読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

アメリカのERで6時間過ごしたら医療費が130万円だった件

アメリカの医療費

アメリカの医療保険がバカ高い話は、だれしも一度くらいは耳にしたことがあるかと思う。

盲腸で100万かかったとか、妊娠分娩で100万かかったとか、電動工具で指を2本切り落としてしまった人が保険会社から指1本分しかカバーできないと言われて1本しかつけられなかったとか恐ろしい話もある。

これらは都市伝説のように思われるかもしれないが、断言しよう。本当の話である。

アメリカの医療費はバカ高い。ゼロが一つ多いどころではなく、2つも3つも多いくらいバカ高いのだ。

さらにオバマケアによってこれまで保険に入れなかったようなリスクの高い人たちが(強制的に)保険に加入させられた。これによって国民が負担する保険料がさらに上がってしまったのだ。

健康保険に加入していない者には罰金さえ科されるようになった。2016年の罰金は一人当たり695ドルで、確定申告時に払う羽目になる。アメリカに住む外国人も例外ではない。先日、確定申告してきた時、会計士からもそう言われた。すでに医療保険に悩まされ続けてきたアメリカ人には踏んだり蹴ったりである。

アメリカのER体験記

アメリカの医療費

少し前の話だが、私もERに運び込まれたことがあった。ERに行ったのはこれが初めてではないのだが、これほど重症だったのは初めてだ。

持病の腰痛が悪化し、1cm動くだけで激痛が走るようになったのだ。ぎっくり腰はやったことあるが、そんなものではない痛さで、もう殺してくれと思ってしまうほど酷い状態だった。

旦那にERまで運んでもらった。救急車を呼ぼうかと思ったのだが、どの病院に連れて行かれるか分からなかったし、救急時にいつも行く病院に行きたかったので旦那に抱きかかえられて自分たちで行くことにした。

朝11時半くらいのことである。

ERの駐車場に着き、車椅子に乗り、旦那が受付を済ませる。ERの受付では保険のカードと旦那のIDなどを見せる。基本、ERで支払いをすることはなく、請求がある場合は後日郵送で請求書が送られてくる。

ほとんど待つこともなく中に通された。

男性の看護師が担当してくれた。看護師にいろいろ質問され、血圧測定などお決まりのルーティーンのあと、医師が現れ、診察を受けた。

腫れを抑える薬、モルフィネ、そして吐き気を抑える薬の3種類の薬が点滴で入れられた。

痛みに耐えて疲れてしまい、だらーんと伸びて寝ていたら男性看護師に「ヌードルみたい。」と言われた。

「最初に身体の中が温かくなる感じがして、その後チクチクする感じがありますよ」と言われたら、本当にその通りだった。でもなんかいい気持ちだった。

しばらくすると、痛みが和らいできたので、MRIをとった。

その後、医師から強い鎮静剤を処方され、夜6時くらいに家に帰ることができた。痛みも大分取れ、歩けるようになった。

ERでの治療費が130万

ERにいた時間はおよそ6時間くらいだったろう。

後日、明細書が届いた。ドキドキしながら見ると…なんとお代は130万円を超えていた。

保険会社が全カバーしてくれたので、1円も払わずに済んだのだが、医療保険を持っていなかったらと思うと恐ろしい。

「じゃあ医療保険あれば問題ないでしょ?」と思うかもしれないが、そう簡単なことではない。

なぜなら保険代もバカ高いからである。政府が介入していないので、医産複合体企業が医療費や薬価を自由に設定できるのだ。

たとえばオバマケアで80~90%カバーされるプラチナやゴールドプランなら、夫婦二人で保険代が月10万はかかる。

逆に保険代を低く抑えようとすると、窓口での自己負担金が多くなる。また、年に数千ドルの控除額があったりすると、年3000ドルまでは自己負担になるなどの制約がある。

アメリカで自己破産する人の多くは医療破産である理由がお分かりになるだろう。しかも、医療破産した人の多くは医療保険を持っていた人たちなのだ。

アメリカの医療技術は世界一を誇るのに、その恩恵を受けられる人は一握りであるというこの理不尽さ。アメリカの医療保険改革の道のりは長い。