ミセスGのブログ

海外ドラマ&映画の感想もガッツリ書いている、ホラーを愛する国際結婚&アメリカ在住女のブログです。

映画-ドラマ

【ハウス・オブ・エンジェルズ】ブラジルの少女売買、性奴隷の映画の感想

わたしの値段はいくらですか? というキャッチフレーズが胸に突き刺さる、悲しい人身売買の現状を描いた映画です。 2006年のブラジルの作品です。 原題は Angels of the Sun です。 あまり知られてないかもしれませんが、ブラジルは少女売買が多い国です(特…

「娘よ」映画のあらすじ&感想~児童婚から10歳の娘を救え!母子の逃避行

児童婚というおぞましい慣習を知っていますか。 児童婚とは、その名の通り、年端もいかない少女が成人男性と結婚を強制される、悪しき「慣習」です。途上国や第三世界には、いまだに児童婚がはびこっている地域があります。 通常、児童婚は、部族間の争いを…

『ザ・ピンク・ルーム』カンボジアの児童性奴隷ドキュメンタリー映画の感想と内容

先日ご紹介した人身売買、性奴隷を描いた映画10本のなかで、1本だけドキュメンタリーがありました。 「ザ・ピンク・ルーム」と呼ばれるドキュメンタリー映画です。 今回は「ザ・ピンク・ルーム」の内容と感想です。 「ザ・ピンク・ルーム」はこちらで無料で…

人身売買、性奴隷を描いた映画10本を紹介します。

どうも 2017年になった実感が沸かない Gです。 先日の駄作「闇の子どもたち」に腹が立ったので 人身売買や児童買春を扱ってきた映画を紹介します。 日本にいると聞かない話ですが、海外ではいまだに多い人身売買。 お隣中国ではいまだに多数の子どもたちが売…

2016年の最後は、クソ映画「闇の子どもたち」を見た感想で〆ます。

どうも 二人ボッチで年末年始 Gです。 日本はもう年が明けましたが、カリフォルニアは世界でも最後の方なのでまだ12月31日です。 旦那はクリスマスも年末年始も仕事です。 もう慣れました。 10年一緒にいますが、一緒にクリスマスを祝えたのは2回ぐらい? 年…

映画「ラブリー・ボーン」を見たら、パニック発作が起きそうになったので感想

どうも 寒いし眠いけどサンタ業務をこなした Gです。 昨夜、「ラブリー・ボーン」という映画を見ました。 映画を見たら、あるシーンでパニック発作が起きそうになりました。 こんな映画みると、子供が高校生くらいになっても目が離せなそうで困ります。 予告…

映画「明日、君がいない」(原題2:37)の感想

「明日、君がいない」を視聴しました。 原題: 2:37 2006年、オーストラリアの映画です。 監督は新鋭ムラーリ・K・タルリ 本作「明日、君がいない」が初監督作品です。 ヤフーでも☆が4つ以上と、評価が高いです。 冒頭は、高校のトイレで誰かが自殺を図ると…

デンマークの映画『偽りなきもの~Jagten/The Hunt』のレビュー&感想

映画「偽りなきもの(原題:JAGTEN / THE HUNT)」を見ました。 2012年、デンマークの映画です。 監督はトマス・ヴィンターベア 「光のほうへ」という映画も評判が良いようなので、今度見てみたいと思います。 主演はマッツ・ミケルセン ハンニバルのTVドラ…

「灼熱の魂」映画の感想(ネタバレ注意)

以前から見たかった映画「灼熱の魂」の感想です。 2010年カナダ・フランス作。 中東生まれでカナダに移住した劇作家ワジディ・ムアマッドの戯曲「灼熱の魂(原題:Incendies)」を映画化したものです。 おそらくレバノン内戦下の一人の女性の過酷な人生の話…

ミヒャエル・ハネケ作品『ピアニスト The Piano Teacher』映画のレビュー&感想

映画「ピアニスト」を見ました。 英語の題名は The Piano Teacher。原題は La Pianiste です。 2001年、フランス、オーストリア作。 ミヒャエル・ハネケ監督の作品です。 ミヒャエル・ハネケといえば…ファニーゲームや隠された記憶など、後味の悪い映画ばか…

【エヴァの告白 The Immigrant】 マリオン・コティヤール主演 映画のあらすじ&感想

映画「エヴァの告白」(原題:Immigrant)のあらすじ&感想です。 ブランジェリーナ離婚の原因として名前が噂されているマリオン・コティヤール主演の映画です。 ちなみにブラッド・ピットとの不倫が噂されていますが、両者とも完全に否定しています。 共演…

『あの日 あの時 愛の記憶 Die Verlorene Zeit / Remembrance』映画の感想

ずっと見たかったんだけどなかなか見れなくて、やっとネットフリックスで見れた作品。 2011年作。 【あの日 あの時 愛の記憶】原題(Die Verlorene Zeit / Remebrance】の感想です。