ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている、ホラーを愛する国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

【わらの犬】オリジナルも絡めてリメイク映画の感想~諸悪の根源は女なのか!?

f:id:oclife:20170801210556j:plain

© 2011 - Sony Pictures

レイプリベンジ映画「わらの犬」を見ました。

原題は straw dogs で、2011年の作品です。

1971年ダスティン・ホフマン主演の「わらの犬」のリメイク版です。

主演はケイト・ボズワースと、Xメンシリーズのスコット役を演じるジェームズ・マースデン。

 映画【わらの犬】リメイク版のあらすじ

ハリウッドの脚本家デビッドは、妻エイミーの故郷であるアメリカ南部ミシシッピーに引っ越してきます。

エイミーの元彼氏チャーリーとも再会し、チャーリーの仲間や町の人々に会う二人。

しかし都会人デビッドと町の人々の間の小さなひずみは、だんだん大きくなっていきます。

妻のエイミーにも悲劇が起き、地元のアメフトコーチのトムやその15歳の娘ジャニス、知的障害のあるジェレミーも巻き込んで、亀裂は互いへの憎悪に変わります。

デビッドはついに忍耐の限界に達し…

というストーリーです。 

内容はオリジナルとほぼ同じですが、オリジナルの舞台はイギリスでした。リメイク版はミシシッピー州でした。

キャラの名前も同じです。セリフも酷似しています。

 

映画【わらの犬】リメイク版の感想(ネタバレ注意)

キャスト

主演のデビッドはXメンシリーズでスコットを演じているジェームズ・マースデンです。1973年生まれですが、童顔なので、いつまでも青年ぽい顔立ちですね。

個人的には、嫌いな顔の系統です。クリス・パインの顔も嫌いなので、こういった系統の顔が苦手なようです。イケメンなのにね。

デビッドの嫁エイミーの役にケイト・ボズワース。一時期、摂食障害で激やせしてしまって心配でしたが、本作でもまだ痩せてますね~ガリガリです。

二人はまあまあ良かったと思います。

エイミーの元カレで、対立する相手のチャーリー役のアレクサンダー・スカルスガルドさんは、スウェーデン人です。さすがスウェーデン人、英語は完璧ですね。

そしてイケメンで長身、ナイスボディで、憎むべき相手であるのに、その屈強な上半身に何度かウットリしてしまったのは、きっと私だけではあるまい。

彼の演技も、とても良かったです。

元カノのエイミーへのレイプ、そのあとエイミーが自分の仲間ノーマンに襲われてしまった時の複雑な心境の表情などが上手でした。

ノーマン役にはライズ・コイロというイタリア系の男優。この方、たまに映画で見かけますが、けっこう好み。本作では、あまり言葉を発することなく、エイミーの体を舐め回すように凝視するゲスいクズ役が似合ってました。

そしてアメフトのコーチのトム役にジェームズ・ウッズです。ジェームズ・ウッズはいい俳優だけど、この映画のコーチ役は、ちょっとうるさかったですね。

トムの15歳のチアリーダー娘ジャニスにウィラ・ホーランドです。実はウィラ・ホーランドが大嫌いでして。OCや、ゴシップ・ガール、レギオン、アローなどに出演していますが、顔を見るたびにゲッとなってしまいます。なんでかは分かりません。顔も演技も嫌いなんだと思う。どうしても好きになれないんですよね。

最後にプリズン・ブレイクでリンカーンを演じているドミニク・パーセルです。ドミニクが出ていてビックリしましたね。軽い知的障害があるジェイミーという男性の役ですが、好演していました。

 

感想

さて感想ですが、わたしの評価はフツーというところです。

まず、嫁エイミーに非常にイライラさせられました。

なんなんでしょうか、この女性は。先日見たデッド・オア・リベンジでもちょっと触れたんですが、若い作業員の男たちがウロウロしている中でも、常にノーブラで肌を最大限に露出しています。

ノーブラで裸足でその辺をランニングしているんです。で、男たちがその体を舐め回すように見ています。

エイミーはそのことをデビッドに言いますが、デビッドからは「ブラしたら」みたいな返答が返ってきます。そうすると、フェミニスト魂が叫ぶのか、デビッドにふくれっ面をして「私はあなたのために着ているのに」とか、よく分からないことを言います。

