ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

「プロメテウス」映画の感想(ネタバレ)エイリアン:コヴェナントの前作はエイリアンの起源

f:id:oclife:20170910024018j:plain

2017年9月公開予定のエイリアン:コヴェナントを観ようと思ったら、前作があるっていうじゃないの。

え?エイリアン1~4以降にエイリアンの映画作られてたの?おばさん、聞いてない。

アメリカではあんまり話題にもなっていなかった気がするので、駄作なんかなと思いながらも、エイリアンなので観ることにした。

ちょっとググってみると、2012年の「プロメテウス」っていう映画らしい。

プロメテウス?名前だけ耳にした記憶があるけど…2012年は育児真っ最中だし、スルーしてたんだな、きっと。

プロメテウスが「エイリアン」の続編で、エイリアンの前日譚だなんて、知らなかったよ…だってパッケージみても「人類の起源」とか「人類はどこから来たのか」しか書いてないんだから、これで「エイリアン」なんて分かるやついないだろ。

当初、同監督の『エイリアン』(1979年)の前日譚として企画されたが、後にその見解の確定性を弱める発言がなされるようになった。

(引用:プロメテウス (映画) - Wikipedia

こんなふうに書かれてたので、結局、評判が芳しくないから、エイリアンの続編として大々的に認知されなかったんでしょうね。

1979年に「エイリアン」を監督したリドリー・スコットだけど、2012年にもまた同じように伝説となる映画を作れるとは限らないんだな。

撮影はアイスランドとスコットランドです。

 

以下、ネタバレ

映画「プロメテウス」 

「プロメテウス」のあらすじ

冒頭、ナイアガラの滝のようなところで、真っ白な異星人みたいな人が裸で立ってる。これが紀元前32億年。

お椀に入った黒い液体を飲み干すと、黒い液体が細胞を壊し始めてるみたいで、彼の体は滝へと崩れ落ちる。

2089年、チャーリーとエリザベスのカップル考古学者が古代遺跡からなにか発見。ウェイランド・コーポレーションがプロメテウスという宇宙船で、人類の起源という秘密をもった惑星に向かう。

2093年に到着。その惑星にいたのは、冒頭の異星人なんだけど、なんか憑りつかれている感じで人間を殺そうとする。

 

「プロメテウス」の感想

エイリアンのシガーニー・ウィーバーはやっぱり偉大だな。私は別にエイリアンのファンではないけれど、エイリアンのシリーズはどれも好き。

エイリアンてなんと、1979年作なのよ!!エイリアン2が1986年。やっぱり映画は予算があればいいってもんじゃないわね。

本作プロメテウスは「エイリアン」のリプリーが誕生した頃の話(2092年生まれ)。コヴェナントは2104年の話なので、プロメテウスから11年後の話ですね。

本作プロメテウスは、登場人物がみんな薄い。存在感なし。二人の考古学者カップルが主役なんだと思ったんだけど

謎の司令官を演じるシャーリーズ・セロンは置いとくとして、唯一存在感があって好感持てたのは、艦長の男性かな。彼だけはオリジナルのエイリアンに出てもオケ。

チャーリーは確かドラマ「OC」でライアンの腐れ兄を演じた俳優だよね。あと潜入捜査ドラマ「ダーク・ブルー」でディーンを演じていた。ディーン役は格好良かったんだけど、シーズン2でキャンセルされちゃった。主演がディラン・マクダーモットっていうのがいけなかったような気がする。単に顔が嫌いなだけなんだけど。

でも本作では、ちょっとDQN系というか、あんた本当に考古学者?って訝しく見てしまうような残念な役。

ビショップのようなアンドロイドもちゃんと出ているけど、名前がデビッド。センスないな。

考古学者のエリザベスはいちおう主役なんでしょうが、存在感なさすぎてどうしようもないし、イラッとくる。

そんで、人類の起源の話だけど、なんかよく分からない。結局あの巨人は誰なの?いちおう創造主だけど、あの黒い液体のせいで殺人マシーンになってしまい、最後はダーク巨人とエイリアンの祖先のマスクの合体でエイリアンの原形が誕生ってことかな?

最後でわかることは、この映画はエイリアンの起源であって、人類の起源ではないよね…

続きが気になるので、エイリアン:コヴェナント見てみます。

本作の良かった点は、ずばり映像美。映像は美しかったです。未来の設定なので、ハイテクも見どころ。惑星の洞窟内で、地形を3Dで再現するマシンとかも凄い。

一番の見どころは、なんといっても

エイリアンの赤ちゃんの帝王切開です。

手術とかできちゃうカプセルがあるんですよ。帝王切開とかメニューがあったりして、オーダーするとできるようになってるんです。ハイテクすぎる。でもこれが一番の見どころだったってどうなの。

エリザベスとヴィッカーズの包帯のようなチューブトップとパンツの姿がセクシーでした。

エイリアンの赤ちゃんはちゃんと水に入ってるのね…でもクィーンが生んでる壺のような卵からも出てくるよね。卵生も胎生もOKなのかな。

まあオリジナルには叶わないけど、映像美だとか、黒い液体だとか、エイリアンも祖先ぽい感じだったりして、まあ楽しめました。ただこれをエイリアンの続編としちゃうのは確かにおこがましいかもしれない。

評価:50点

2017年の続編「エイリアン:コヴェナント」の感想はこちら→

『エイリアン:コヴェナント』映画の感想&あらすじ(ネタバレ):ネオモーフ大活躍