ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている、ホラーを愛する国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

【プリズン・ブレイク】続編シーズン5第5話の感想(ネタバレ)真相が明らかに!

f:id:oclife:20170503155238j:plain

Photo courtesy: Fox channel

「プリズン・ブレイク」の続編:シーズン5第5話の感想です。

今回のエピソードのハイライトは

①マイケルの口から真相が語られる

②ISILと鬼ごっこ

③ポセイドンはあの人じゃないのか?

です。

 

以下、ネタバレ注意

【プリズン・ブレイク】続編シーズン5第5話のあらすじ&感想

【プリズン・ブレイク】続編シーズン5第5話のあらすじ

Tバッグはサラに旦那ジェイコブが暗殺者二人と会っている写真をみせます。

サラは息子マイクを連れて友人の家に避難。ジェイコブは暗殺者二人に5万ドルを渡して妻を見逃してくれと取引したんだと説明します。

ISILはアブ・ラマールの埋葬をしながら、マイケル達の首に賞金を懸けます。

片目の男がマイケル達を尾行し、ISILに居場所を報告します。片目の男がシドを撃ち、シド死亡。

一方、空港にもISILの手が忍び寄ります。

CノートとシドはISILからパイロットを助けます。パイロット、シドとその家族とともに、飛行機の中に身を潜めてリンカーンとマイケルを待つCノート。

しかしあと5分というところで、怯えたパイロットが耐えきれずに飛行機を離陸してしまいます。

マイケル達はフェンス越しに飛び立つ飛行機を眺めます。ISILが再びマイケル達を追います。

 

【プリズン・ブレイク】続編シーズン5第5話の感想

さすがにISILの集会では現地語でしたね。いくらドラマといえど、ISILの集会で英語喋ってたらガクッと膝にきますね。

刑務所からはなんとか無事に脱獄できたけれど、ISIL支配下の国から抜け出るのも非常に困難ですよね。おまけにアブ・ラマールを殺害した者としてテレビで大々的に顔が知られちゃってますよ。さらに懸賞金まで賭けられちゃった!

そろそろスクレの出番だな。

シバを襲ったあの片目の男はリンカーンにとどめを刺されそうですね。

あとISIL同士の会話がやっぱり英語だった…やっぱり気になる…

 

そしてついにマイケルの口から真相が!

なるほど~無罪放免となった直後にポセイドンから脅されたのね。ポセイドンはかなりの力を持ってますね。そしてサイコパスとは。

あとづけのストーリー展開になってしまうのはしょうがありませんが、マイケルの性格を考えると、サラやリンカーンを守るために自分を犠牲にするという点でまあ納得できるかな。マイケル…あんたいい人だ…

ファイナル・ブレイクでサラが刑務所で痛めつけられたのも、マイケルがポセイドンの要求を断ったからということになっています。

これ、シーズン5としてシーズン4の後にすぐ放送してたら、プリズン・ブレイクは巻き返しできたかもしれないな。ナイス伏線になってたかもしれない。

そもそもリンカーンを助けるために、自分の人生も何もかも捨てた人ですからね。自分よりリンカーンとサラたちの方が大事なはずです。

あとCノートも相当の善人にトランスフォームしましたね。空港で「マイケルとリンカーンを待つの!!」と頑固にシバに言っていて、Cノートからすればそこまで恩義はないはずだけど。結果的にマイケルを利用して刑務所から出て司法取引で無罪放免になったっていうのはあるけど。

そしてCノート、つええ!!あっ…元軍人か…

あ、アメリカの軍人ですが、軍人だからといって皆強いというわけではありません。一応基本的なことは訓練するし、ブートキャンプもあるけど、やっぱり人それぞれみたいですよ。うちの旦那と海軍同僚は90%がチキンって言ってましたからね。同僚曰く、アメリカの警察の方がツカえるんじゃないかと言っていましたね。とはいえシールズのような特殊部隊はご存知の通り世界一でしょうけど。

うちの旦那は精神的には強いですね。なんたって海軍でのあだ名が「ナッツ(狂人)」で、テロリストの刑務所でテロリストに付けられたあだ名はなんだと思います?

「デビル(悪魔)」ですよ、デビル。あんた、何やってきたんだよ。

そしてシバも怖い者知らずですね。やるなぁーシバ。

あとさぁ、シドはともかく、マイコーとリンクとウイップとジャは頭になんかかぶって現地の服装着るとかしたほうがいんじゃないのかな?

と思ってたら、ほら~リンクのアメリカンブーツで見つかっちゃったじゃないの!

シド死んでしまいましたね…あの片目の男はあそこで殺しておいた方が良かったですよね。

ジェイコブはぁ、全っ然、信じられない…どこの世界に自分の太もも撃った暗殺者二人に会いに行って金で解決する教授の旦那がいるわけ?プロの暗殺者が5万ドルで手引くか?そんでそんな簡単に警察に捕まるわけないだろおい。

しかもサラ、なに信じてんだよおい。でもハグした後のサラの表情は、まだ信じていない表情ですよね?サラは一応信じたフリして泳がせるつもりかしら?

ポセイドンほどのパワーのある人なら、暗殺者二人に「君たち、捕まってきなさい、すぐ釈放するから」って言えば終わりじゃん。

ポセイドンは他に候補者もいないし、やっぱりジェイコブしかいない。一度ちょっとだけ出たアジア系の男性は暗殺者とか工作員ぽいですけど、あの人が全然出てこないのはなんででしょうか?どこで何してんでしょうか?ポセイドンに見せかけるための演出?

ジェイコブがポセイドンじゃないと、サラさん、マイケルとより戻せないです。

最後のシーンは、シーズン1の最後へのオマージュですかね?懐かしい。

あと今回はTバッグが最初しか出てこないせいか、面白いんだけど何かが足りない!っていう気分になってしまいました。

Tバッグもっと出しなさいよ!

そしてサラ、Tバッグの肩ちょっと手当てしてあげてよ!かつて医者じゃなかったかしら?

次回はスクレが出そうな感じがします。空がダメなら海しかないですもんね。

次回の感想はこちら→【プリズン・ブレイク】続編シーズン5第6話の感想&あらすじ(ネタバレ)