そして2階の窓から、作業員たちにむかって洋服を脱ぎ、裸体を披露するんです。

ごめんけど、まったくこの行動の意図がわからなかった。

「そんなに見たいなら見せてやるわ、さあとくと拝みやがれ」

という心境なのでしょうか。

そんなエイミーですが、元カレのチャーリーにレイプされてしまいます。

その後、すぐにノーマンにもレイプされてしまいます。

エイミー、警察呼べよ。

でも警察呼ばないんです。

デビッドにも言わず、それどころか、なぜかアメフトの試合にデビッドを誘って行くという、わけのわからない行動をとります。アメフト試合の途中でレイプがフラッシュバックして帰ろうとするも、わざわざチャーリーの目の前を通り、チャーリーの顔の前にお尻を見せながら帰って行きます。

そらないだろ…

被害者の心情としては、加害者にはどんなことがあっても会いたくありません。顔も見たくないし、同じ空間にいれば、顔を背け、自分から距離を詰めるようなことは絶対にあり得ません。

こうした矛盾もあって、エイミーの気持ちもよく分からず、共感することがまったくできませんでした。

オリジナル版のエイミーは、本作リメイクのエイミーのように露出はあまりしていませんが、男性の前でスカートをまくってパンティを見せたり、カーテンを閉めずに裸になって男性に見せるといった行為はしています。

またチャーリーが家に来た時も、オリジナル版では家の中に入れて、酒をすすめ、チャーリーが「イヤなら帰るよ」と言ったのに「いえ、酒を飲んで」なんて言って、チャーリーがキスをすると抵抗しないんで、なんなんだ!とか思ってしまいました。つまり、ティーズしている(じらせている)ように感じました。

さらにはチャーリーの顔や頭を手で抱きかかえたりしているので、レイプされているのかメイクラブしているのか、よく分からなくなってしまう状況です。

リメイクでは家に入るのを拒否していますが、やはりチャーリーとキスを交わしたり、嫌なんだけど複雑な心境で感じてきてしまった、みたいな描写も見受けられた気がします。

オリジナルではエイミーは猫をかわいがり、仕事で忙しいデビッドの邪魔をしたりイタズラをしたりするので、天真爛漫な性格ということなのかもしれません。

そしてジェイミーを誘い続ける15歳のジャニス。お前が諸悪の根源か、と言いたくなるほどトラブルメーカー。

エイミーもジャニスもトリガー的な要素が満載でした。

次に、人間関係のいざこざがよく整理されていない点がこの映画の問題点でした。

デビッド&エイミー vs 町の人 という割には、その対立構造がいまいち納得しがたいものでした。コーチが腹を立てていたのは娘ジャニスが気に入ってちょっかいを出しているジェイミーで、デビッドとエイミーに対しては特になんの憎しみもなかったはずなんです。

コーチがジェイミーを殴ろうとするのをエイミーが止めに入ったことはありましたが、いまいち説得力不足です。ジェイミーを匿ったことで怒るのは分かりますが、あの時点ではジャニスが殺されてしまったことも知らないわけですから。

おそらく、デビッドとエイミーにチャーリーたちを仕向けるための扇動者として、コーチという激昂しやすい短気な人物像が必要だったのでしょう。

デビッドとエイミーはたまたまジェイミーを助けただけなので、デビッド達の家まで破壊するには説得力が足らない。ジェイミーをデビッドたちともっと仲良くさせておくとかの根回しが明らかに欠けていました。

また、デビッドとチャーリー達の対立も不十分だったように思います。

終盤、ジェイミーを匿ったあたりから事態は加速しますが、デビッドが途中で強気になったきっかけがよく分からなかった。嫁がレイプされたことを知って、復讐心に火がついた、とかなら分かるんですが。

でもチャーリー達との戦いは、想像力豊かな戦いで楽しむことができました。むしょうにワナオトコが見たくなりましたね。

熊のトラップでしたっけ、あれをいつ使うのかなーと思ってたんですが、いざ画面に出現したときは「ヒッ!」と声が出てしまいました。あのシーンは一見の価値ありですね。