ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

あれっ?TOEICってこんなに簡単だったっけ?第211回6月26日感想

f:id:oclife:20160707150817j:plain

13年ぶりにTOEICを受けてきた。

まず、「TOEICって、こんな簡単だったっけ?」

というのが正直な感想。

TOEICの対策としては…何もしてない。優等生がめっちゃ勉強したくせに「何もしてない」って言って高得点取る「何もしてない」じゃなくて、本当に何もしてないの。

前回受けたのは13年前。その時は925点だったんだけど、それ以降ずっと英語まみれだし、それよりは上がってるだろうからと確信してたので、受けてみたのよね。予習もなし。新形式に変わった、ということは知ってたけど、詳しい内容は知らない。

受けた後、ググってみて、「そうか、パートごとに解き方のテクニックがいるのか」とか知ったけど、後の祭り。リーディングが結構多くて、時間もあまり余らなかった。というか、時間配分さえしてなかったから、時間が余らなかったんだね。気が付いたら残り5分くらいだったもん。リスニングが終わった時に、パラパラやけに皆がページをめくっているな~と思ったんだよね。

TOEICの内容もすっかり忘れてしまったので、普通なら考えられない凡ミスも結構やらかしてた。たとえば、受験番号を書いたはいいけど、マークシートをマークしてなかった。誕生日も書いたけど、これもマークを忘れてた。あと、学歴をマークする欄で、大学&卒業にマークしなきゃいけないのに、大学&4年にマークしてたり(4年制大学のことと勘違いしてた。)。このミスは全部、試験終了!と言われた後に気が付いて「受験番号やお名前に間違いがないか確認してくださーい」と言われて問題用紙と解答用紙を集めている最中に急いで塗った。

さらには、Bが正解と思ってマークしたつもりが、Cをマークしてたり…マークミスっていうの?2~3問先に行って、見返したところで気づいたことが2回くらいあった…

そう、私、結構おっちょこちょい。テストで99点を何度も取ることができるのに、100点が取れないタイプ。気を付けているのに、こうだから、直らない。

ネットでみると、TOEIC満点を取っている人や、ほぼ満点の人も結構いたりしてビックリ。みんな凄いや、頑張ってますね。おそらく満点をとれる人は、相当TOEICの研究や対策してると思う。

なんでかっていうと、今回、知らない単語や分からない単語っていうのは一つもなかったんだよね。リスニングも聞き取れないところは、一つもなかったの。

だからといって、私が満点取れるかというと、ちょっと自信がないわけ。というのも、TOEICの問題が、以前と結構違っている気がするんだよね。英語の読解というより、国語の読解力を英語で試されているような質問や、ひっかけが多かったり、どちらでも完全に間違いではないような問題が結構多かった。2ちゃんでも、同じように言っている人が結構いた。

あと、上のようなマークミスとか、私のおっちょこちょいの性格のせい…だからこそ満点取れる人って頑張ったんだな、と思う。

ちなみに私が受けたのは、パート1の写真の問題が

・バックパック(リュックサック)の男性

・パソコンの前で文書見ている女性

・セットされたディナーテーブル

・コピー機修理している男性

・大量のバッグ

・女性二人が自転車乗ってる、木の下にベンチ

のフォーム。ちなみに今まで、フォームがいくつもあることさえ知らなかった。

この中で、バッグの写真が明らかにひっかけだったと思うんだけど、私が選んだのは some bags are hanging on display ていう答え。カートに大量のバッグがてんこ盛りになっていて、そのうち何個かはフックで吊り下げられていたから some bags と描写されてるけど、あの中国人の爆買いを連想させる山盛りのバッグを見せられると、鞄のいくつかが hanging なんて見落としちゃうと思うんだよね。メッセンジャースタイルで斜め掛けしている人がいたんだけど、「肩にバッグをかけている」という選択肢もあって、それがひっかけの答えだったと思うし、何この問題?とか思った

f:id:oclife:20160707172214j:plain

迷った質問

全然思い出せないんだけど、いくつか迷った質問があった。

会社に入るときのIDチェック方式が新方式になりましたよ、という話で、as a new practice の practice の同意語を選ぶ質問で、選択肢のうち以下2つで迷った。どちらも間違いじゃない気がするけど、自然なのは routine だと思って routine を選択。

・routine

・exercise

それから別のパッセージで、この男性の所属部署はどこか?という質問。

・sales

・adverstisement

・human resources

・finance

sales なのか advertisement なのか、どっちでも良さそうな問題だったけど、素直に advertisement にしといた。ミーティングのスケジュールみたいなのを見て判断しなきゃいけないんだけど、ミーティングの内容が広告のことだったんで、素直に advertisementを選んだけど、中には sales だと言う人もいれば、HR という人もいる。sales なのか ad なのか判断つかないなら、素直に ad にしといたほうがいいかも。

あと、マネージャー職の推薦状を、以前いた会社の上司に頼むEメールだったかな?単語の穴埋めで、    a manager position てなってたと思う。

・apply

・pursue

(ing形だったかも)

迷ったんだけど、apply だと for が要るよな…と思いつつ…どっちにしたっけ、思い出せない。

あと、一度閉店してリニューアルオープンするレストランの話で、already だか initially だかで迷った。initially にしたが、already と答えた人が多いみたい。already かもしれない。どっちともイケたっぽいので、自信なし。

やりにくかった点

最後の3パッセージは、面倒くさかった。なんでこんな問題出すんだろう。

中には、幅狭めで太字という、めっちゃ見にくいフォントがあって、Ms. Winter の記述を探せなくて時間がかかってイライラした。読むボリュームが増えるのはいいけど、読みにくいフォントを使うのとか、反則じゃない?

気が散った点

あれだけ試験前に注意勧告してるにも関わらず、いまだに腕時計の毎時ピピッを解除していない奴が必ずいる

注意要項には、「携帯や時計の機械音を出した時点で退場」て書いてあるにも関わらず、試験官はどうせ何もしない。問答言わず、退場にしてほしい。

そして右隣の、髪の長い女性が、リーディングテスト中、分からないのか何なのか、ず~っと毛を弄んでるのが目に入って、気が散った。視界に入らないように、左の方に体を少し向けるしかなかった。

今後の指針

来年、日本に来たらまた受けてみようと思う。今度はリーディングの時間配分を忘れないようにしよっと。引き続き、特にTOEIC対策はしない。

今回のテストのスコアについては、950点切ったらショックを受けるな、というぐらい。

理由は、片上さんが分かりやすく説明してくれている。

blog.yutokatagami.com