒りが湧いてくるレベルでした。このドラマ、酷すぎます。

そもそも、ウォーカー(人間のほう)たちがわざわざランチに引っ越してきて共同生活する必要性はあったんでしょうか?これまで通りに住み分けしていればよかったのでは。

それともこれは多文化共生の再現?殺し合いしそうになったけど、踏みとどまったっていうレクチャー?

それまで殺し合っていた相手と生活しなきゃいけないくらいなら、私ならランチを去ります。トロイが追放になったときも、普通なら兄弟が追放になったら、一緒に行くとかしませんか?家族が追放になったら、もちろんついて行きますよね。

もともとトロイとジェイクの仲が宜しくなかったのか、異母兄弟というのがあるのか、心情が分かりませんが、そこを突っ込んだところで、ジェイクに「僕はランチの皆を守らなければならないから行けないんだ!」とかふざけたこと言わせそうですね。

マディソンとニックとトロイの関係もなんだかよくわからないことになっていました。製作陣は、このドラマで一体なにを見せたいんだろう。どこを目指しているんだろう。

砂漠の真ん中にあるようなランチのどこに価値があるのでしょうか。

ニックが罰を受ける意味も分からない。銃も撃ってないし、答弁の機会もない。ニックも好きじゃないけれど。ていうか、登場人物誰も好きじゃない!それどころか、ウォーカーに皆食われちまえと本気で思っている。

ニックが刑罰終わってからも、「ニックよくやってくれたわね、戦いましょ、ほらお土産」とか言って銃持ってきてたりして、銃1丁で何すんだ。こいつら、一生殺し合いしてろって言いたくなります。

ウォーカーは全然出てきません。

アリシアもお馬鹿すぎです。6週間分の水しかないことをみんなにバラしちゃって、状況を悪化させる始末。

最後は落ち着くところに落ち着いたんだけど、ウォーカーここまでほとんど出番なし。あっ、ストランド絡みでちょっとだけ出たわ。

次回のあらすじ&感想はこちら→

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン3第11話あらすじ&感想