ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン7第5話の感想~あの人が生きていた~

ゲーム・オブ・スローンズシーズン7Photo: HBO

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン7第5話の感想とあらすじです。

今回は、物語が対ホワイトウォーカーたちに向けて大きく動き始めました。

サーセイだけが空回りというか、鉄の王座と王国にこだわり続けています。

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン7第5話のあらすじ

あらすじダイジェスト

・ジェイミーはブロンのおかげで間一髪助かる。

・ラニスター軍はデナーリスに忠誠を誓えと言われるが、サムの父ターリーとその息子は気概を見せて忠誠を断った結果、あっさりドラゴンに焼かれちゃう。

・ジョラー・モーモントがデナの元に戻ってきて再会。

・ジョンは鳩の伝言でアーリアとブランが生きていること、死の軍がイーストウオッチに近付いていることを知る。

・鉄の王座どころか人類が危なくなってきたので、サーセイにワイトを見せて死の軍が事実であることを伝える作戦を立てるデナとジョン。玉ねぎダヴォスとブロンの協力でティリオンとジェイミーが再会し、ミーティングをセッティング。

ジェンドリ生きてた。クリスチャン・ベール風味のお茶漬けね。ジェンドリを引き取るダヴォス。

・サミュエルはギリーとシタデルをる。

・イーストウオッチにジョンたち到着。ハウンドたちがいて、一緒に壁の向こうに行くと申し出る。

・あっ、忘れてた、サーセイご懐妊?

 

【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン7第5話の感想

サミュエル・ターリーの鬼父ランデルは、ガッツがあることは認める。ただサムに冷たいだけ。サーセイには何の義理もないはずだけど、実の父を殺して敵と手を組んだティリオンを蔑み、「野蛮人」ドスラキを従えるデナーリスに仕えない選択は、ウェスタロスの領主として理解できるな。

息子も気概を見せたけど、ドラゴンの炎の前に成すすべもなく。視聴者として応援したいのはラニスターではなくターガリエン(デナーリス)なんだけど、敵であっても気概ある兵士が処刑されるのを観るのはツライものがある。

サーセイはショートカットが似合わないので、そろそろ伸ばしてあげてはどうかしら。ゲーム・オブ・スローンズがシーズン8で完結するまでに、サーセイの長いゴールデンヘアが見たいのよ。

ジョンとドラゴン(ドロゴン?)の初めての接触が感動的でした。ドロゴンは、ジョンの中のターガリエンの血を嗅ぎ取ったに違いないよ、あの眼は。

そしてジョラーがデナのもとに戻って来て、デナは一層心強い。ここでジョンが「モーモントに仕えてた、彼は素晴らしい人だった」と言うんだけど、やっぱりすごいよねゲーム・オブ・スローンズは。ここに集まった3人が、過去に何らかのしがらみでいい感じにつながってるんだもん。伏線とかこざかしい細工なしに。原作者ジョージ・R・マーティンの頭の中いったいどうなってんのよ?

そしてジェンドリーが生きていました~みんな、覚えてる?スタニス・バラシオンと魔女メリッサンドルがジェンドリーを生贄にしようとしてダヴォスが逃がしたロバート・バラシオンの私生児よ。アーリアとちょっと旅を一緒にしたわね。

ジェンドリーがジョンに「思ったより背が低い」と言ったセリフ、いいわね。ジョンはいつも背の低さをゲーム・オブ・スローンズのSNSでからかわれているものね。でも私は背が高い男性より低い男性の方が割と好きよ!

アーリアがリトルフィンガーを見張ってると思ったら、リトルフィンガーがアーリアを見張ってた…ヤバイなー不穏な雰囲気。リトルフィンガーはスタークに不和を引き起こそうとしているわね。

ジョン、野人トーマンド、ジョラー・モーモント、ジェンドリ、ハウンド、旗手なき兄弟師団たちという最恐のチームがそろったけど、ホワイトウォーカー怖い…絶対誰か命を落としそうな予感です。せっかく生きてたジェンドリあたりかな…

死の軍が迫ってるし、とりあえず鉄の王座の争いは横に置いておいて、ラニスター、ターガリエン、北が手を結んで死の軍と戦うのが先になりそう?でもサーセイのことだから、隙あらば火事場に紛れて何かしそうな気がする。

いよいよ、冬がここに来た感。

第6話の感想はこちら☞【ゲーム・オブ・スローンズ】シーズン7第6話の感想ネタバレ~ヤバすぎて震える&鳥肌~  

ゲーム・オブ・スローンズのシーズン7はAmazonで視聴できます!

ゲーム・オブ・スローンズはHuluで視聴できます。