ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている、ホラーを愛する国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

グリーンカードの名前が間違っていたことに2年後に気付いたヤバい私

f:id:oclife:20160910032438j:plain

EllieKさんの国際結婚などについて書かれたブログを面白く読ませて頂いて、自分たちの時のことを思い出しました。日に日に大きくなっていくお腹を抱えながら、瞬間沸騰器になったり、涙したり、くじけそうになった日々のことを…

solitaireguru.hatenablog.com

私たちが婚約者ビザ申請や国際結婚の手続きをしていたときから、もうかなりの月日が経っているのですが、今考えてみてもあの時は私たちにとって一番大変な時期でした

というのも私たちには、国際結婚だけでなく、様々な試練が次々と降ってきたから。

記憶をたどりつつ、一つ一つブログで紹介していければと思います。私たちほど手続きで難儀したカップルは、他にあまりいないかも…

さて前書きが長くなりましたが、今回は、グリーンカード(米国永住権)絡みのお話です。

グリーンカードの名前が間違えていたことに気が付いた、つくづくウッカリな私。

一体どうすればよいのか?

グリーンカードの名前に間違いがあったらどうすればいいの?

グリーンカードの名前に間違いがあったことに気が付いたのは、去年のこと。

どう間違っていたかというと…

私の名前が山田花子さんで、旦那の苗字がGolfだとしましょう。

   正: 花子 山田 Golf

ところが、私のグリーンカードの名前の表記はこうなっていました。 

   誤: 山田 花子 Golf

そう、ファーストネームとミドルネームがあべこべになっていたのです。

グリーンカードを更新してから2年後のことでした。

(結婚後初めて受け取ったグリーンカードは正しい表記になっています。)

そして2枚目のグリーンカードは、上記のように名前があべこべになっていたのです。

ここでちょっとグリーンカードの豆知識ですが、結婚して2年以内の夫婦の場合、グリーンカードは2年間の有効期限のものが与えられます。結婚して2年以上経っている場合は、最初から10年もののグリーンカードがもらえます。

私たちは結婚2年未満だったので、最初に2年もののグリーンカードが発行されました。

そして2年後の有効期限の数か月前に、「GC条件削除」という手続きをします。いわばグリーンカードを10年ものにする手続きです。GC条件削除をして発行された10年ものグリーンカードの名前が間違っていたのです。

誤記の原因は?

GC条件削除をして、10年もののグリーンカードが郵送で送られてきたとき、確認したつもりが…ウッカリさんですね~よくこんなんで国際結婚できたなと思いますよ。まあ、他にもたくさん失敗談がありますので、これから国際結婚する方の励みになればと思います。

さて、2年後に名前の誤記に気が付いた私ですが、どこでどう間違っちゃったのでしょうか?

米国のイミグレーションの手続きは、今はほとんどが電子化しているので、提出した書類のデータもちゃんと取ってありました。それを確認してみたところ、提出書類(I-751, Petition to Remove Conditions on Residence)の名前欄に自分で間違って記入していたことが分かりました。

いや~旦那に怒られたのなんのって。私も落ち込みましたよ。でもしょうがないですよ、起きてしまったものは。それに旦那はもともとペーパーワークが苦手だから、ビザ関係書類はほとんど私が自分でやっていたんですから。

「全部私に任せて、確認もしてくれないあなたも悪い!」な~んてアメリカ人ぽく逆ギレしてみたりしてみました。

イミグレさんの方で間違っていてくれたら…とどんなに願ったか。

誤記名で日本往復できた奇跡

実はわたくし、この名前があべこべになったグリーンカードで、日本往復してました。テヘ。

アメリカに入国するとき、入国審査官にも何も言われなかったのよね…

まあ、ファーストネームとミドルネームが逆になってただけで、全然違う人の名前になってるとかじゃないから、私のように入国審査官も気がつかなかった可能性もあります。

ひょっとすると、残りの有効期限の8年も、そのままいけた可能性が大。

しかし、アメリカに住む外国人としては、公的証明書で何よりも大事なグリーンカードですから、やはり修正しないといけません。保険やソーシャルセキュリティなんかにも関わってきますからね。(私の場合、グリーンカードを再確認することに至ったきっかけは健康保険でした。)

修正方法

はい、それでは修正方法です。

I-90(Application to Replace Permanent Resident Card)をイミグレに提出します。

郵送かオンラインで提出可能です。

私はオンラインで提出しました。

www.uscis.gov

支払い

$365+バイオメトリクス$85(またやります)で、合計$450です。

誤記の原因が自分にある場合は自費ですが、イミグレ側のミスである場合はタダです。当たり前なんだけど…

提出書類のデータを保存しておかないと、誰が間違えたのかわかりませんので、やはり書類は必ずコピーをとっておくか、データ保存しておかないとね。

自分のミスなのに、あるいは自分がミスしたのかイミグレがミスしたのかわからないのに、イミグレ側のミスですよーという欄にチェックして提出しちゃうと、虚偽の申告になりますので、大変なことになりますよ!

支払いは、I-90提出時にオンラインでデビットカードで払いました。痛すぎる出費…高い勉強代になりました。

手続き所要期間

I-90提出後、10日間くらいで受領通知がきました。

それから2週間後くらいにバイオメトリクスの通知がきました。

バイオメトリクスは通知がきてから1カ月後くらいの日付に予定されており、前回と同じ場所に一人で行ってきました。

バイオメトリクスから2か月ほどでグリーンカードが郵送で到着しました。

トータルで4か月まではかかりませんでした。

面接や追加提出資料などは一切ありませんでした。

有効期限は、新たに10年になっていました。

記載内容をしっかり確認したのは言うまでもありません。