ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

アメリカの学校の入学書類にバイリンガルであることを絶対に記載してはならない理由

f:id:oclife:20160519060900j:plain

アメリカの学校は8月か9月頃に始まり6月に終わるので、入学の準備は5月~7月あたりに行う。

我が家も娘をキンダーに入れるため、去年の6月あたりに enrollment packet と言われる入学書類一式を提出し、8月から登校し始めた。もうすぐキンダーも終了で、その後はそのまま同じ学校内の1年生(first grade)に上がることになる。

その enrollment packet(入学書類一式)に、home survey(アンケート)のような形で、次のような質問があった。

①子供の第一言語

②家庭で使っている言語

もちろん、①の子供の第一言語は「英語」と記入し、②の家庭で使っている言語には、英語と日本語と記入した。

ところが、これが大きな間違いだった。

この記事を読んでくださっている皆さんは、決して私のような間違いを犯してはならない。間違ってもバカ正直に「日本語」と書いてはならない。

なにが問題だったのか。

 

English Proficiency Test の知らせ

入学書類を学校のオフィスに提出しに行ったときに、オフィスの方からこう言われた。

「二か国語以上話す生徒さんは、英語の簡単なテストがあります。」

絶対に受けなければいけないんでしょうか?と聞くと

「形式だけのものですが、二か国語話す生徒さんは全員受けることになっています。」

子供が学校にいる間に口頭でテストが行われたようで、後日その結果が文書で返ってきた。我が子は生後6か月からアメリカ育ちなので、当たり前だがなんの問題もなかった。

そんなこともすっかり忘れていた、先週のある日のこと。

市の school district から手紙が届いた。

再び英語のテストのお知らせだった。

第一言語が英語である我が子になぜ英語のテストが必要なのか…

 

私が犯した間違いとは

ネイティブの我が子にわざわざ英語能力テストを受けさせなければならないかもしれない、その原因を作ったのは私だ。そう、1年前に記入したアンケートが原因だった。私が「家庭で使われる言語」に英語だけでなく「日本語」も記入したことが原因だ

日本人は、お上の言うことは鵜呑みにする癖がある。例にもれず、私も「英語に何の問題もないなら普通に英語のテスト受ければいいだけじゃん」なんて軽く思っていた。

ところが事態はもっと深刻であった。

旦那はこのテストの知らせに憤慨した。「学力や英語力に問題があると担当教師が判断した上でのテストならともかく、なんの問題もない生徒に英語のテストを課す道理はない、第一言語が英語だというのに Enlgish learner(英語学習者)と区分するのは間違ったレッテル貼りであり、これはバイリンガルの子供たちへの差別である。」

言われてみればもっともな言い分だ。旦那にそう言われるまで気が付かない私の危機管理のなさとふがいなさに泣けてくる。大雑把に思われるアメリカ人は実は unconstitutional(違憲)なものには非常に敏感で、断固として自分の権利を守ろうとする。日本で生活していると「憲法」や「権利」をそこまで主張する人を見たことがない。(9条信者は置いとくとして)「憲法」や「権利」といったものにいまいち疎い私は、この姿勢に神々しささえ感じる。日本では「皆それでもしかたなくテスト受けてるのに、あそこの家はおかしいね。」なんてモンペ扱いされる可能性さえあるだろう。

私もママ友に聞いたり、独自で調べてみたところ、バイリンガルあるいはトリリンガルであるために生徒が English Learner という間違ったレッテルを貼られている事実を知らされた。

ママ友の友人は、子供が英語しか話せないのに、母親がスペイン語を話すからという理由で自動的に English Learner として区分されてしまったということだ。子供は英語しか話せないのにである。

さらに家庭の中で祖母だけがたまたまスペイン語を話すという理由だけで、子供が English Learner として区分されてしまった事例もある。

 

ESLプログラムの落とし穴

f:id:oclife:20160519081957j:plain

English Leaner と区分されてしまった生徒は、「英語能力に問題はない」と判断されるまで英語のテストを毎年課され、テストに不合格だった場合は、ESLプログラムに入れられてしまう。日本でも留学など考えたことがある人は聞いたことがあるだろう。ESL = English as Second Language(第二言語としての英語)プログラムである。

日本人の多くは英語が第二言語なので、ESLを利用した方も多いだろう。実際に英語が第二言語の人にとって、ESLはありがたいプログラムなはずだ。

しかしバイリンガルであるために、英語が第一言語でネイティブであるのにも関わらず、ESLプログラムに組み入れられてしまう場合はどうであろうか?

相手は子供である。子供の機嫌が悪いときや、具合の悪いとき、あるいは単に質問に答えたくないときもあるだろう。子供の能力をテストで測ることができるのか?さらにテストの質問者は、担当教師ではない、会ったこともない見ず知らずのスタッフだ。

中には3年生の子に5年生レベルの英語テストを実施して不合格率を上げたという話もある。これは何のためか?ESLの予算を獲得するためだとも言われている。

さらに、テストに受かることができずにESLプログラムに入れられた生徒の成績は、そうでない子に比べて低いという統計データも出ている。

こうした背景もあって、ネイティブのアメリカ人の中ではESL=劣等というイメージがある。先に述べた私の旦那の反応からもその様子が伺える。私はアメリカに「無知」なため、旦那のように強い反応が出なかったというわけだ。

先述の母親がスペイン語を話すというだけで子供は英語しか話せないのに英語のテストを受けさせられていたママ友の友人は、最初の3年だけ1年に1回英語テストを受け、問題ないと判断されたのでその後はテストも受けなくてよくなったということだ。

 

私たちの決断

旦那が市の school district に電話をかけて、こちらの意向はすべて伝えた。担当者は「バイリンガルの子たちには英語のテストを受けさせるように言われていて、Gさんのお子さんの学業成績を見る限り全く問題ないからテストを受けても心配はないですよ」と言っていたが、そもそも我が子は英語ネイティブなのだから受ける必要がないのだ。

また、home survey(アンケート)には、私たちが記入した情報を何に使うか、データをどう評価するかは全く知らされておらず、これは unconstitutional(違憲)である。私たちが事前にこの情報がどう使われるか知っていたら、「英語」しか記入していなかったはずだ。

我が子の担任にも手紙を見せて相談したが、教師でさえ、この手紙について知らされていなかったことが分かった。話し合った結果、私たちは我が子には英語のテストを受けさせないつもりだ。担任もテストは断ることができるはずと言っていた。

この現状は、まさに negligent administrative discretional intention によって引き起こされている。行政の怠慢と自由裁量が原因だ。

在米で今年我が子をアメリカのキンダーや小学校に入学させる方も多いだろう。入学書類に子供の言語環境をたずねる質問事項があったら、絶対に英語以外は記入してはならない。私と同じ轍を踏まないように注意されたし。