ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

ドラマ版「ザ・シューター」シーズン2の感想:シーズン1より面白い(ネタバレなし)

f:id:oclife:20170907031502j:plain

ドラマ版「ザ・シューター」のシーズン2を見終わった感想です。

結論から言いますと、私はシーズン1よりシーズン2の方が好きでした。

なお、ライアン・フィリップが家族で出かけた際に足を骨折してしまったためにシーズン2は、8話構成になっています。

シーズン1は、緊張のクライマックスが第1話の最後のシーンでそこから徐々にハラハラドキドキも少なくなっていきました。最後の方は人物相関が散漫になってしまったのが残念。チョコチョコとアクションも見せて、無難にまとまったかなという感じ。

シーズン2はアフガニスタン、ヘロイン、CIA、ソロトフ、アトラスという謎の組織、プリズン・ブレイクあったりして楽しめました。

「ザ・シューター」シーズン2の紹介

「ザ・シューター」シーズン2のあらすじ

テキサスの農場で妻子とともに暮らすボブ・リー。ドイツで開かれる授賞式に夫婦で出席します。

突然、武装した男たちが突入してきて銃を撃ち始めます。ボブ・リーの海兵隊時代の仲間も犠牲になります。テロと思われた事件でしたが、ボブ・リーはそれがボブ・リーの部隊を狙ったものだと確信。

ボブ・リーは残った仲間と協力して部隊を狙う敵を探します。

 

「ザ・シューター」シーズン2の感想

シーズン2で好きじゃなかった点は、過去のミリタリー時代の話と現在の話が頻繁に前後する点です。そして、ソロトフとの因縁も、ミリタリー時代の話に戻して、そこにソロトフを無理やりぶっこむという雑な後付けでした。

さすがにゲーム・オブ・スローンズとかウェントワース女子刑務所とかホームランド見ちゃったりしていると、こういう後付けの展開が稚拙に感じてしまいます。

過去を遡った話のときは、みんなミリタリーのユニフォームを着用しているので、過去だということは簡単に分かりますし、現在なのか過去なのか分からないと混乱することはないのですが、あまりにも頻繁に現在と過去がスイッチしすぎです。シーズン1の最後の方で脱落したクワンティコと同じくらいスイッチします。

あとやっぱりボブ・リー(ライアン・フィリップ)は役不足だな。綺麗すぎる。ライアン・フィリップは嫌いじゃないんだけど。もっと泥臭さを感じたいんですよね。まあ、ライトなタッチのドラマなので、逆にちょうどいいのかもしれませんが。

ソロトフは良かった。ボブ・リーとの最初の直接対決はキレがあってハラハラしました。ただソロトフは誰も顔を知らない暗殺者でスナイパーだというのに、けっこうずさんです。

すぐに居場所を突き止められちゃったり、国連職員としてボブ・リーの部隊に平気で顔出したり、ある女性の暗殺を企てて、偽装するのをミリタリーメンバーにしっかり見られて糾弾されたりとか、ずさんすぎる面があるんです。

「ゴースト(幽霊)」とも言われている暗殺者がそんな簡単にボロ出すってのは…せっかくジョシュ・スチュアートが頑張ってるのに、なんだかなぁ。

あの女性の暗殺だって、奇襲かけた隙にスナイパーで狙えば良かったんじゃないの?わざわざ顔出して危険をおかして、おまけにバッチリ工作見られてて疑われるとか…世界一レベルの暗殺者がそんな計画立てる?

あと、10話構成なので仕方ないのかもしれませんが、演出が見え透いているのが残念。ソロトフがジュリーに接近して、旦那との関係でアドバイスをちょこっとするんだけど、ジュリーがそのすぐあとにボブ・リーにソロトフが使った単語をそのまま使うとかね。分かりやすすぎて、イライラするんですよね。

ジュリーもジュリーで、シーズン2はPTSDに苛まされて面倒くさいキャラになっています。シーズン1は好印象のキャラだっただけに残念。ジュリーのPTSDは別に要らなかったかも。射撃場に行ったりするんだけど、ハイハイわかったわかった、という身も蓋もない感想しか出ない。

この嫁、絶対なんかやりそうだわーと思ったら、案の定面倒くさい事件を引き起こします。ボブ・リーは刑務所抜け出したり、ソロトフから逃げたり、アイザック助けたりして忙しいの。

でもジュリーが面倒くさいことになってたんで、面白い展開にはなったんですけどね。足を引っ張る度でいうと、24のキム・バウアーレベル。

そしてシーズン1から引き続き出演のFBI捜査官のメンフィス。この人はこのドラマの一番ダメなキャラ。信用できるけど、頼りなさすぎ、綺麗すぎ、清廉潔白すぎ。もっとこう、シワがあったり傷があったり汚れてたり、なんか欠点作ってくれよ。

キャラに深みがまったく感じられない。このキャラは大失敗作。しかも無能。海兵隊員の一人まんまと逃しちゃったり、あの人を死なせちゃったりさ。

シーズン1で刑務所内でボブ・リーを助けたロシア人マフィアのおっさんも出演しますよ。ただ、ロシア人のおっさんを怖がらせる演出とかテンプレすぎるな。

あと、やっぱりセリフがダサダサ。

ソロトフに「I feel connection」とか言わせるなよ…

でも最終回面白かったです。パズルのピースが次々とハマっていく感じで、黒幕の正体も分かります。黒幕をシーズン前半から見せておいて、最後にその素性を明かすっていう手のほうが面白いかもしれないな。

でもクリフハンガーで終わってしまいました。続きが気になる。