ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている、ホラーを愛する国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン2第7話 レビュー&感想(ネタバレ注意)

f:id:oclife:20160529052602j:plainPhoto by Richard Foreman/AMC

【フィアー・ザ・ウォーキング・デッド】シーズン2第7話のレビュー&感想です。

前回のレビュー&感想はこちら


ネタバレ注意

「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」シーズン2第7話の感想

ストランドがトーマスの頭に銃弾を撃ち込んでしまったことで、セリアの機嫌を損ねてしまいました。

そこでマディソンたちはそのまま留まるか、ボートに戻るかで意見が割れます。

しかし、今回はマディソンが正しい。あのままあそこに留まることが危険だということを察することができないアリソンとニックのまぬけさと言ったら…

と思ったらニックがちょっと精神崩壊ぎみっぽいですね。ゾンビの血塗ったくれば襲われない=ゾンビは死んでないという考え方になっちゃったのはセリアに感化されたからっぽい…最後のシーンで「セリアはどこ?」とマディに聞いちゃったり、そのあと絶望して一人ふら~っと歩き出しちゃう。セリアに感化されていることに気が付いていたストランドはやっぱり賢いね。

ニックがゾンビ化したルイスを連れて帰って来て、見返りにそこにいさせてほしいと交渉するんだけど、そこまで交渉する価値あるか?信頼できない他人とわざわざ一緒に過ごす方がゾンビより危険じゃない?さっさとアビゲイルに戻って岸から岸へ移り渡って、そのうちにいい住処見つかるよね。でもニックはセリアを慕っていたから仕方ないか。

 

ダニエルの精神が限界

そんでもってダニエルも幻想の世界へ~。死者と話しはじめちゃったりして、結局はゾンビたちに火をつけて死の世界へ送ってあげたということなんだけど、あぶなっかしいわ~。もともといたアビゲイル家の召使いの人たち、かわいそうじゃない?

 

疫病神と化す主人公たち

アビゲイル家の召使いの人たちにとってみたら、疫病神がやってきたようなもんだよね。親切に家に招き入れて、ごはんも食べさせてやってんのに、ゾンビは完全に死んでないので殺さずにワインセラーに閉じ込めておくという家のルールにケチつけ始めて、ダニエルはカミソリで切り付けてくるわ、家に火を放つわ、リーダーのセリアを殺そうとするわ(死んだ?)、火事のせいで敷地内でゾンビが自由に歩き出しちゃうし、そら怒るわ。あんな豪邸燃やされて、これからどこで寝りゃいんだよ!

そして逃走するクリスは現地のメキシカンファミリーの小さな息子を人質にとって脅すクソと化すし…いつになったら登場人物に共感できる日が来るんだろう。唯一ニックはいいかなーと思ってたらやっぱりメンヘラは直らず。アリーシャは自宅のようにくつろいでるし。

ストランドはやっぱ意外といい奴だよね。追い出されたのに、戻ってきてマディたち助けるんだもん。ニックがメンヘラと化した今、信頼できるのはストランドぐらいかなぁ。

クリス&トラビス組、ニック、ダニエル、あとマディたちとバラバラになっちゃったけど、この先は家族を見つけようとするストーリーなの?

フィアー・ザ・ウォーキング・デッドはdTVで視聴できます。

【dTV】月額500円(税抜)で見放題!初回31日間無料!