読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

「アルゼンチン沿岸警備隊による中国漁船の撃沈」は世界の常識

沿岸警備隊

アルゼンチン沖の南大西洋で違法操業中の中国漁船が停船命令を無視して抵抗したためにアルゼンチン沿岸警備隊に撃沈されるという事件がありました。

船員は全員無事でアルゼンチン当局に拘束されたということです。

これに対するヤフーのコメントは

・でかした!

・よくやった!

・アルゼンチン支持!

・アルゼンチンGJ!

と支持するコメントが多いです。

アルゼンチンの対応は当たり前の対応 

私の反応はというと…もちろん…

あたり前じゃん…

撃沈せずに何をする?

今撃沈しないでいつするのよ?

という斜め~すぎる反応でごめんなさい。

 違法操業の中国漁船を当初野放しにしていた日本

沿岸警備隊の警備

日本でも去年ありましたよね。伊豆の南に多数の中国漁船が侵入し、サンゴを乱獲していきました。暫くたってやっと沿岸警備隊が出動できたようです。

暗黒の民主党政権時代にもありましたね。

尖閣諸島沖合で中国漁船が日本の沿岸警備隊に体当たりしてきた事件。

これは今でこそインターネットで拡散されて私たちが見れるようになったものの、当時は日本のメディアも完全スルー。動画サイトにアップされた動画も削除されまくるという異常事態でした。

さらには何を思ったのか時の首相菅氏がなんのお咎めもなく犯人を中国に返してしまった。あり得ません。

津軽海峡を中国戦艦が通ったこともありました。

今回のアルゼンチン沿岸警備隊の対応はしごくまっとうで当然のこと。「すごい」と騒ぐ必要はまったくありません。

自分の家の庭先に不審者が現れたらどうすべきか?撃退すべし。一択です。

アルゼンチン沿岸警備隊の対応に比べると日本の対応はお粗末すぎました。もっと国防について一人ひとりが意識していく時代が来ていると思います。