読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

【アメリカ医療】かかりつけ医の系列外の医者にかかったら400ドル請求がきた

f:id:oclife:20160707125124j:plain

アメリカにいる旦那から電話で話したところ、私が先日かかった肛門外科の医者から、400ドルの請求が来たらしい。

一回の診察で400ドル…

今となっては、「まあ、そんなもんだろな」なんて思うようになってしまった。

この医者にかかるまで紆余曲折あったわけだが、詳細は過去記事に書いた。

 

www.realoclife.com

 

www.realoclife.com

アメリカの医療システムの基本体系

アメリカで医者にかかる場合は、まず、かかりつけ医にかかる。

そして、かかりつけ医が専門医への紹介が必要と判断したら、専門医にかかるのだ。

どの科を受診するか日本でも分からないときがあるので、一般人に判断を委ねず、あくまでも医者がどの専門医にかかるべきか判断するという点では、優れたシステムでもある。

400ドルの請求が来るまでの軌跡

さて、2月あたりに痛みが激しくなり、耐えられくなって、かかりつけ医に行った私。アメリカのかかりつけ医は万年、人手不足。いつも予約がいっぱいで数週間先まで空きがないというのが普通だが、この日は運よく、1時間後の予約が取れた。

正確には、かかりつけ医の研修医に診てもらったのだが、まずは消化器科を紹介された。

その後、消化器科に予約を取って、受診。消化器科の医師と相談した結果、さらに肛門外科を紹介された。

医療保険会社とこの消化器科と肛門外科の3つの間で、電話たらい回しにされた後、ようやく肛門外科の診察までこぎつけた。

その後、手術という結論になったのだが、待てど暮らせど、GOサインの連絡が来ない。

挙句の果てに、保険会社から手紙が来て「この肛門外科は、かかりつけ医の Primary Doctor Management に入っていないので、保険は適用されません」というではないか。

そこで、再度かかりつけ医のところに行き、説明を仰いだところ、消化器科が紹介した肛門外科医は、かかりつけ医のネットワーク網に入っていないこと、かかりつけ医のネットワーク網に入っている肛門外科医に診てもらわなければならない、ということ。かかりつけ医が新たに保険会社に承認を申請することになった。

しかし、すでに診察を受けてしまった。この分の請求はどうなるんだろうか…なんて思ってたら、冒頭のとおり、400ドルの請求が来たということだ。保険が適用されず、全額自己負担の金額だ。

解決策

解決策は一つ。保険会社に交渉するしかない。アメリカにいる旦那が保険会社に交渉したところ、どうやら払わなくて済むことになりそうだ。保険会社が払わなければ、全額自己負担するしかない。

もし全額負担となったら、理不尽なこと極まりない。私が勝手に医者を選んで診てもらったわけではないのだ。消化器科が紹介した外科医なのだ。消化器科は私の保険会社も知っているし、保険会社の承認を得て紹介しているはずなのだが…

かかりつけ医のネットワーク網に入っていなかったので保険が適用されない、など、病院のパソコンにアクセスできるわけでもなし、どうやって私が知りようか。

アメリカの医療システムは、アメリカ人でも把握できていないらしく、人それぞれ色々な体験談を聞く。

日本の皆さんは、こうしたストレスなく医療にかかれることが恵まれていることを、くれぐれも当たり前と思わないように。国民皆保険がいかに優れ、価値あるものかを、忘れれば忘れるほど、それを狙っている人にとっては奪いやすくなる。

追記:後日、保険会社に交渉したところ、150ドルくらいの自己負担で済みました。残額は保険会社に支払ってもらえました。