読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

在米7年目に入ったけど、TOEICのスコアが低すぎてヤバイ

f:id:oclife:20160719151236j:plain

6月26日に受けたTOEICの結果が返ってきた。

TOEICの結果 

リスニング  470

リーディング  470

合計 940

f:id:oclife:20160720115734j:plain

13年前に受けたときは925点。…15点しかアップしてないじゃん。

過去7年は、ほぼアメリカで英語しか聞かない&喋らない毎日。

受験したときは、知らない語彙もないし、リスニングも聞きとれないところもなかったから、「こんなに簡単だったっけ?」とか思った。970点くらいは行くと思ったのに。940点くらいだったらショックって言ってたら、見事に予言が的中しましたよ。

www.realoclife.com

敗因

f:id:oclife:20160719151419j:plain

TOEICは過去問とか出してないから、どこがどう間違えたのか復習のしようがない。結局、TOEIC対策&予習しないとダメなんだと思う。

満点を何度も取っている人がいるけど、地道にしっかり勉強してる。私みたいに予習もせず、新形式で何がどう変わったかも知らず、てきとーに受けてると、てきとーなスコアが返ってくる。TOEICにも情熱を傾けないとやっぱダメだね。

リスニングにいたっては、日常生活が英語になって細かい部分に気を遣わなくなることが敗因かも。つまり、流し聞きというか、全体を聞けば納得するから、相手の一字一句に気を払わなくなってしまうという感じ。

会話なら、意味が通じなくても、その時に質問して確認できるから。

ネイティブがTOEICを受けるとスコアはどうなるか、というおもしろい記事を発見。かなり納得できました。

ameblo.jp

そして、最近は洋書や英字新聞もあまり読んでない。タブロイド記事なんかは読むけど、TOEICの設問はやっぱりビジネス関連が多いから、英字新聞とかビジネスで使う人の方が強いね。日常生活で使うスラングや、文化や社会にまつわる隠語なんかは出てこないから、在米期間が長くてもTOEICスコアが上がるとは限らないということ。

リーディングについては、いくつか解答に迷った設問があった。あと2時間という長丁場の中、集中力が途切れてしまったり、時間配分忘れて少し焦った時があった。敗因はこんなところにあるのかも。

あとは、慣れていた旧形式から新形式に変わったことによる影響か。

リスニングとリーディングのスコアが全く同じだったことは、みょうに納得。

また日本に帰国したときにリベンジです♪